札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 何でわかるの? main 大学入試には部活をしていたほうが有利ですと? >>
募金について考えたこと
今日は、修学旅行と宿泊研修が重なって、中2と中3の生徒がほとんどお休みです。
まあ、だからといってのんびりするわけでもなく、中1生を自習に呼んだり、高校生がテスト勉強しに来ているのですが…

さて、私は小さいころに赤い羽根に募金したのを最後に、しばらく募金というものをしたことがありません。
世界の中でも経済的に恵まれている国日本に住み、さらに何不自由ない生活をしています。
世の中には、困っている人が大勢いることもわかっています。
にも関わらず、何故?

基本的に募金というものが信用できないのです。
募金を装った詐欺事件も起きています。
果たして、自分が募金したお金が本当にきちんとその目的で使われているのか?
何かの資金集めではないのか?
実際、その募金がどう使われているのか、細かく報告されている例はあまり聞きません。
誰がいつ、いくら募金したか、きちんと記録されているわけではありませんしね。

もちろん正式な寄付という形で、それが基金となって運営されている例は数多くあります。
寄付と違って小額な募金でも、そこまで徹底的に管理するのであれば、もっと協力する人も増えるのではないのかな?

なんてことを常々考えていました。

人間不信というわけではないと思うのですが( ̄▽ ̄;)

そうしたところ、塾見学に行ったTOH先生のブログに、こんな本が紹介されていました。

さらに同じく塾見学に行った國立先生のブログにも、この本の内容と感想が紹介されていて…
何と!作者は私が考えていたことと同じようなことを感じ事業を始めたらしいのです。

これは興味深い(−−;)

また読まなければならない本が増えましたね

昔は本なんて読まなかったのになぁ( ̄▽ ̄;)


| 共感した話 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode