札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
入試説明会のお知らせ

※こちらの記事もしばらく上の方にしておきます

 

随分前から、やるやる言っていた入試説明会を10月18日(日)に行うことに決めました

 

最初はどこか大きな場所を借りて行おうと思っていたのですが…

 

定員をなるべく設けない中で、どこかを借りるのは非常に難しいということがわかりまして(-_-;)

 

昨年同様、うちの教室で行うのですが、同じ説明会を3回行うことで対応することにしました(笑)

 

午前の部:10:00〜12:30(定員32名)

 

午後の部:14:00〜16:30(定員32名)

 

夕方の部:18:00〜20:30(定員32名)

 

申し込みフォーム内で第1希望から第3希望まで伺います

 

うちの塾生・保護者が最優先、次に道コンの中学校別平均点のデータを提供していただいた方、最後にそれ以外の方という順で人数を調整させていただきます

※塾生・保護者や道コンの中学校別平均点データを提供していただいた方も必ず申し込みはしてください

 

10月4日(日)以降に、どの日程に参加できることになったのか、こちらからご案内させていただきますので、参加の可否を返信していただきます

 

もしキャンセルの方が出れば、キャンセル待ちの方に随時ご案内していくという形です

 

また、できるだけ大勢の方に参加していただくため、参加できるのは各家族2名まで(保護者2名、保護者1名お子さん1名のいずれか)とさせていただきます

 

参加したご家族には後日説明会の動画を提供しますので、参加できなかった保護者の方につきましては、そちらでご確認ください

 

なお、当日会場に来れないという方にも、説明会の動画の提供は可能です(申し込みは行ってもらいます)

 

参加費は昨年同様、1家族1,000円です(当教室の生徒・保護者の方は無料)

 

下のリンクから参加申し込みフォームに飛んでお申し込みください

 

2020入試説明会参加申し込みフォーム

 

締切は10月3日(土)ですが、応募者多数の場合は締切が早まる恐れもありますのでご注意ください

 

 

それでは、今日はこのへんで

 

 

 

 



| メッセージ | comments(0) | - |
8月道コンの中学校別平均点集計にご協力いただきありがとうございました

まずは、今日学力Aを受けてきた中3生の皆さん、お疲れ様でした

 

私は、毎年、学力Aが始まると「1年の終わり」を感じます

 

それくらい、ここから12月まではあっという間に過ぎていきます

 

今回のAを含めて学力テストが3回、定期テスト1回(学校によっては2回)、道コン最大2回

 

これだけのテストが3か月間に集中するんです

 

しかも、開催されるかどうかわかりませんが、これに学校祭や合唱コンクールなども加わるのです

 

毎日が目まぐるしく過ぎていきますよ

 

じっくり復習に取り組むことができない分、「夏の貯金」が結果を左右してきます

 

貯めることはできましたか?

 

学力AとBである程度の点数を取れた場合は、11月の定期テストに集中することもできますが、Cで挽回となると定期テストと重なって苦しくなります

 

ですから、直近に大きなテストのない、次のBで点数を確保しないと、学校の面談で言い訳できない状況になりますよ

 

少し休みたい気持ちもわかりますが、すでに次のBまで約1か月しかないのです

 

のんびりしている場合ではありませんからね

 

 

さて、8月道コンの中学校別平均点の集計が終わりました

 

今回は、集計に協力していただいた方のみへの公開ということでメールアドレスの入力を必須とさせていただきました

 

そのせいか分かりませんが、ブログ読者の方からの提供は昨年と比べて減ってしまいました( ノД`)シクシク…

 

まあ、致し方ないですね

 

これに関しては、行う前からある程度想定できていたことなので

 

結果については、月曜日の夜に中3生、昨日の昼に中2生と中1生をメールにて送信させていただきました

 

もし、「提供したのにメール来てないよー」という方はご連絡下さい<(_ _)>

 

そして、メールでもお伝えいただいましたが、今回データを提供いただいた方は、10月に開催予定の入試説明会に優先的に参加できるようにいたします

 

 

そうそう、アンケートの際にいただいたコメントには全て目を通させていただいております

 

本来であれば、個別にメッセージを送りたかったのですが、なにぶん3学年分ともなると結構な人数でして…

 

形式的な返答しかできず、期待していた方には申し訳ありませんでした

 

ブログでこんなことを取り上げてほしいという要望には、なるだけ応えたいと思いますので、気長にお待ちください

 

 

それでは、今日はこのへんで



| メッセージ | comments(0) | - |
【重要】8月道コンの中学校別平均点の集計にご協力ください

注:しばらくこの記事をTOPにします

 

先ほど、うちの教室に8月道コンの個人票が届きました

 

恐らく、皆さんの元にも今日中に届くと思います

 

例年同様、中学校間の学力格差を調べるため、今回の8月道コンと来年の1月道コンにおいて、各中学校の平均点を調査したいと思います

 

下のリンクからアンケートフォームに飛べますので、ご協力よろしくお願いいたします

 

8月道コン(中1)学校別平均点集計

(データ未収集中学校名)

データが集まっている中学校の方が圧倒的に少ないです(笑)

 

8月道コン(中2)学校別平均点集計

(データ未収集中学校名)

中央区

中島、伏見、宮の森、山鼻

 

北区

上篠路、篠路、篠路西、新川、新琴似北、太平、北陽

 

東区

栄南、丘珠、札苗、栄、栄町、札苗北、札幌、東栄、福移、北栄、明園、元町

 

白石区

柏丘、北白石、幌東、日章、米里

 

厚別区

青葉、厚別南、信濃、もみじ台、もみじ台南

 

豊平区

あやめ野、中の島、西岡、東月寒、羊丘、平岸、陵陽

 

清田区

北野台、清田、平岡、平岡中央、平岡緑

 

南区

石山、澄川、藤野、簾舞、藻岩

 

西区

琴似、西陵、八軒、八軒東、宮の丘、陵北

 

手稲区

稲穂、新陵、手稲、手稲西、稲陵、星置、前田、前田北

 

 

 

8月道コン(中3)学校別平均点集計

(データ未収集中学校名)

中央区

中島

 

北区

上篠路、光陽、篠路西、新琴似、新琴似北、太平、屯田北、屯田中央、北陽

 

東区

丘珠、栄、栄南、札幌、札苗、札苗北、東栄、福移、北栄、明園、元町

 

白石区

幌東、日章、東白石、北都

 

厚別区

青葉、信濃、もみじ台、もみじ台南

 

豊平区

あやめ野、西岡、西岡北、羊丘、陵陽

 

清田区

北野、北野台、清田、真栄、平岡、平岡中央

 

南区

石山、常盤、藤野、真駒内曙、簾舞、南が丘

 

西区

西陵、八軒、八軒東、

 

手稲区

稲積、稲穂、新陵、手稲、手稲西、稲陵、星置

 

なお、これは中学校別の平均点の集計であって、個人の得点集計ではありません

 

また、今回はデータの公開をブログ上で行わず、データを提供してくれた方に返信する形でお伝えいたします

 

そのためメールアドレスの記入が必須になりますのでよろしくお願いいたします



| メッセージ | comments(0) | - |
現役高校生に聞くの季節がやってきました

今日の午前中、立命館慶祥中学・高校の高校入試に関する説明会に参加したのですが…

 

質問を会場ではなく先程メールで行ったので、恐らく今日の夜の更新には間に合わないと思い、記事の公開については月曜日以降とさせていただくことにしました

 

ご了承ください

 

 

そう言えば、そろそろ「現役高校生に聞く!」の季節ですね

 

今年は休校が長かったので、1年生なんかは学校がどんな感じかが掴めていないかもしれません

 

でも、学校説明会や学校見学に行けない後輩のために、実際に通っている「生の声」を知ってほしいので、どうかよろしくお願いします

 

1年生・2年生・3年生、どの学年でも構いません

 

色々な高校が増えてきましたが、まだ情報がないところもあります

 

また、札幌圏だけでなくそれ以外の高校も遠慮なく参加してください(^-^)

 

 

さらに今年は、今までの

 

生活面

1:通学方法・時間(自転車通学の可否)

2:服装に関する決まり

3:髪の毛に関する決まり

4:携帯(スマホ)の扱い

5:名物行事

6:アルバイトの可否

7:学校帰りによく寄る場所

8:名物部活・名物行事


勉強面

1:何分授業?
2:課題の量,講習(朝・放課後・長期休暇時)のあるなし、小テストの数

3:学校で使っている英語の文法書・単語帳、数学の参考書・問題集は何?

4:学校以外での勉強時間はどのくらい?

5:普段塾や予備校に通っていますか

6:学校の周りの人で塾や予備校に通っている割合は

7:選択授業についてアドバイスを(理科・社会・副教科・文理など)

8:高校に入って、中学までと一番レベルの違いを感じた教科(勉強)は?

9:学年でどのくらいの順位にいれば国公立(北大)を狙えると先生は言っていますか?

 

その他

1:入学前・入学後の高校に対するイメージ

2:他の高校の子に話してビックリされたこと(これってうちだけ?)

3:自分の高校の良いところ・嫌なところ

4:受験前にやっておけば良かったと思うことは?


最後に後輩たちにメッセージがあればどうぞ

 

という質問項目に加え、「休校期間中の学校の対応について」という項目も入れようと思っています

 

協力要請は9月22日(火)からの予定ですので、それまでに聞きたいことがある人はコメントしてくださいね

 

みなさん、よろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

それでは、今日はこのへんで



| メッセージ | comments(0) | - |
【重要】ネット接続トラブルにより、入退室メールが送れません
こちらの方にも書いておきます。

ただいま、プロバイダの方でインターネットの接続トラブルが起きているようです(障害情報で確認済み)
入退室の時間は記録されますが、メールはしばらくの間、配信されないと思います。

復旧次第改めてご連絡差し上げます。


| メッセージ | comments(0) | - |
今後のブログの方向性に関する重要なお知らせ

4月3日のブログの内容について、進学舎より正式に抗議(注意)文書が届きましたので、当該ブログの内容につきましては非公開とさせていただきます

 

また、過去記事も含めて、道コンに関することについて、当ブログで取り上げるかどうかについては現在検討中です

 

問題用紙の回収に協力をしなかったのは事実です

 

その点については、お詫びいたします

 

しかし、運営体制についての指摘についてはかねてから問題視されていることであり事実であることから、内容の撤回はいたしませんし、謝罪も致しません

 

ですから、削除ではなく非公開とします(私の手元に当該記事は残ります)

 

実際に「ご連絡」があったのか、「複数の塾から申し入れ」があったのか、そんなものはないのか

 

それは、私の知るところではありませんし、聞いたところで教えてくれるものではないことは承知しています

 

※付け加えておきますと、進学舎からブログを削除しろとか言われたわけではありません。記事を非公開にしたのはあくまでも私の判断です。

 

 

ちょっと、このブログのことも色々と考えなければいけないかもしれませんね

 

それでは、今日はこのへんで



| メッセージ | comments(0) | - |
合格発表前日

公立入試前日同様、毎年合格発表前日には同じメッセージを送ることにしています

 

でも、自分自身の考えも年とともに変化していくので、今年はちょっとアレンジしてみました

 

 

明日の合格発表で、キミがどの高校で3年間過ごすのかが決まる

 

君たちの受験勉強の成果が「合否」というもので表される

 

 

本当にそうかな?

 

合格だろうが、不合格だろうが、君たちの中に残された「学力」は変わらないのでは

 

あれだけ、色んなものを犠牲にして頑張ったのだから「合格」という結果が欲しい!

 

その気持ちは十分にわかる

 

できることなら、みんな合格していてほしい

 

でも、これは受験だ

 

涙を飲む人が必ず出てくる

 

合格=勝ち、不合格=負け

 

そんな単純に考えないでほしい

 

キミにとって高校受験はゴールなのか、スタートなのか(ゴールという人はいないだろうが、そう思える人もいる)

高校受験をゴールと考える人にとっては、合格が全てという意識なんだろう

でも、高校受験をスタートとする人にとっては、そんな単純な図式は通用しない

まだまだ先は長い

自分の夢や目標を実現するための3年間の舞台が決まっただけで、その先の未来までが決められたわけではない

高校生活が人生のゴールではない以上、高校は「通過点」なんだと思う

どこの高校に行ったのか?

そんなの社会に出てからは「あまり」関係ないものだよ、今のあなたが考えているよりは


高校受験がスタートだと思うのならば、喜びや悲しみにいつまでも浸っているわけにはいかない

 

特に力及ばず不合格だった人は覚えていてほしい

 

大学入試でリベンジだ!と思うかもしれないし、周りもそういうだろうが、「その気持ちだけ」では3年間勉強を継続できない

 

なぜ、その進路を目指すのか

 

そこをはっきりさせておかないと、途中で目標を見失うことになるよ



公立高校(私立高校)に進学し、その後も自分の夢に向かい進学・就職していった生徒

公立高校(私立高校)に進学したものの、その後は…という生徒

 


今までの塾講師生活の中で様々なケースを目の当たりにしてきたけれど

 


前者は合格不合格問わず、高校受験に真摯に取り組んだ生徒が多く

後者は合格不合格問わず、高校受験で頑張りきることができなかった、どこか手抜きをしてしまった生徒が多い

そういう風に思うんだ


特に合格したものの、本来の志望校よりも落として受験した人は要注意!

自分も大学受験で経験したんだけれど、自分の限界に挑まなかったことは、後で尾を引くことになりかねない

次の壁が立ちふさがったときに、また楽なほうへ逃げてしまう可能性が高いと思う


どの進路が正しかったのか?現時点でそれはだれにもわからないし、確かめようもない

ただ、その進路を良いものにするか悪いものにするかは、これからのあなた次第だということだけは断言することができる

人生には数多くの分岐点があり、高校入試もそのうちの1つ
 

君たちの人生は、これまでは親の影響を強く受けていたけれど、これからはある程度自分で切り開いていくことができるようになる

 

道は無数に分かれていて、今その状態にあるのは、その中の1つをきみが選んだからにすぎない

「あの時違う道を選択していたらどうなっていたかな」と思うこともあるだろうけれど、過去には戻れないのだから今いる場所をよくすることしかできないよね


高校受験の合否程度で、この世が終わったり、人生が終わったりはしない

ましてや、きみのこれまで積み上げてきたものが崩れたり否定されたりするわけでもない

きみという人間が、明日の合格発表で変わるわけではないんだよ


最後にこのブログを読まれている保護者の方々へ

合格したときのことは、今は考える必要はないと思います

万が一不合格だったときのことを考えておいてください

一番、ショックを受けているのは紛れもなく本人です

表面上、そう見えなくてもです

保護者の方々が必要以上に落ち込んでいては、お子さんの挫折感も増すことになります

また、責めるようなことを言っても発奮材料にはなりません

どうか、静かに見守ってあげてください

そして、お子さんが立ち上がったとき、また応援してあげてください


最後にもう一度

合格=勝ち、不合格=負け

決してそうではありません

与えられた新たなステージで、どう過ごしていくか?

そこが問われていると思ってください


それでは、今日はこのへんで



| メッセージ | comments(0) | - |
明日受験を迎える君へ

いよいよ明日が本番です。毎年、受験生たちに贈っている言葉をあなたたちにも贈ります。(毎年、このメッセージをお守り代わりに、プリントアウトして受験会場に持って行ったという話しを聞きます。ありがとうございます)

 

で、今年はメッセージに入る前に少しだけ雑談を

 

今、日本(世界もか)は大変な騒ぎに巻き込まれています。果たして無事4月に新学年を迎えることができるのか。不安に思っている人も大勢いるでしょう。だからと言って今何もしないわけにはいきません。君たちにできることは明日の入試に全力で立ち向かうこと。ただ、それだけです。そして、これから先「自分の頭でしっかり考えて行動できる大人」になってほしいと願っています。

 

それでは、本題に移りましょう

今「あ〜、100日前に戻れたらなぁ」とか「1年前に戻れたら、もっと勉強するのに」と思っている人。残念ながら、100日前に戻っても1年前に戻っても、キミは多分勉強しない(笑)本番で実力以上のものが出たり、奇跡が起きたりしないかと思っている人。残念ながら、実力以上のものは出ないし、奇跡も起きない(笑)

夏休み、冬休み、そして今日までの自分の勉強を振り返ってみよう。本番では「今までに積み上げてきたものがどれだけ出せるか」の勝負だ。今日まで解けなかった問題が、急に明日・明後日になって解けることはない。

受験に限らず、本番当日に自分の最高の状態で臨むということは想像以上に難しい。だから、まずは「いつも通りであること」を心がけてほしい。受験というのは何が起きるかわからない。5教科全てが満足のいく出来だったなんて子はいやしない。数年前、国語と数学が過去最高の出来栄えだったため、浮かれすぎて社会・理科・英語と失速していった子もいるから、1つの教科の出来で一喜一憂しないように。手ごたえがよくても浮かれず、手ごたえが悪くても次で挽回しようと気負わずを心がけてほしい。入試は5教科の合計点での勝負なのだから、残りの教科で少しずつ点数を取ればいい。

キミが難しく感じた問題は、他の受験生にとっても難しく、簡単だと感じた問題は、他の受験生にとっても簡単だ。高校受験は合格点が設定されているわけではない、相手との勝負。「1点でも多く取る」それに必要なことは「自分の持っている全てを答案にぶつけてくること」だ。慎重になりすぎて「時間切れ」にならないように気をつけて。本番は時間の流れが早く感じるはずだ。慌てず、焦らず、諦めず、これを心がけて欲しい。

それでは、最後の注意です

○傾向が変わる場合もある
7年前(現大学4年生の時)に社会と理科でガラッと出題形式が変わった。去年の夏の入学者選抜状況報告書を見ても、問題構成が適切であるとの記述は全くなかった。ひょっとして数学の出題形式が変わるかもしれない。英語のリスニングの形式が変わるかもしれない。だから違う形で出題されても動揺しないこと。キミだけが違う問題を解いているわけではない、条件はみんな同じだ。他の受験生が動揺している分、むしろチャンスだと思え。

○ケアレスミスに注意すること
+−の間違い、2乗の付け忘れ、記号の間違い、約分、解答用紙への写し間違い、記号で答えなさいなのに記述で答える、漢字指定ではないのに漢字で書いて間違う、空欄補充への二度書き(日本国憲法憲法)。後、消しゴムで消したときに他の部分も消していないか?これに注意するだけで多い人で10点変わってくる、気をつけよう!

○腕時計は絶対忘れるな。時計がない学校が稀にある。
時間配分はテストの命。特に国語や数学の試験中は体感時間が短い。1時間が15分くらいに感じる。塾の模試では先生が残り時間を教えてくれるかもしれないが、明日は誰も教えてくれない。気づいたらあと3分しかなかったという悲劇を起こさぬように。

○迷ったときは最初の答え
もう10年以上前の教え子がセンター試験の国語で、時間が余ったので見直しをしていたら、急に違う答えが正解のように思えてきて、答えを書き直したら全て最初の答えが正解だったという何とも残念な話しがある。自分が勘違いをしていたり計算間違いをしていたりした時など以外は、最初の答えが正しい場合が7割だ。忘れるな!

○飲み物は必需品。教室が暑すぎて、のどが異常に渇くことがある。
水筒を持参するか、カバンの中にお茶のペットボトルを入れておこう。あと、暑かったら遠慮せず上着は脱げ!ボーっとした頭の状態で考えることがないように。

○選択肢は最後までよく読め、困ったときも消去法で絞れ
選択肢を途中までしか読まないで選ぶ人がいる。日本語は最後まで読まないと何が起きるかわからない言葉だ。横の比較も忘れずに。わからないからといって最初から適当に選んでいては4択ならば正解する確率は25%だ。それをこれは違う、これも違うと絞っていくと正解率は上がっていく。

○問題を読み直せ
問題文を勝手に読み違えていないか?自分で問題を変えてしまっていないか?問題の一部分を見て即答してしまっていないか?もう一度よく読んでみよう。値を出せといわれたら答えは数字。式で答えろと言われたら答えは式。等式と言われたら=が入る式。方程式を解けといわれたらx=。計算しなさいなら式や数字。聞かれた形に合うように答えなければ点数はもらえないよ。

○休み時間は有効に使え
くれぐれも前の教科の答えあわせという「百害あって一利なし」の行為をしないように。もし話しかけてきても完全シカトだ。周りの声が気になるなら、耳栓を持っていってもいいだろう。休み時間全てを次の教科にあてる必要はない。特に国語と数学の間は脳を休めることが大切だ。社会の前は少し詰め込んでも大丈夫。昼休みはリラックスも大切だが、次の理科の要点チェックくらいはできる時間がほしい。くれぐれも昼寝はするな!

○問題用紙はどう使っても構わない
逆さまにしようが折ろうが切ろうが自由だ。きれいなままの問題用紙には何の価値もない。書き込んだぶんだけ点数が上がると思え。

 

○自己採点のための準備は余裕のある教科だけ

自己採点をしたければ、問題用紙に答えを記入してもいいが、あくまでも時間に余裕があればの話。自己採点の結果で出願先を決めるセンター試験ではあるまいし、塾で言われたからと言って貴重な試験時間を削る必要はない。国語・数学・英語は試験時間ギリギリまで使って、1点でも多く点を取ることに集中しろ!


○鉛筆は5本。消しゴムは2個持っていこう。コンパスの整備も忘れずに
消しゴムを1個しか持って行かないで、もし試験中に落としてコロコロ転がってどこかに消えてしまったら、心理的パニックに陥る。コンパスを修理する暇は試験中にはない!今すぐ芯やネジの点検をしよう。

○シャープペンを使用する場合も、必ず3本くらいは持っていこう。
筆記用具がシャープペン1本というのは、あまりにも危険。壊れたシャープペンの解体修理をやっている間に、試験時間は刻々と過ぎてゆく。休み時間に芯の確認も忘れずに。(芯の入れ過ぎに注意!シャープペンの故障の原因のほとんどはこれ)

○完璧主義になるな
本番の試験、受験生は無意識のうちに完璧主義になりがち。特に、国語で完璧な答えを書こうとするあまり、時間を取られ、制限時間45分のうち35分ぐらい使ってしまうなんてことのないように。

 

○休憩時間、トイレに行くこと。
混んでいる場合は仕方がないが、行ったという事実だけで安心できるし、教室の外に出るだけで気分転換にもなる。


○受験後には意外と、「受験番号を書き忘れたかもしれない」と心配になる。
試験官はその場で答案をチェックしているものだから、もし書き忘れていたらその場で指摘されるから大丈夫。無意識のうちに受験番号は書いているはずだ。


○試験官は鬼でも敵でもない。受験生の味方である。
試験官の先生は、受験生が心地よく試験を受けられるよう、気を配っているものだ。
だから試験中身体がだるかったり、頭痛腹痛がしたり、トイレに行きたかったりしたら、素直に思い切って相談してみよう。きっと何とかしてくれる。試験官はキミたちの味方だ。(というアドバイスで毎年、何人もの受験生が助かっています。不利な扱いを受けたりしないから大丈夫!)

最後に

この高校入試でキミタチの人生は確実に変わる。リセットは利かない、文字通りの一発勝負だ。
だからと言って、必要以上に緊張する必要もない。高校入試で、人生の全てが決まってしまうわけではないからだ。
本当の勝負は高校に入ってからだ。命まで取られるわけではないから安心してね。

不安な気持ちは「合格するかもしれない」という期待の裏返し。そう思えるところまで辿り着いている証拠。
でも、もしダメだったら、今までの努力がすべてムダになってしまうかもと思っている。
大丈夫、望みがなければ不安な気持ちなんて起きないし、今までの努力が消えてしまうわけでもない。
だから、もっと自信を持っていいんだよ。

困ったときには顔を上げて深呼吸しよう。一旦、他の問題に向かって、頭を冷やしてから再度挑戦だ。
私も、本番の日は試験時間に合わせて教室で仕事をしています。
だから、困ったら心の中で助けを求めてください。
運良く届けば答えを送りかえしてあげるよヾ( ̄∇ ̄)/
たまに、答えが返ってくる場合があるそうですので(笑)
返ってこない場合は、大変込み合っている時ですから、時間をおいて再度チャレンジしてください(笑)

では、健闘を祈ります


最後に保護者の方にお願いです

親の目で見て不満な点もあったでしょうが、子どもたちはそれぞれ今自分ができることを精一杯やりました。
受験当日は、お子さんが一番好きな料理を作って、帰ってきたら「どうだったの?」と聞きたくなる気持ちをぐっとこらえて「お疲れ様、頑張ったね」と声をかけてあげてください。

手応えが良ければ、お子さんの方から色々と話してくれるでしょうし、入試のことを何も話さなければ…まあ、察してあげてください。


そして、受験当日は夕方から、各大手塾のボーダーライン速報などのテレビ番組があります。
見るなとは言いませんが、あれをあてにしてはいけません。
というのも、番組制作に携わる方から、以前裏の事情を聞いておりまして…(その方にご迷惑がかかるのでどのような立場でどのような内容なのかは書けませんが)
とりあえず、道コン事務局の予想最低点が出るまでは、ネット上で流れる色々な情報にも振り回されない方がいいでしょう。

トイレットペーパーの「デマ」に振り回されてうんざりしている今なら、私の言っていることもわかってもらえると思います。
ですから、もちろん私のブログでも入試に関する感想は書きますが「ボーダーラインが〜」みたいなことは書きませんし、問い合わせがあったとしてもお答えしませんので。
そんなことで一喜一憂したところで合否が覆るわけではありません。

それでは

受験当日、このブログを読んでいる受験生の力が最大限発揮されることを願います。
もちろん、自塾の生徒の合格が一番の願いですが、このブログを読んでくれている受験生も、私は自分の生徒同様だと思っていますので。

行ってらっしゃい。



| メッセージ | comments(0) | - |
明日から塾をどうしようと思っている受験生へ
学校から塾に行くなと言われたから家にいるという受験生

うん、そうだね

それが世の中的には正しい判断なんだと思う

でもキミの塾の先生は何と言ってる?

もし「塾に来たければ来い」と言ってくれているなら、行ってもいいんじゃないかな

多分その先生は受験生のために覚悟を持って塾を開けている

その気持ちに甘えてもいいと思うよ

本当に、塾の先生たちはキミたちのことを考えてくれている

昨日の夕方から今まで、全国の塾の先生たちを見て、改めてそう思った

キミの受験が、最後まで悔いの残らないものになりますように


| メッセージ | comments(0) | - |
今一度、新年度説明会(中学生対象)の開催についてお知らせします

開催まで1週間を切りましたので、申し込みを忘れていたという人のためにも改めて告知します

 

また、問い合わせの後のこちらからの返信にも、応答のない方もいらっしゃいますので(^_^;)

 

 

日時:2月24日(月・祝)午後7時から

 

場所:学びやむげん

 

定員:40名(お子さん・保護者含め)

 

申込方法:HPのお問い合わせから、所定の事項に回答の上、お問い合わせ内容欄に「説明会参加希望」と参加人数を記入し、お申し込みください。

 

※開場・受付は開始30分前からです

※質疑応答を含めて、終了まで1時間30分を予定しております

※お越しの際は近隣有料駐車場、または公共交通機関をご利用ください

 



| メッセージ | comments(0) | - |
1/20PAGES >>
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode