札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
ご協力をお願いします

また、近くなったら告知しますが…

 

今年の春くらいから、札幌市内の中学校格差について調べようと思い、統一された基準で行われるものと言えば道コンか学力テストくらいなものですから、まずはその2つのデータを集めようと

 

学力コンクール事務局に問い合わせるも断られたので、自力で集めることにしました

 

そこで、このブログをご覧いただいている方(受験生・保護者・塾関係者)にお願いがあります

 

8月11日に行われる学力コンクールの、中学校別の受験者人数と平均点のデータを提供してもらえませんか?

 

個人票が返される時期に、このブログにアンケートフォームを貼り付けますので、そちらで入力していただければと思います

 

同様のことを学力A・B・C、11月道コン、1月道コンで行おうと思っています

 

札幌市内とは書いてありますが、市外でも構いません(中学校名の所に、市外と言う項目を用意しておきますので、備考欄にどこの管内の何中学校かを書いてもらうことになります)

 

集めたデータは、このブログでしっかり公開して、誰でも見て使えるようにしたいと思います

 

 

ひょっとすると「大人の事情」で中止になるかもしれませんが、その時もきちんとお伝えします

 

中学校別の受験人数や平均点は個人票に載せているわけですから、それを集計して公表したところで問題になるの?と思うんですがね(´-`).。oO

 

実際、市内に複数教室を持っている大手は、データ集めているでしょうし

 

こういった情報面での個人塾が不利な状況を少しでも変えたいですし、受験生や保護者の皆さんだって知りたい情報だと思います

 

ぜひ、お願いいたします

 

 

明日は、札幌第一高校の説明会に行ってきます

 

それでは、今日はこのへんで



| メッセージ | comments(1) | trackbacks(0) |
募集(通塾・学習相談生)に関してはこちら

上から3つも募集の記事が並ぶのもどうかと思うので1つにまとめました

 

2018年度新規募集のお知らせ

 

2018年度学習相談生募集のお知らせ

 



| メッセージ | comments(1) | trackbacks(0) |
合格発表を前にして、キミたちに伝えたいこと

公立入試前日同様、毎年合格発表前日には同じメッセージを送ることにしています

 

 

明日の合格発表で、キミがどの高校で3年間過ごすのかが決まります

でも、考えてみてほしいのです

キミにとって高校受験はゴールなのか、スタートなのか

高校受験をゴールと考える人にとっては、合格=勝ち、不合格=負けという意識なんだと思います

でも、高校受験をスタートとする人にとっては、そんな単純な図式は通用しない

まだまだ先は長いのです

自分の夢や目標を実現するための3年間の舞台が決まっただけで、その先の未来までが決められたわけではありません

高校生活が人生のゴールではない以上、高校は「通過点」であると言わせていただきます

どこの高校に行ったのか?

そんなの社会に出てからは「あまり」関係ないものですよ、今のあなたが考えているよりは


今までに何度か書きました

あなたはこの受験を後悔していませんか?

全力を尽くしたと胸を張って言えますか?

自分の受験番号を見つけた瞬間、見つからなかった瞬間

その時、あなたの中にどんな感情が芽生えるのか

それが答えです

高校受験で合格以外の「何か」を掴むことができた人

その人が、私は高校受験における勝利者だと思うのです


高校受験はゴールなのかスタートなのか

スタートだと思うのならば、喜びや悲しみにいつまでも浸っているわけにはいきません

 

特に力及ばず不合格だった人に言っておきたいことがあります

 

大学入試でリベンジだ!と思うかもしれませんし、周りもそういうでしょうが、「その気持ちだけ」では3年間勉強を継続できません

 

なぜ、その進路を目指すのか

 

そこをはっきりさせておかないと、途中で目標を見失うことになりますよ



私は、今までの塾講師生活の中で様々なケースを目の当たりにしてきました


公立高校(私立高校)に進学し、その後も自分の夢に向かい進学・就職していった生徒

公立高校(私立高校)に進学したものの、その後は…という生徒


前者は合格不合格問わず、高校受験に真摯に取り組んだ生徒が多く

後者は合格不合格問わず、高校受験で頑張りきることができなかった、どこか手抜きをしてしまった生徒が多い

そういう風に思われます


特に合格したものの、本来の志望校よりも落として受験した人は注意してください

私も大学受験で経験しましたが、自分の限界に挑まなかったことは、後で尾を引くことになりかねません

次の壁が立ちふさがったときに、また楽なほうへ逃げてしまう可能性が高いのです


どの進路が正しかったのか?現時点でそれはわかりません

しかし、その進路を良いものにするか悪いものにするかは、これからのあなた次第だということだけは断言することができます

人生には数多くの分岐点があり、高校入試もそのうちの1つです

私にも様々な分岐点がありました


高校入試(長崎に残るか、函館に行くか)

大学入試(浪人覚悟で北大理Iを受けるか、安全策で北大水産を受けるか)

就職

転職

そして、今の教室を始めたこと

道は無数に分かれていて、今ここにいるのは、その中の1つを私が選んだからにすぎません

ふと「あの時違う道を選択していたらどうなっていたかな」と思ったりはしますが、今の道を後悔したりやり直したいとは思いません

あなたたちにも、そうあってほしいと願います


高校受験の合否で、この世が終わったり、人生が終わったりはしません

ましてや、あなたのこれまで積み上げてきたものが崩れたり否定されるわけではありません

「塞翁が馬」ということわざもあります

数年後、数十年後

「あのときはさ〜」

そう笑って語れる日がきっとやってきます


最後にこのブログを読まれている保護者の方々へ

合格したときのことは、今は考える必要はないと思います

万が一不合格だったときのことを考えておいてください

一番、ショックを受けているのは紛れもなく本人です

表面上、そう見えなくてもです

保護者の方々が必要以上に落ち込んでいては、お子さんの挫折感も増すことになります

また、責めるようなことを言っても発奮材料にはなりません

どうか、静かに見守ってあげてください

そして、お子さんが立ち上がったとき、また応援してあげてください


最後にもう一度

合格=勝ち、不合格=負け

決してそうではありません

与えられた新たなステージで、どう過ごしていくか?

そこが問われていると思ってください


それでは、今日はこのへんで



| メッセージ | comments(5) | trackbacks(0) |
こんなにアクセス多くても…問い合わせはないんです(笑)

まず、イチゴ・オレさんからいただいたコメントに気になることが書いてあったので冒頭で書いておきます

※社会に関することです

 

「 ところで…全員に2点の解釈が私とは違う方がいて、私は間違ってた人にも2点だと思っていて、合否に影響はあると考えていたのですが、62点満点になると解釈してる方もいます。受験者全員に2点…それだと確かに合否には影響ないですよね。」

 

道教委の発表は「問題を削除し全員に2点を与える」。つまり「あの問題はなかったことになるから、正解・不正解で合否に影響を与えることはないんだよ」という理屈です。62点満点ではありません。(イチゴ・オレさんの解釈も結果的には道教委の発表と同じことになります)ご注意ください。

 

 

いつもは、入試の日を境に緩やかに減っていくアクセスが、出題ミスの影響もあってむしろ伸びています(^_^;)

※3月10日(日)は17時30分現在

 

access.png

 

さすがに今日は落ち着いていますが、もしこの状態が月末まで続けば(続きませんが)、塾ブログPV日本一の看板を國立先生から奪うことができますね(笑)

 

「これだけアクセスを集めているのだから、生徒もたくさん集まって、もう満席なんじゃないですか?」

 

皆さん、そういう風に思ってませんか?

 

 

新年度の申し込み、1件もありません(笑)

 

 

嘘じゃないですからね(春期学習生や学習相談生については、ポツポツとお問い合わせや申し込みをいただいております)

 

このまま、新年度の生徒が集まらなければ、移転どころか塾やめて実家に帰ることになりますね(笑)

 

「通うのは地元の塾で、情報は『ここにいるよ』で集めよう」

 

そういう人は結構多いのかも…(-_-;)

 

私が出している情報は、探せば同じものが出てきたり、自分で分析したら得られるものかもしれません

 

でも、探したり分析したりすることが、時間をかけて自分でできるのか?そして、その情報を自分のお子さん用にカスタマイズして活用できるのかということなんです

 

それは一般のご家庭では難しく、そこに塾の出番があるのかなと思い、こうして情報提供を続けてきました

 

ただ、私がこうして情報を出すことを苦々しく思っている塾の先生もいれば、このブログから情報を得ている先生もいたでしょう

 

だからというわけではありませんが、新年度からはブログに書く情報もセーブすることになると思います(少なくとも進学舎セミナーの資料がブログに出てくることはなくなると思ってください)

 

既に、有料の学習相談を始めてからは、個別の相談には答えないようにしています

 

そうでなければ、お金を払って通塾してくれたり、相談してくれたりしている方々に申し訳が立ちませんから

 

「塾に通っていないので、このブログの情報には助けられました」

 

そういう声を励みにブログを続けてきたことも事実ですので、まるで情報を出さなくなるわけではありませんよ

 

 

さて、とりあえず、今の場所に通ってくれている新中3生の受験に関しては責任を持ちたいので、何とか生徒を増やさなければいけません

 

ポスティングチラシも木〜金にかけて配布しました

 

IMG_1506.JPG

 

1件も問い合わせが来ません(笑)

 

どれだけ評判悪いんでしょうね、うち(-_-;)

 

塾やめさせられる→過去に一発退塾になった生徒は一人もいません。事前に本人にも保護者にも注意を出し、それでも改善が見られなかったのでというケースばかりです。もちろん、合う合わないの問題は大きいと思いますが、事前の面談で「通うだけでは意味がない」と伝えてありますので、ダラダラと続けるくらいならやめてもらった方がいいと思っています。

 

あそこの先生、ブログやtwitterやってるらしいから、通わせるとうちの子のこと書くかも→確かに書くことありますから、否定できません。勉強に対する意識や取り組み方について、一度注意したのに直らないことについて書くことが多いです。

 

え?いつ問い合わせても満席で断られるって→それは2,3年前の話です。噂って怖いですね(-_-;)

 

 

このチラシにも書いてある通り、今年だけは「とにかく志望校に合格する」ことに特化してやっていくつもりです

 

 

皆さんのお知り合いで、「どうしても行きたい高校がある」というお子さんがいれば、うちの教室をオススメしてください

 

 

あんなことにはなってしまいましたが、一応うちの受験生と学習相談を受けられた方にはこんな出題予想を配布していました

 

PDF を見る

 

PDFが見れない方のために、どんな予想だったかというと

 

物理分野の力(水圧・浮力が出る)、生物分野の動物(ストップウォッチを使った実験が出る)、地学分野の天気とその変化

 

問題を見た瞬間に震えた受験生もいたそうです(それはそれで悪影響だったかもしれませんが…)

 

こういったものを、今年は積極的に使っていこうと思います

 

 

理科の件で色々動いているのを売名行為(またはアクセス稼ぎ)だと思っている方がいるかもしれませんが…

 

新聞やテレビに名前出たわけでもないですし(笑)

 

そして、ブログを見ていただければわかる通り、こちらがお金払って広告類一切出ないようにしてますからね

 

アフィリエイトもしてません

 

アクセス集めても、私には収入があるわけではないんです

 

 

せっかくアクセスが多いので、言いたいことを言わせてもらいました

 

今日のブログをまとめると

 

「新年度の生徒も、春期学習生も、学習相談生も、まだまだ募集してますよ」ということです

 

よろしくお願いします<(_ _)>

 

それでは、今日はこのへんで



| メッセージ | comments(4) | trackbacks(0) |
2018年度学習相談生募集のお知らせ

新年度から新たに、学習相談生というものを募集します

 

これは、今まで行っていた有料学習相談の延長で、平日はなかなか教室に来ることができないが、土曜日や日曜日、長期休みの時に教室を利用したいという生徒のために作ったものです(教室を使わず相談だけの利用もできます)

 

サービス内容としては、

土曜日と教室開放時の日曜日、長期休み時に教室の使用が可能。(ただしテスト期間中など、平日に使用したい場合は事前に連絡があれば使用可能)

メール・FAX・SNS等を用いての質問応対

学習(進路)相談や面談(相談はメールであれば随時可能、面談は年4回まで、それ以上は有料になります)

それぞれの生徒に合わせた教材の選定・斡旋

各種受験情報の提供

 

料金は、毎月かかる基本料金が月額5,400円(税込)。

教室利用料金については、1日2時間まで1,620円(税込)、その後1時間延長につき540円(税込)が加算されます。

※通常生の料金が21,600円なので月に10回以上×2時間通うのであれば、通常生の方がお得になる計算です

モデルケース:毎週土曜日(月4回)2時間勉強した場合

5,400円+1,620円×4回=11,880円

そして、どれだけ利用しても、基本料金込みで最大月額27,000円(税込)までしかかかりません(そんなケースは、滅多にないと思いますが)

 

募集人数は、札幌近郊ではないため教室に来ることが実質不可能な方は特に制限はありません。

教室を使う方についてはとりあえず10名までとさせていただきます(新年度の通常生の人数次第で多少増減することもあります)

 

申し込み、お問い合わせは、電話595−8394、メールmanabiya-mugen@indigo.plala.or.jpまで



| メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年度新規募集のお知らせ

2018年度の新規募集についてです

 

なお、2019年3月をもって学びやむげんは今の白石区北郷から移転を予定しております(移転先は未定)

 

ですので、積極的に新中1・中2生を取るつもりはありません(どちらかというと新中3生中心になると思います)

 

その点、ご留意いただければと思います

 

通常生

※中学生は各学年の集団授業への出席が必要。通塾時間・曜日に制限はありません(私立中学生・高校生も同じ)

 

募集人数:中学生10名 私立中学生・高校生2〜3名

 

費用(全て消費税込です)

1.入会金 5,400円

各ご家庭から一度だけいただきます。小学部から中学部、中学部から高校部へ移行する場合や、ご兄弟姉妹が在籍する場合はいただきません。

 

2.授業料 

中学生(国語・数学・理科・社会・英語)21,600円

※中学3年生のみ9月〜12月の毎週土曜日 入試対策講座 10,800円

私立中学生・高校生 

中学部からの継続生 10,800円

高校部からの新規生 21,600円

 

3.教材費 実費(入会時、年度初め、長期休業期間前に大体の金額をお伝えします。1冊あたり最大1,500円まで)

 

4.テスト・プリント費(中学生のみ) 年間6,480円(中途入会・退会時は月540円にて算出) 

 

5.冷暖房維持費 年2回(6月末と12月末)各4,320円

 

6.学力コンクール受験料 小学生2科1,296円  4科1,944円  中学生 3,240円

 

※学びやむげんでは、春期・夏期・冬期の講習会は実施しておりません。また各種テスト対策についても、通常授業と自習で対応可能と考えておりますので、有料のテスト対策授業は行っておりません。

 

申し込み、お問い合わせは、電話595−8394、メールmanabiya-mugen@indigo.plala.or.jpまで



| メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) |
春休み学習生の募集のお知らせ

春休み期間限定の学習生の募集です

 

3週間コースは、中学を卒業して暇を持て余している新高1生のために設定しました(新高1生が2週間コースを選べないわけではありません)。中学の復習や高校の予習(教材を用意します)、高校からの事前課題に取り組むことが中心です。

集団授業などはなく、わからないことがある場合に随時質問を受け付ける形ですので、横に張り付いて一から全部教えてもらう形が希望の方はご遠慮ください。

 

2週間コースは、春休みに入っている公立中学生も想定しています。4月2日・3日に予定されている道コンは希望者のみの受験です。道コン受験者は前学年までの復習を(事前課題あり)。道コン非受験者は弱点教科に的を絞っての学習になります。その他、私立中学生や高校生については、事前にどのような学習を希望か聞き取りを行います。

 

 

3週間コース

期間:3月19日(月)〜4月7日(土)※日数制限なし、日曜日はお休みです

時間:午後1時〜午後9時35分(入退出自由)

料金:16,200円(税込)※教材費別、最大3,000円程度

 

2週間コース

期間:3月26日(月)〜4月7日(土)※日数制限なし、日曜日はお休みです

時間:午後1時〜午後9時35分(入退出自由)

料金:10,800円(税込)※教材費別、最大3,000円程度

 

2コース合計で10名程度までは受け入れ可能です。

申し込みは電話595−8394、メールmanabiya-mugen@indigo.plala.or.jpまで



| メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) |
終わりの始まり

恐らく、新聞を取っている方の元には、先週の火曜日(月曜日は新聞休刊日だったので)か今日に、塾の広告が大量に入ったのではないかと思います

 

ポスティングチラシとかも同じですね、先週から今週にかけてが最も多いのではないでしょうか

 

うちも、今年は早めに広告の準備をしていました(少なくとも1月中旬には原案はできあがっていました)

 

しかし、今日時点で広告(ポスティングチラシ)は出していません

 

それは何故かと言うと…

 

 

2019年3月(つまり来年の3月)に学びやむげんは移転します

 

 

私が体調を崩して仕事が続けられなかったり、急遽実家に帰ることになったりしない限り、ほぼ決まりです

 

移転場所は決まっていません

 

まあ、1年前の時点で次の場所が決まっていることなんて普通ありません(笑)

 

これから、色々な人の意見(ブログを見ている皆さんも含む)も聞きながら、新しい場所については考えていこうかなと思ってます

 

うちは移転したとしても、地元密着という塾にはなりそうもないので、今度こそ地下鉄沿線じゃないとダメでしょうね(^_^;)

 

もしかすると、固定の教室を持たずにやることもあり得るかもしれません

 

今やっている、学習相談の延長みたいな感じのものも考えてはいます

 

実現のハードルは高そうですが(-_-;)

 

 

経営的には、移転の話なんて直前まで黙っていた方がいいはずです

 

あと1年だとわかったら、少なくとも新中1や中2の生徒は集まらないでしょう

 

でも、自分の中であと1年だと決めているのに、新規で来た方にそれを言わずに受け入れることは、私にはできません

 

だって、無責任な話だとは思いませんか?(もちろん、「1年でも通いたいです」という方は受け入れます)

 

今、通っている方の中でも、中3まで通えないということなら、転塾を考える方も出てくるでしょう

 

私はそれでもいいかなと思います

 

そういうことも含めて、今の時期にお知らせしているわけですから

 

ですので、今年の募集はかなりいびつなものになりそうです

 

「今の場所であと1年」というのを承知の上でとなると、中3生中心になりますね

 

なので、新年度に限り学年の定員は設けません

 

 

移転の準備も進めつつ、最後の1年を納得のいく結果で終わらせなければいけないのですから、相当ハードな新年度になりそうです

 

まあ、忙しい方が性に合っているので(笑)

 

そのうち、新年度の募集要項も載せますね

 

 

最後に

 

公立の倍率発表の時につぶやいた「終わりの始まり」のもう一つの意味とは、このことだったんですよ

 

それでは、今日はこのへんで



| メッセージ | comments(2) | trackbacks(0) |
悩んでいます

明日はセンター試験ですね

 

昨日・今日と全国的に大雪に見舞われた地方も多かったようですが「前日で良かった」ということになりますように

 

そして、受験生の皆さん

 

こんなこと言うと怒られるかもしれませんが…

 

「全ての教科がうまくいくことなんてありません!」

 

1教科は失敗しますから…

 

問題は、それを引きずらずに次の教科に向かうことができるかです

 

健闘を祈ります!

 

 

さて…

 

新年度の広告のことで悩んでおります…

 

どちらかと言うと募集広告というより、私の言いたいことや、やりたいことを書いているだけだったんですよね、今まで

 

今年は、北郷で続けるのか移転するのかを決める、大切な広告なので、いつもより時間がかかっております(-_-;)

 

 

今さら、生徒を集めるような甘い言葉をささやいてもねー(笑)

 

地域の皆さんは、うちがどんな塾かご存知でしょうし

 

それなら、いつも通りに言いたいこと言って、「集まらなかったらいなくなります、さようなら」でもいいのかなと

 

そんな広告見たことありませんが(笑)

 

 

2年前に上から下に引っ越しするだけでも大変だったのに、違う場所にとなるともっと大変だよな(^_^;)

 

生徒も0から集めなければいけないし

 

まあ、八反田先生が周りに「場所変えろー、場所変えろー」と言われてもなかなか動かない気持ちもわかります

 

でも、生徒来ないのに続けるわけにもいかないですしね

 

 

昨年中頃から大胆な構想も練っているんですが、イマイチ決め手に欠けるんですよね…

 

ウチらしさが失われるというか

 

再来週のセミナーの時に、諸先生方に相談してみようと思います、可能なのかどうか

 

「近くにあれば通いたかったです」

 

その言葉は聞き飽きたんですよぉぉぉぉ(言ってくれた方に悪気はないのはわかっています)

 

こちらから近づいていったら、通ってもらえるんですかね(意味深

 

 

それでは、今日はこのへんで



| メッセージ | comments(2) | trackbacks(0) |
新年のご挨拶
あけましておめでとうございます

今年も学びやむげんとここにいるよをよろしくお願いいたします

つかの間の帰省を終えて、札幌に帰る高速バスの車中からこの記事を書いています
千葉で働いている姪とも会え、家族と色々な話もできました

仕事始めは4日からですが、ここからはほぼ休みなしで3月の入試まで突っ走ることになるので、しっかりと準備をしておこうと思います

まずは…

家に帰ったら年末ジャンボ宝くじの番号チェックと、明日以降の初詣でいいおみくじを引くことですね(笑)

それでは、今日はこのへんで


| メッセージ | comments(0) | trackbacks(0) |
1/19PAGES >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode