札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
2018GW特別企画 思い出の地 ペキン

結局、GW中は1日おきの更新になりましたね(^_^;)

 

また、明日からは毎日更新に戻りますので

 

いつも思うのですが、8連休って言ってもあっという間に終わりますよね(笑)

 

 

さてGW特別企画の最終日は、2度目の海外旅行、ペキンです

 

これも前の職場の社員旅行ですね

 

社員旅行とはいえ、研修の一環?も兼ねてますから、ハワイとか行ったりはしなかったんですよ

 

後は日程の関係ですね

 

3泊4日が限界だったので(^_^;)

 

ちょうど行ったのが北京オリンピックの前の年である2007年

 

街の中がカオスでしたね(笑)建設中のビルなんかがたくさんあって、でも誰もいないとか

 

 

今でもそうですが、この当時からペキンの空気は悪かったですね…

 

1日外出すると、黒い鼻水が出ます(笑)

 

後、印象に残っているのは車の運転の荒さ

 

万里の長城まで行くのに、ツアーガイドの人と一緒に高速乗ったのですが、乗っている車もそうですが、周りの車の運転がまあ酷い

 

いつ事故るかとヒヤヒヤでした(^_^;)

 

映画なんかで出てくる巨大なトレーラーなんかもバンバン走っているわけですよ

 

 

食事は基本的に中華だったのですが、最終日の前の日にさすがに飽きたのと話のネタにと日本料理店に行ったわけです

 

何を頼もうかなとなった時に「しゃぶしゃぶ」を食べてみようかと

 

うん、見た目はしゃぶしゃぶ

 

でも、違う点が2つ

 

 

1つは、お店の女の子が全部やってくれる所

 

もう1つは、具を全部いっぺんに入れてしまう所

 

 

それじゃあ、しゃぶしゃぶじゃなくて鍋じゃん(´-`).。oO

 

まあ、話のネタにはなりましたよね(笑)

 

 

というか、この前のバンコクといい今日のペキンといい、観光地のことについてはほとんど書いていませんね

 

まあ、そんなの他の人の旅行記見たらいくらでも書いてますし、そんなの今さら見てもねー(´・ω・)(・ω・`)ネー

 

 

さて、明日から通常授業に戻ります

 

そして、このGW休みをきっかけに、集団授業の曜日が入れ替わります

 

GW課題の確認テストもありますし、メイン中の定期テストまでもう3週間ありません

 

いきなりトップギアに入れないといけませんね、頑張りましょう

 

 

それでは、今日はこのへんで



| GW特別企画 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018GW特別企画 思い出の地 バンコク

GW特別企画、残りの2回は海外です

 

実は私…

 

海外嫌いなんですよ(笑)

 

なので、32まで行ったことありませんでした(ノ∀`)アチャー

 

初の海外旅行は前の職場での慰安旅行

 

行先は「タイ」

 

どうなんですかね?初の海外旅行でタイって…

 

今考えると、結構ハードル高そうなんですが(笑)

 

だって、英語通じるところ少ないですよ?タイ語も話せませんし

 

でもですねー、何とかなるものなんですよ

 

そもそも、私、英会話も苦手ですからね

 

前の職場なんて、毎日外国人の英会話講師が来るという最高の環境なのに、頑なに英語話しませんでしたから(笑)

 

「あいつは、しゃべらないよな」と思われていたでしょうね

 

 

タイ(バンコク)での思い出と言えば

 

市場みたいなところでの値引き合戦と、最終日前日に食べたグリーンカレーでお腹壊したことですね

 

向こうは英語話せない、こちらはタイ語話せない

 

使う道具は電卓とジェスチャー

 

希望の金額を電卓で打ち込み(だったらペンで紙に書けばいいだろ)、ジェスチャーで高い安いを相手に伝える

 

最終的に向こうが折れて「わかった、その金額で持ってけ」となったときは「勝った!」と思ったのですが、次の日、普通のお店で最終値段より安く売ってたという(笑)

 

市場おそるべし

 

あと、食べ物には注意してたんですがね(^_^;)

 

明日で買えるからと油断しました…

 

家に帰ってから、まあ凄いことになりましたよ

 

 

初の海外旅行に行った時の感想は「行けば楽しいけれど、行くまでのハードルが高い」ですね

 

なので、結局プライベートでは一度も行っていません

 

國立先生は、あんなに行っているというのに(笑)

 

海外行くよりは、国内を全部見たいですね

 

沖縄と四国には、まだ足を踏み入れていませんので

 

さすがに47都道府県すべては無理(^_^;)

 

通るだけなら行けそうですが…

 

 

さて、GWも明後日まで

 

始まる前は長く感じるのですが、いざ過ごしてみるとあっという間ですよね

 

もう6日も経っているんですから

 

明日はちょっぴり遠出してきます

 

それでは、今日はこのへんで



| GW特別企画 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018GW特別企画 思い出の地 函館

先ほど、北斗の実家から帰ってきました

 

車を買い替えた(軽自動車)のですが、最近のものは結構走るんですね(*´▽`*)

 

前の車とほぼ変わらない状態(かかる時間や疲れの度合い)です

 

これなら、雪が降るまでは車で実家に帰れるかな

 

 

昨日は父親と酒を酌み交わしていたため、記事の更新ができませんでした(^_^;)

 

書き溜めておかなかったんですよね

 

なので、今日がGW企画の3回目となります

 

私が高校時代、大学2年の10月から大学院卒業まで、そして警察官時代を過ごした函館です

 

住んでいた以外でも、実家が旧大野町(現北斗市)にあるため頻繁に訪れており、恐らく札幌よりも詳しい街なのではないかと思います

 

高校・大学を過ごした土地ってそうなりますよね(^_^;)

 

 

まず、長崎から函館に来て最初に思ったのは、交通機関の不便さです…

 

今でもそうだと思いますが、基本的に車を持っていないと、なかなか思うように行動できない街です

 

私が住んでいた港町(北大水産学部の近く)が街外れ(目の前が旧上磯町)だということもありましたが、五稜郭からの最終バスが午後7時10分ってなんですか(笑)ビックリしましたよ

 

それ以外でも、市電など22時台のものはなかったような記憶があります

 

なので、私の周りだけかもしれませんが大学生の車の所持率が半端なく高かったです

 

みんな、オンボロ中古車ですが(笑)

 

 

食べ物で有名なのは、何と言ってもラッキーピエロとハセガワストアの「やきとり弁当」でしょう

 

ラッキーピエロ、今では市内・郊外含めて相当な数の店舗を有していますが、私が函館に来てすぐの時は3店舗しかなかったはず

 

そのうちの1店舗が北大前店だったのです

 

でも、高校時代に行った記憶はありません(笑)

 

ちなみに今の若い人たちは「ラッピ」と略しているようですが、我々は「ラキピ」でした

 

呼び方で年がバレるかもしれません(笑)

 

やきとり弁当は、やきとりって言ってますが豚精なんですよね

 

塩や塩だれもありますが、何と言っても「たれ」でしょう

 

 

方言は、とにかく訛ってます(笑)女子高生ですら

 

函館出身の女の子は「しゃべらなかったら…」と言われた経験ありませんか(^_^;)

 

意外と知られていないのが「〜なのさ」を「〜だっさー」と言います

 

「明日何で行くの?」「車だっさー」

 

決してdisられたわけではありませんので(笑)

 

 

お祭りは、8月1日から始まる「函館みなと祭り」ですね

 

この時行われるパレードで踊るのが、「いか踊り」

 

見たことあります?面白いですよ(笑)

 

それと、花火大会が異常に多いです

 

札幌の豊平川の花火大会は1つだけになってしまいましたが、函館は夏だけで3回あります

 

しかも、近郊のお祭りでも行われるので、毎週が花火大会みたいな感じになります

 

 

風習としては、葬儀と火葬の順番が逆なことが有名ですね

 

不幸があった時に、道外の人に急いで帰らなければいけないことを言っても、伝わらないことが多いです(うちの姪も、昨年の夏大変でした)

 

七夕も7月ですね(札幌は8月)

 

歌も札幌は「ろうそく出ーせー、出ーせーよー」ですが、函館は「たけーに短冊七夕まつり、大いに祝おう、ろうそく1本ちょうだいな」

 

 

最後に、街の有線放送(CM)

 

函館にずっと住んでいて、違う土地に行くと驚くと思います

 

あれ?ない?みたいな(笑)

 

 

同じ道内ですが、結構違いますよね

 

札幌からは意外と遠いので、なかなか行く機会がないかもしれませんが、もし行くことがあれば穴場を教えますよヾ(*´∀`*)ノ

 

実際、うちの生徒にも聞かれたことがありますから(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| GW特別企画 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018GW特別企画 思い出の地 長崎

昨日は、予定通り?に記事を書くことができませんでした(^_^;)

 

古くからの仲間内の集まりがあったので…

 

その集まりも今や60人を超える大所帯に(笑)

 

15年を超える古参メンバーになりましたが、20歳以上離れた年の子とも苦もなく話せるのは、やはりこの仕事をしているからですかね

 

 

さて、GW特別企画2回目の今日は長崎です

 

小学4年生の5月から中学卒業までの約5年間住んでいました

 

なので、今でも非常に思い出深い土地ですね

 

 

忘れられないのが、引っ越してすぐの7月に起きた「長崎大水害」

 

後にも先にも、あれより酷い雨にはあったことがありませんね

 

他には、今はどうかはわかりませんが、長崎では雪が積もるということが非常に珍しいので、授業をつぶしてみんなで校庭で雪遊びしてました(笑)

 

 

食べ物で有名なのは、ちゃんぽん・皿うどんですかね

 

今でも懐かしくなって、アリオのリンガーハットに食べに行くことがあります(*´▽`*)

 

 

地理的には、山に囲まれているので、自転車を使うことがありません(バイクは多い?)

 

そのため、公共交通機関を使う人が多く、市電やバスの初乗り料金はビックリするほど安かったです(今でも市電は大人120円でどこまでも行けます。凄い!)

 

ただ、遠くに遊びに行くのは、どん詰まりなため不便でしたね(^_^;)

 

他県に行くということは滅多になかったです

 

その点は北海道に似ているかな

 

ちなみに、私が長崎で見た最も衝撃的な地名が「女の都(めのと)」

 

え?どんな所なの?と子ども心にドキドキしたものでした(笑)

 

 

方言は、九州全域で使われている語尾に「ばい」や「と」がつくものの他に「やけん」「さ」を語尾につけることがあります

 

「具合どう?」「だいぶ、よう(良く)なったばい」

「なんばしよっと?(何してるの?)」

 

それ以外にも、年配の方は「さしすせそ」の発音がしづらいらしく、先生が「しぇんしぇー」になります(*´▽`*)

 

あと、穴は「ほげる」ものです(笑)

 

 

お祭りは、夏の精霊流しに秋のおくんちですね

 

精霊流しは、さだまさしの歌のような厳かなものだと思ったら大間違いです

 

爆竹が鳴り響くとんでもないお祭りです(笑)

 

おくんちは、ぜひもう一度見に行きたいですね

 

このブログでも紹介したことあると思いますが、7年に一度しか見れない出し物があるんですよ

 

「コッコデショ」です

 

と思って検索したら、今年じゃないですかー!

 

 

というわけで、語り始めたらキリがないので、このへんにしておきます

 

それでは、今日はこのへんで



| GW特別企画 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018GW特別企画 思い出の地 下関

今日からGW休みヾ(*´∀`*)ノ

天皇賞春は残念ながら外れてしまいましたが、他のレースで大きいの配当が取れたので余裕のプラスでした(^-^)

まあ、1・2着が逆なら更に30万当たってたんですが( ノД`)シクシク…

 

 

さて、GW特別企画の初日は私が生まれた町である山口県下関市です

 

生まれてから小学4年生の4月まで住んでました

 

下関というと、壇ノ浦の戦い・巌流島・日清戦争の下関条約でおなじみ?かと思います

 

実は県庁所在地である山口市より人口が多く、山口県で一番なんですよ

 

 

食べ物ではふぐが有名ですね

 

後は、古くから韓国の釜山と定期航路があるので、韓国料理のお店がたくさんあります

 

そして、絶対に突っ込まれるのが「瓦そば」

 

必ず「瓦?何に使うの?瓦に盛り付け?瓦で焼くの?」って聞かれますが、家でやるときはホットプレートで代用しますよ(笑)

 

興味のある方はぜひググってください

 

 

地理的には関門海峡を挟んで北九州市が目の前なので、古くから交通の要衝として栄えてました

 

テレビ局も山口県のローカル放送と九州のローカル放送の両方が映るんですよ

 

実は下関を含めて山口・北九州エリアは、公営ギャンブルがたくさんありまして(-_-;)

 

朝のポンキッキの後に、公営ギャンブルの昨日のレース速報が流れて、幼心に不思議に思ってました(笑)

 

下関ボート、若松ボート、山陽オート、小倉競輪、JRA小倉、地方競馬(中津、現在は廃止)

 

でも、さすがにこの頃に興味はありませんでしたよ(笑)

 

 

特徴的な方言としては、語尾に「○○っちゃ」をつける

 

なので、うる星やつらが始まった時は「ラムちゃんかよ」って思われていたでしょう

 

 

というわけで、こんな感じでその土地についてダラダラと書いていきたいと思います

 

それでは、今日はこのへんで



| GW特別企画 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW特別企画「私の学生時代」 大学サークル編

ネタがない時に引っ張り出すと言っていた、GW特別企画の残り物

 

今日出してしまいます!

 

 

北大水産学部というのは札幌で2年(私の時は1年半)、残りは函館で学生生活を送ります

 

札幌にいたころは…正直自分でも何をやっていたか思い出せませんが(笑)、函館に行ってからの2年半は、今でも鮮やかに思い出すことができます

 

それは大学3年の夏ころから、友人たちが所属していたサークルに遊びに行くようになり、気がついたらメンバーになっていたからです

 

「夏はテニス、冬はスキー」という典型的なチャラそうなサークルで、実際北大水産学部の女子学生メンバーは創設者の代のみ(笑)

 

悪い噂ばかり流れていたサークルでした(^_^;)

 

そんなことないんですけどね

 

 

ちなみに、私はこのサークルに入るまでテニスの経験は0(スキーも同様)

 

テニスはやりましたが、スキーはやらずじまい…

 

まあ、高校から北海道に来たので、やる機会もなかったんですよね

 

ちょうど、スノーボードが流行り始めていたので、やるならそっちだったんでしょうが

 

 

今でもそうだと思いますが、函館というのは車がないとなかなか出かけることが難しい街で、私の友人も1人1台車を持っているのが当たり前でした(もちろん中古です)
 

毎週金曜日の夜は、小学校の体育館を借りて体を動かし、土曜日の夜は、千代台のテニスコートでテニス

 

その後はご飯食べに行って、飲みに行くよりも、みんなで車で出かけることの方が多かったですね

 

ちなみに、私をボウリングに強制的に連れていっていたのは、このサークルのメンバーです

 

おかげで人並に投げれるようになりました(笑)

 

 

10年前くらいまでは、1月2日に必ず集まっていたのですが、結婚して子どももできると、なかなか集まることも難しくなり、今では年賀状のやり取りくらいですね

 

そろそろ同窓会みたいなのを開きたいのですが…プレジ(サークル代表の名称)、どうでしょうかね?

 

ちなみに、長崎から北海道に来て、その後も道内を転々とした上に、facebookもしてないせいか、同窓会の案内とか「全く」来たことがありません

 

みんなの中でどんな扱いなんですかね…死んだことにでもなってるかも(^_^;)

 

それはそれで、寂しいかな(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| GW特別企画 | comments(2) | trackbacks(0) |
GW特別企画「私の学生時代」 バイト編

高校時代はアルバイトはしてません

 

大学時代は、家庭教師、デパートの改装、そして…

 

フェリーの綱とり

 

 

わからないですよね(笑)

 

フェリーが接岸する際に、太い綱で固定します

 

その綱を岸壁側で受け取り、ピット(フックみたいなやつ)にかける作業です

 

夏休み期間中、夕方4時から夜10時(12時だったかも)まででしたが…

 

日給8000円〜1万円でした(多分)

 

どれだけきついバイトかと思われるかもしれませんが、結構楽です(*´▽`*)

 

フェリーって頻繁に出入りするわけではないので、基本的に休憩所みたいなところで待機してます

 

そして入港・出港前になると、ゾロゾロと出て行って、銃みたいなもので錘付きのリードロープが撃たれるのを待つ

 

それをたぐり寄せて、縄を数人がかりで引っ張り上げてピットにかける

 

その繰り返しです(出港する時はピットから縄を外して海に落とすだけw)

 

 

そりゃ、雨の日は厳しいですよ

 

カッパ着ながら、なかなか接岸できないフェリーを(風が強いor波が高いと、操船技術がかなり求められるので)1時間以上雨ざらしで待つこともあります

 

まあ、そんなの毎日ではないですからね

 

 

あぁ、1回海に落ちかけて死にそうな目にはあいましたが(笑)

 

多分、この時給の高さは危険手当なんだなと、その時初めて思い知らされました

 

でも、それを差し引いても、あれを超えるバイトは、なかなかないと思いますよ

 

おかげで自動車学校に行く費用を、このバイトだけで貯めることができましたから

 

 

ちなみに、このフェリーの綱とり

 

面接の時に、いつ出勤できますかとの問いに、「いつでもいいです」と答えた人のみがなれたのだとか

 

そんなの全然知らなかったのですが、駐車場係に回された友人は「知ってたら俺もそう答えてたわ!」と嘆いておりました

 

駐車場係…大変なのに時給安かったんですよねぇ

 

 

皆さんも、これは良かった!とか面白い(色んな意味で)バイトしましたか?

 

公表できるようなものでしたら、コメントお願いします(*´▽`*)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| GW特別企画 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW特別企画「私の学生時代」 先生編

これを読んで、何でワシが入ってないんじゃー!と怒る人はいないと思いますが(笑)


中・高・大で強烈に印象に残っている先生を一言つきで振り返ってみようと思います


中学


J先生(体育)色付き眼鏡(サングラス?)をかけ、一見そっちの筋の方ですかという風貌。当時(今でも?)珍しい中学校のラグビー部顧問。柔道の時間に生徒にマッサージをさせるとか、今なら問題になりそうなこともありましたなぁ。


A先生(国語)教頭や校長にはならず、生涯教師を貫いたというお方。ヒゲが濃くて、「今日は結構伸びてるなぁ」と言いながら宿題を忘れた生徒の頬に自分の頬をこすりつけるという荒業は、今ならどういうことになるのでしょうか(^_^;)


I先生(理科)教室のドアを開けると黒板消しが落ちてくるという古典的ないたずらに本気で立ち向かう茶目っ気たっぷりなサッカー部顧問。


K先生(?)私の学年では生活指導を担当していて鬼のように恐れられていたが、上の学年の部活の先輩に聞くと好印象ばかり。生活指導の先生って、怖い先生を演じているんだなぁとその時は思ったが、実は…先生にも色々あるんです


高校


M先生(英語)3年生の時の担任。授業中、お気に入りの生徒のことばかり話す。「○○はいい嫁になるぞ※○○は男子生徒です」はクラスを凍りつかせた名言。3年生のクラス(国立理系)はお気に入りの生徒ばかりが集まったので、ドラフト疑惑が持ち上がったのだが、卒業後に「国立理系なんて担任したくないから、○○と△△と…がいるクラスでないと断ります」と言ったとか言わないとか(笑)


M先生(英語)授業では文法・熟語を重要度に合わせて◎・○・△で分類する。競馬、競輪どちらかがお好きだったんだろうが、当時その話はしたことがない。ことわざ大好き。全然関係のないところで「はい!覆水盆に返らず」「はい!天は自ら助くるものを助く」今でも覚えています(笑)


S先生(数学)東北訛りの酷いお方で私のことは「たぁが!」と呼び「たぁがの解き方は汚い(力技が多かったのでw)」とよく言われていた。「数学はエレガントにとがなければ、ダメなんです!」が口癖。ちなみに、今、高校生を教える時に愛用させてもらっている(笑)


T先生(体育)熱烈な巨人ファン。体育の授業があるときは、必ず前日の巨人の勝敗をチェックしておかなければならない。負けていれば持久走の周回数がアップするなど内容がハードになることを覚悟しなければいけない。


M先生(物理)趣味は山登り。「山はいいぞぉ」が口癖。授業を受けたくない時は「先生!週末はどこかの山に行ってきましたか」と誰かが質問すれば、山談議が始まり確実に授業の半分は潰れる(笑)


大学


T教授…あれは初講義の日。「わからないことは何でも質問してください!」⇒30分後「教授!今のところもう一度お願いできますか?」


「キミは私の授業の何を聞いていたのだね!」


みんな開いた口がふさがりませんでした…都市伝説ではありません、実話です(笑)


M教授…私の指導教授。関西出身らしく会話の節々にその名残が。森林が海に及ぼす影響を科学的に検証した第一人者で、以前中学2年の国語の教科書にも載っていたことがある(宮城県気仙沼市の取り組みと関連して)。○ラ疑惑が学生間で囁かれていたが、確かめた者はいない。


K助手(現教授)…細身の体である、この人の苗字が反則級。もう一人私の講座には体格の良いK助手(現教授)がいたのだが、その人とペアで学会に出た日には自己紹介だけで笑いを取れるという。


「え〜、北海道から来た『くま』です」


※隣に体格の良いK助手がいるので、参加者は心の中で「隣がくまだろ!」とツッコむ(^_^;)



こうやって書いてみると、随分個性的な先生が多かったんですね


悪いことをしたら、げんこつ張られるのが当たり前な時代で、それを親に言おうものなら「あんたが怒られるようなことしたんでしょうが!」と言われましたから


体罰容認ではありませんが、あれはあれでちゃんと抑止力として働いていたと思うんですよね



それでは、今日はこのへんで



| GW特別企画 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW特別企画「私の学生時代」 部活編

中学・高校と剣道部でした(*´▽`*)


大学では…特に何もやっていません(3年の夏からサークルには入ってました)


剣道を始めたのは小学1年生からで、最初は親に言われてイヤイヤやっていました


小学校時代は特に強くもなく、試合に出ても1回戦負け


まあ、基本をしっかり教える道場だったので、試合に勝てる技なんて知りませんでした(笑)


それが中学になり、剣道部に入ると隣のめっちゃ強い道場の子がうじゃうじゃと(^_^;)


おまけに外部コーチも隣の道場の先生


練習方法から何から全然違う


面すりあげ面??小手すりあげ面??出ばな面??


やったことのないものばかり、でも楽しい(*´▽`*)


こうしたらいいんじゃないか、自分で色々と工夫したり技を考えたり


そうすると、不思議なものでどんどん力もついてくるのです


もちろん、小学校時代に道場で基本をきっちり教えてくれたからということもあります


気がつけば、隣の道場の子を差し置いて、部員50人の大所帯のキャプテンでした(^_^;)


試合に出ても、とんでもなく強い子以外には勝てるようになりました(主将だから負けられないというプライドもあります)


そして、中3の中体連(長崎では中総体)で長崎市団体3位という結果を出すことができました(準決勝で負けた長崎南山はその年全国制覇しました)


さて、高校に入って、すぐ剣道部に!


というわけではなく、実は入部を迷っていたのです


剣道部って、基本坊主頭じゃないですか


ちょっと色気づいていた私は、それが嫌だったのです(笑)


でも、剣道部を見学に行ってみると!


みんな普通に長髪だぁ(*´▽`*)


これで、障害はなくなりました(笑)


ただ、私の母校の剣道部


顧問の先生はいたものの、剣道経験者ではなく大会の引率のみ


普段の練習は部員だけでやってました


日曜日に市民体育館でやっていた稽古に出たりなどもしていましたが、やはり指導者がいなければ強くなることはなく


高2の冬には団体で全道新人戦に出場しましたが、3勝1敗で予選リーグ敗退


それが最高の成績でした


今の生徒たちを見て思うのは…


お揃いの学校名の入ったウインドブレーカーとか着たかったなぁ(´;ω;`)ウゥゥ


当時なかったんですよね(あったかもしれませんが、部費がなくてそこまで手が回りませんでした)



以上、部活の話でした


それでは、今日はこのへんで



| GW特別企画 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW特別企画「私の学生時代」 放課後編

長崎には小4から中3まで住んでいたのですが、中学校が小高い丘の上に建っていて、麓の門から校舎までは坂道一本

 

裏門などは存在せず、その道を通らないと校舎にはたどり着けない仕様になっていました

 

そして私の住んでいたところが、門から10mちょっとの距離(笑)

 

つまり、中学3年間、寄り道を一切することなく帰宅していたのです

 

 

それが、高校は晴れの日は自転車で激走して20分

 

雨の日はバス20分+徒歩10分という状況でした

 

中学時代、抑圧?されていた私が、この環境を逃すはずもなく

 

門限ぎりぎりに帰る生活を3年間続けました(笑)

 

うちの家、門限遅れると晩御飯抜きだったんですよ(;・∀・)

 

いや、遅れたことなかったので、本当に抜きになったのかわかりませんが…

 

とにかく、うちの母親はワイルドな人で、私が幼稚園の時、流行っていたスカートめくりを道の真ん中でしたときに

 

報復に私のズボンを下げた(多分パンツも一緒にw)人です(笑)

 

そんな人ですから、晩御飯抜きもやりかねんなと(^_^;)

 

 

ちなみに、どこに寄り道をしていたかというと、私と同年代で函館に住んでいた人には「ジャンプ」と言えばわかるでしょうか?

 

今でいうラウンドワンのような、カラオケBOX・ビリヤード・ゲームセンターが一緒になった施設があったのです

 

ビリヤード…流行りましたねぇ

 

世間では映画「ハスラー」「ハスラー2」のヒットによるものが大きかったのでしょうが、私にとっては「ブレイクショット」という高校生が活躍するマンガの影響が大きかったです(笑)

 

土門スペシャルとか、日高のセフティとか懐かしい(*´▽`*)

 

まあ、そこの常連だったわけです

 

ですから、高校生がよく「お小遣いが飲食代に消える」とか言っているのですが、私は「食費を削ってでも遊ぶ方に金を使うぞ」というタイプだったので(友人も)、友達と一緒にご飯を食べに行った記憶がありません(笑)

 

我ながら、偏った高校生活だったなぁ

 

そんな、私の高校時代の象徴ともいえる「ジャンプ」も今はなく

 

函館の高校生は、どこで遊んでいるんですかね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| GW特別企画 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/4PAGES >>
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode