札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 優勝だ〜 main 分かりやすいだけではダメなんだ >>
覚えるという行為
漢字や英単語をなかなか覚えられないという子は少なくありません

今までにもそういった子をたくさん見てきました

その中で多いのは

「読まないで(読みを知らないで)覚えようとする子」の存在です

まさか?と思う方もいるかもしれません

私も最初見たときはびっくりしました

漢字であれば、どうやら字の形で覚えるらしいのですが…

当然、右と左、上と下が入れ替わった漢字を書いたりすることになりますし、第一こんな覚え方で多くの言葉を覚えるのは苦痛です

例えば、自分が勉強しことがない言語(アラビア語やハングルなど)を読まずに覚えなさいと言われたら…

想像しただけで恐ろしいです


記憶というものはたくさんの思い出すきっかけを与えておかないと定着しませんし、うまく引き出すことができません

ですから

見て

読んで

書く

この3つを併せることで漢字や単語は格段に覚えやすくなります

漢字であれば、一部分が読みを表していることが多いのですよね

英単語であればappleはどこが「ア」でどこが「プ」でどこが「ル」と読むのか

そういったことを意識するようにしてほしいのです


以前、英語圏の国では識字障害が10%ほどの国もあるのに、日本では1%程度しかないのはなぜか?という話を聞いたことがあります

日本語では「あ」はあくまでも「あ」です

「あ」と書いて「い」と発音はしませんよね

1つの文字に1つの音が対応しているのです

しかし英語は「ta」は「タ」と読んだり「テイ」と読んだりします

この複数の音で戸惑うのだそうです

きっと英語で困っている子も同じじゃないでしょうか?

日本語の1対1の音とは違う複数の音に対応しきれないんだと思います


単語を覚えるためには、まずは読めるように

黙読ではなく音読で



音読テストでも始めましょうかね

もう少し練ってみたいと思います


それでは、今日はこのへんで


| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode