札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 外から見えるもの main さよならテストに思う >>
ルールと習慣
相性について書こうと思ったのですがうまくまとまりません(−−;)
これはまた後日書かせていただきます。

我が家には、小学生の時からずっと守らなければならない勉強に関するルールがありました。

「宿題を終わらせてから遊びに行く」

まあ、当たり前と言っては当たり前なのですが(え?違う?)
これを小学校の低学年からずっと守り続けていました。
例外はありません。
辛いと思ったことはありませんでしたね。当たり前のことだと思っていましたし、何より宿題を終わらせているのですから、勉強しなさいと親に言われることもありません。
気兼ねなく遊びに行けますし、テレビも見れるわけです。
更に、その日のうちにやるということは、忘れる前に取り組めるわけですから、当然わからないなんてこともないわけです。

だから、宿題をギリギリまでやらないというのが不思議でなりませんでした。
今でも、小テストの範囲の勉強を当日になって初めてやったなんて話を生徒から聞くと…

何でだろう(−−;)と考えてしまいます。

それもこれも、このルールが習慣になってしまっていたからでしょう。
勉強だって習慣にしてしまえば苦になりません。たまにやるから苦痛だし、大変なんですよね。

そしてもう一つ、ルールは一度破ると守り続けることが難しいということ。
人間は弱いものです、一度でも破ってしまうと楽なほうへ逃げてしまいますからね( ̄▽ ̄;)
何かと理由をつけて…そうなると、もうダメです。

ルールは守り続ける、そして習慣化させる。

これは何も勉強に限った話ではありませんよね。

塾の仕事をしていて思うのは、成績が良い生徒、または成績が急激に伸びている生徒ほど「言われたことをきちんと行っている」ということです。

成績の良い子は家で必死に勉強しているのでしょうか?恐らく違うと思います。家での勉強時間は大して変わらないでしょう。
いやいや、そういう子は元々頭が良かったから…
それも違うと思います。
成績の良い子は、小さい時から勉強を習慣にし、決められたことをやるという行為を積み重ねてきた結果ではないのかと考えています。

一つ一つは小さなことでも、積み重なれば大きくなります。

「決められたことは守る、そしてそれを続ける」

勉強で悩んでいる人は、まずここから始めてみては?


| 自分の経験 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/13
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode