札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 明日の昼に更新します main 関数の応用問題 >>
桁の概念を教えるには
0.1、0.2…

小数の復習を小学生としていたときのことです

0.8、0.9…

0.10

(・_・;)

え?

今、れいてん・じゅうって言ったよね?

他の小数でも同じでした

0.309の次は0.310

そうか、9の次は10だもんな(^_^;)

何気なく教えていましたが、子どもたちにとって小数の単元は理解するのが難しいのかもしれません

桁の概念がわかっていればの話ですが


何度か、数直線を使い説明しましたが、もやもやした状態が残ったまま

何かいい方法はないか…と考えていたところ



そろばんだ!


そろばんって、一つの桁に五の玉が1つと一の玉が4つあるので、10って表したくても、玉を全部払って、次の桁にいくしかないですよね

それが、子どもに桁を強く意識させることになるのではないか?

そんな風に思いました


そろばんと言えば、計算に強くなる・暗算が早くなる、そういったイメージしかありませんでした

数の認識をするにもいいと思います

もっと評価されていいもののような気がしてきました(^_^;)

さっそく、うちの教室にも常備しないと…


あ!

そろばん100均に売ってたのに、買えなかった…(隣の生協が新店舗に建て替えるため、100均は昨日で閉店だったのですが、何と最後の3日間は10均だったのです)


さて、今日はこのあと、もう一本記事を書こうと思ったのですが…

書き溜めておいて、明日以降に回すことにします

昨日みたいなことがないとも限りませんので


それでは、今日はこのへんで


| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode