札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< ちょっとしたことですが main 変な意味で楽しみ >>
広い?大きい?

ある生徒が、こんなことを言いました

「今日、学校で『小腸の壁にある柔毛の役割』を答える問題で『表面積を大きくし、養分の吸収の効率をよくするため』って解答したら×にされたんですよ」



はい?

「大きく」じゃなくて「広く」にしろと

いやいやいや

生徒のワークにも、どの問題集・参考書を見ても「表面積を大きくし」って書いてますが…

大丈夫ですか?この先生

でも、万が一ということもあるので調べてみました

すると…


大きい…外からの視点

広い…内からの視点


という話が出てきました

例えば、ある家を外から見て「この家、大きいね〜」というのはあり「この家、広いね〜」というのはダメ(広いかどうかは、入ってみないとわからないから)

家の中に入ってからなら「この家、広いね〜」が正解なんだそうです

なるほど

ということは、小腸の表面積は「広い」が正しいかもしれませんね

ただ、これは私が調べた範囲での話し

いやいや、「大きい」が正しいですよという方、ご意見をお待ちしています


で、ちょっと引っかかったのは、学校の理科の先生の説明

「日本語がおかしいから」とだけ言って、ワークの模範解答にも「大きい」と書いてあると食い下がる
生徒に対して「俺がダメだと言ったらダメなんだ」と言ったそうです(笑)

それは酷い…ジャイアンですか?(笑)

きちんと、上に書いたように説明すれば生徒は納得してくれましたよ

もう少し、調べてみたらどうだったんですかね?


理科はこういった感じで表現に困ることが多いです

大きい?小さい?

増える?減る?

高い?低い?

多い?少ない?

思えば、あまり深く考えずに教えていたような気がします

一度しっかり調べてみないといけませんね


それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(10) | trackbacks(0) |
comment
時々読んでいます | 2013/11/10 3:50 PM
“面積が大きい”の方が適当な表現だと思います。

「デジタル大辞泉」で「広い」を調べると、

〉1 面積が大きい。空間に余裕がある。

となっています。

これに従うと、“面積が広い”という表現は、“馬から落馬”同様な表現ということになります。
たかとり−な | 2013/11/11 12:20 AM
「広い」にそんな意味が!

確かにおっしゃるとおりになりますね

こちらでももう少し調べてみます

コメントありがとうございました
mi-do | 2013/11/11 6:53 AM
うちの中三の娘にこの問題を言ったら、「広い」と答えていました。
何で?って聞いたら、だめなの?って聞き返されましたが・・・。

気になり家にある問題集を開いたら答えに広いと書いていました。

たかとりーな | 2013/11/11 10:00 PM
私は正直「どっちでもいいじゃん」と思っているのですが、その一方「どちらかはっきりさせたい」とも思っております

ネットでは納得いくような説明や答えは見つけられませんし(そもそもネットの答えを鵜呑みにしてもいけません)、ここは日本語の専門書でも開いてみるしかなさそうです
twitterから流れてきました | 2013/11/11 11:40 PM
どちらでもいいと思うのですが、敢えて言うなら「大きい」が妥当ではないでしょうか。

広いのは柔毛の表面であって、「表面積」は値なので広い狭いでなく大きい小さいで表現するのが適切だと思います。
上の方とも被りますが、「表面積が広い」からは「速度が速い」「質量が重い」と似たような印象を受けます。

グラウンドが広い=グラウンドの面積が大きい
車が速い=車の速度が大きい
金塊が重い=金塊の質量が大きい

自分で使うときにはこのような感じに使い分けていますが、語学的にどこまで正しいのかは自信がありません。
たかとりーな | 2013/11/13 5:55 PM
どちらでもいいですよね(笑)国語ではないのだから…

でも、それだと発展がないので、こうして考えているのですけど

書かれているように、グラウンドが?車が?金塊が?であれば「広い」「速い」「重い」は通じますよね

「面積」「速度」「質量」など値で答えるものは「大きい」

何だか解決の糸口が見えてきたような気がします

コメントありがとうございました
りよ | 2015/05/15 12:48 PM
私も同じような問題がふと気になり検索すると、このページにたどり着きました。
その生徒は柔毛の表面積の「面積」という言葉に対して大きいと答えたのだと思います。
逆に先生は柔毛の表面積の「表面」という言葉に対して広いと答えたのだと思います。
憶測にはなりますが、これだとつじつまが合うような気がします。
答える側の感性により見方や表現が変わってしまうのかなと思いました。
これから私が答える立場や教える立場に立ったときは十分注意したいです。
因みに私の答えは「大きい」です!
たかとりーな | 2015/05/15 9:52 PM
随分古い記事にコメントしていただいてありがとうございます

ちょうど、うちの中2もここを勉強しているので「そういえば!」と思い出しましたよ

1年半経ってみて、私の考えは…

「大きい」ですね、やはり
ミドルの猫 | 2019/08/12 6:13 PM
たまたま通りすがり&4年超後にコメントする無礼をお許しください。

文系からの意見ですが、
「広い」:立体的な空間内での広がり・余剰に対して用いる
「大きい」:どちらかというと2次元的な広がり・余剰に対して用いる
なので、「広い」なのかなーと思います。でも、解答者が言いたいことが分かるので、このケースではどちらでも良いように思います。
もし厳密に内外の視点の違いでいうならば、それが他の問題に対しても一貫する必要がありますが、どんなもんでしょうね?

私見では、理科や数学は”問答無用で覚えなさい!”的に教えられた方が多かったように思います。いくら歴史上のエライ人が発明・発見したとしても、疑問はあるわけでして、「なんで、その結論に至ったか」を簡潔かつ明確に教えてもらったことが無かったです。

歴史なら暗記に文句はないけれど、特に理科はイヤでしたわー。
今の生徒さんたちが、理解&納得するように教えてもらえてるといいんですが。
たかとりーな | 2019/08/12 10:08 PM
こうして、たまに答えてくれる方がいると、こちらも「そんなことがあったな!」と思い出せて助かります(^-^)
未だに私の中では結論が出せませんね、多分ずっと出ないままだと思います
ちなみに、英語ならどうなんだろうと思ってbigとlargeで調べたことがあるのですが、bigは主観的、largeは客観的ということでした
なるほど、これならわかりやすいですね



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/1879
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode