札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
落ち着きましょうね

本当は夜にゆっくりと書こうと思っていたのですが、ちょっとした危機感を持ったので1時間早く教室に出てきて、この記事書いてます

 

昨日、道コン速報が出ました

 

ホッとした人

焦っている人

 

様々だと思いますが、今日の記事は焦っている人向けの記事です

 

まず、保護者の皆さん

 

この記事を読んでください

 

入試まであと1ヶ月!ついやってしまいがちなNGなことを3つ挙げてみる

 

いつもの慧真館の岸本先生のブログなんですが、私の言いたいことは大体書かれています

 

繰り返しになりますが、くれぐれも

 

本屋に行って問題集や参考書を買いあさってくるようなことはしないでください!

 

今あるものをきちんと理解できていますか?

一度解いただけで終わっていませんか?

 

高校生向けのものと違い、中学生向けの問題集や参考書は塾用教材の方が数倍優れています

 

塾に通われていない方は、塾用教材が手に入らないので本屋で調達するしかありませんが…

 

何度も紹介していますが、TOP校狙いの方なら「全国高校入試問題正解(通称:電話帳)」が一番だと思います。

 

本屋で売られているものは、最大公約数的なものがほとんどなので、それをいくらやったところで「ふーん…で?」といった感じにしかなりません

 

それと、保護者の方が焦って動けば動くほど、当の本人は醒めていきます

 

受験を自分のものとして受け止めることができなくなります

 

過去の卒塾生たちを見てもそうですね、どっしり構えておられるご家庭が総じて好結果を残しています

 

ここで、周りに「あれをやれ、これをしろ」と言われて、それで高校入試を乗り越えたとして、大学入試はどうするつもりですか?

 

そういった生徒が高校入学後に途方に暮れる姿を多く知っているからこそ、自分の頭で今の自分に足りないものは何かを考えてもらい、自分で動いてほしいんですよね

 

 

今年度、学習相談を受けている中で「成績の報告や学習方法の相談は子ども本人にさせます」というご家庭があります(だからと言って、保護者の方とやり取りをしているのが悪いというわけではありません)

 

このブログを始めて今年の5月で10年になりますが、メールや電話などで色々な相談も受けてきました

 

生徒本人とやり取りするのは数えるほどですね

 

指示というのは、間に挟む人数が増えるほど正確に伝わらなくなります(書面なら別です)

 

それは伝言ゲームをしたことがある人ならよくわかるでしょう

 

 

最後に、もう一度繰り返します

 

「焦っている心につけ込むような誘い(無駄な授業や講習を取ること、余計な教材の購入)には乗らない」

 

「受験するのは子どもであって親ではない、高校に行くのも子どもであって親ではない」

 

何とかしたいという親心はよくわかりますが、必要以上に動揺することがないように

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
センター試験、お疲れ様でした

センター試験を受験してきた皆さん、お疲れ様でした

 

ゆっくり休んで、また明日からの二次に向けての勉強に取り組んで下さい

 

リサーチが返ってくるまでの間、気が気ではないと思いますが、それまでの間何もしないのはもったいないです

 

まだ、終わっていませんからね

 

最近は、毎年何かと話題になる出題や出典が多いのですが、今年は地理Bのムーミンでしょうか

 

賛否両論色々ありますが、別にムーミンを知らなくても解ける問題です(むしろ知っていた方が解きにくいかも)

 

見た目に惑わされないように

 

 

さて、冬休み特別時間割も今日で最終日でした

 

明日からは札幌市内の中学校も始まり、通常授業に戻ります

 

私も早起きしなくてすみます(笑)

 

でも、しばらくは目覚ましをかけなくても勝手に7時30分に起きてしまう日が続くんだろうなぁ…

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
一問の価値

明日は中1と中2、明後日は中3の道コンですね

 

うちの教室でも、対策というほどではありませんが、道コンを使った演習をここ数日行っています

 

その中で目につくのが「防げるはずのミス」

 

たった1問と考えているかもしれませんが、意外と大きいんですよ?

 

定期テストは100点満点で、問題数も多く1問の配点が低いです

 

1問間違えたところで2〜3点、割合にすれば2%〜3%です

 

しかし、道コンや公立入試は60点満点

 

問題数も少なく、完全回答も多いので、1問の間違いによるダメージも大きいです

 

仮に3点だったとして割合にすれば5%

 

100点満点に換算すると1問5点です

 

定期テストで1問5点の選択問題があったとすると、もう少し慎重に答えませんか?(笑)

 

この辺りの全体に占める比重というものを理解していない子が多いような気がします

 

「1問くらい…」という油断が積み重なって、大きな失点につながっていることに気づいていないのです

 

ピンと来ないかもしれませんが、入試のボーダーライン上には必ず複数の受験者がいます

 

文字通り「1点を争う戦い」なんです

 

あなたが、何の気なしに書いたその答えが合否を分けるかもしれないんですよ?

 

そういった意識というのは、本番でだけ意識しようとしてもできないものなんです

 

明日・明後日の道コンでは、「1点」にこだわる練習をしてみてください

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
なぜ?を大事に

冬休み特別期間も後半になって、道コンを受験する生徒は演習に入ってきています

 

その姿を見て思うのは、思っていた以上に「問題についての考察(思考)が甘い」ということです

 

なぜ、その解きかたをするのか?

その解きかたで出てくるものは何を指しているのか?

その操作の意味は何なのか?

 

などなど、「なぜ」と考える前に、機械的に問題を解こうとしているように見えます

 

例えが適切かはわかりませんが、こちらがシチューや肉じゃがを作るときにも応用が利くように、カレーの作り方を説明しているのに

 

カレー・シチュー・肉じゃが

 

全く違う作り方(同じではないですが)で、3種類の作り方を知らないと(覚えないと)いけないと思っているようです

 

こちらが「じゃあシチュー作ってみて」と言っても「知らないからできません」と

 

「いや、カレーの作り方とほとんど同じだから」と言っても、ピンとこない

 

AにはAの解きかた、BにはBの解き方があって、それを知らないと解けないと思い込んでいるようです

 

「なぜ」という部分を突き詰めておけば、以前解いた問題との共通点も見えてくるんですがね

 

こういった勉強法は、中学校(高校受験)までは通用しても、高校(大学受験)では破綻するのが目に見えています

 

今のうちから、「解法丸暗記」から抜け出してほしいですね

 

 

それでは、今日はこのへんで

 



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
センター試験は甘くない

本番を来週に控えている受験生はとっくにわかっている話ですし、センター試験自体は、このまま行くと現高1生で終了となりますから、今から書くことは中学生以下のお子さんを持つ方には興味がない話かもしれませんが…

 

高校の先生、保護者、生徒

 

みんな、センター試験を甘く見過ぎていると思うんですよね(-_-;)
 

私大も参加する共通テストだから簡単なんだとでも思っているんでしょうか?

 

記述式ではなくマークシート式だから?

 

でも当てずっぽうで答え書いたところで、偶然正解することなんて滅多にないですよ(^_^;)

 

ちょっと毒のある言いかたをさせてもらうと

 

そもそも、進研模試で半分の点数も取れないのに、どうしてセンター試験で6割7割の点数が簡単に取れると思うんですかね?

 

 

そして、なぜ「地方国公立ならちょっと勉強したら入れそう」と思うんでしょう(-_-;)

 

やってみたらわかりますが、5教科6〜7科目(国・数・英、理科基礎2科目&社会2科目 or 理科2科目&社会1科目)の勉強って、かなりきついんですよ

 

平均6〜7割?余裕余裕♪って、学校の定期テストではないんですからね

 

特に自称進学校や中堅校に多いんですが、定期テストがぬるいせいで、勘違いをしている生徒が多いんです

 

だから、進研模試程度でも「模試は難しいからできなくても仕方ない」とか、平気で言ってしまうんですよね

 

一度、TOP校の定期テストを見てみるといいんですよ…もう雲泥の差ですから
 

ある生徒が、高校での進路相談で某地方国公立大学の名前を出したところ、先生が「いや、そこを志望するのはもったいない」と言ったそうですが

 

「あなたの高校のセンター試験の平均点は何点なの?そんなことは、しっかりと合格者を出してから言おうね」と思いました(^_^;)

 

 

卑屈になる必要はありませんが、もう少し現実を見据えることも必要だと思いますよ

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
力の入れどころを間違えないこと

道コンまで1週間ないということで、必死に勉強しているかもしれない受験生

 

学年末テストまで、もう10日前後しかないということにも気づいてくださいね(^_^;)

 

学校のワーク進めてますか?

 

道コン終わってからだと手遅れになるかもしれませんよ

 

今回は副教科のテストもありますし、何よりここで内申点(ランク)を下げるのはもったいないです

 

積極的に勧めるわけではないですが、上がりそうな教科と下げたくない教科に集中した方がいいでしょうね

 

例えば、

前期中間70点、前期期末72点で4。後期中間75点

 

こんなケースなら、90点以上取っても5はつかないでしょうし、かと言ってよほどひどい点数を取らない限り3に下げられることもないでしょう(提出物や授業態度などの兼ね合いもありますが)

 

逆に

前期中間90点、前期期末82点で5。後期中間85点

 

こんなケースなら、今回も85点以上取って5はキ−プしたいですよね

 

70点台前半とかだと4がつく可能性も出てきます

 

最後の定期テストですから、「自己最高点を取って華々しくフィニッシュ」というのもいいですが、力の入れどころを間違えると最悪の結果を招く恐れもあります

 

しっかり計画を練ってくださいね

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
お正月休みを終えて

お正月休みも終わり、当教室も今日から冬休み特別時間割再開です

 

受験生は、この5日間どのようにして過ごしたでしょうか

 

別に、正月もなく、朝から晩まで勉強しなさいなんて指示は出していません

 

周りがお正月気分で騒いでいるとソワソワしますし、お年玉をもらおうものなら早く買い物に行きたくてたまらなくもなるでしょう

 

要はメリハリです

 

ズルズル、ダラダラと見なくてもいいテレビ番組を見て、正月だからとゴロゴロして過ごせば、5日間なんてあっという間に過ぎてしまいます

 

そんな中でも、やるべきことをきっちりやっている受験生は確実にいるわけです

 

そういった受験生にとっては、ここから下の話は全然関係ありませんので、気にしないでください

 

 

もし、この5日間を有効に使えなかったというのであれば、それはまだまだ受験生としての自覚が薄いということの証でしょう

 

「だって、正月休みで塾が開いていないんだから仕方ないじゃん」

 

それを言っていいのは、午前中や午後の早い時間から教室に来て、しっかりと自習していた生徒のみです(うちの生徒も、他塾の生徒も)

 

家でも勉強できるから、冬休みが始まっても、自習に来ることなく、いつもの時間に毛が生えた程度の時間しかいないんですよね?

 

それなら、正月休みの間も、塾が開いている開いていないに関係なく、家でしっかりと勉強できるはずなんですが

 

「家でも勉強しています!」

 

それは、教室にいる時に比べて、どれくらいの効率でできているんですかね

 

LINEやTwitterの通知にいちいち気を取られているようでは、とても集中して勉強しているとは言えないと思うのですが

 

 

というわけで、新年早々お説教からスタートしたわけなんですが、こんな甘い受験勉強をしていても何となく合格してしまうのが、高校受験の怖い所

 

でも、大学受験はそういうわけにはいかないのです

 

センター試験まであと9日

 

ここまで来たら、後は当日をベストコンディションで迎えられるかどうかの方が大事です

 

最後の追い込みで無理をし過ぎて、体調を崩すことがないように

 

コツコツと積み重ねてきた人は大丈夫なはずです

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
全部わかれば凄いですよ

この前、大学名の一覧表みたいなのを見ていて、ふと思ったのですが…

 

突然ですが問題です!次の中で国公立大学なのはどこでしょう?

 

札幌大学

函館大学

旭川大学

青森大学

仙台大学

東京医科大学

神奈川大学

愛知大学

大阪工業大学

北陸大学

近畿大学

兵庫大学

奈良大学

四国大学

高松大学

松山大学

福岡大学

沖縄大学

 

答えは

 

全部私立大学です(^_^;)

 

びっくりですよねー

 

逆に、他のと都道府県の人からすると私立大学みたいに感じる国公立大学もたくさんあると思います

 

弘前大学

宇都宮大学

金沢大学

信州大学

奈良女子大学

福岡女子大学

鹿屋体育大学

名桜大学

琉球大学

 

この中だと、北海道からは弘前大学に進学する生徒は多いと思いますが(私も受験しました)、北海道東北では名が通っていても、それ以外の地域では「弘前大学…(国公立・私立どっちなんだろう)」という感じだと思いますよ

 

仮に、出身大学を「奈良女子大学です」と言われても、今日調べていなかったら間違いなく、私は私立だと思ってましたね

 

だから何だというわけではありませんが、大学名だけ聞いてもわからないものだよなぁと

 

そして、その大学に合格するためにはどれくらいの学力が必要なのかも、わかるはずないよなぁと

 

もちろん、大学入学後に何をしたかが大切なのですが、どうしても入学するためにどれくらい努力したのかが評価されますからね

 

そう考えると、学歴って何なんでしょう(^_^;)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
おとなしいっていいこと?

まず一昨日の答え合わせから

 

1問目

FullSizeRender.jpg

AP=CB+BPをどう考えるかがポイントでした

どうもこうも、まずはCをℓ上にうつしてみましょう

FullSizeRender.jpg

こうすると、AP=CB+BPがどういうことかわかりやすくなりますね

そうです、PはAC'の垂直二等分線とℓとの交点です

FullSizeRender.jpg

わかってしまえば簡単なんですが


続いて第2問

FullSizeRender.jpg

まずは回答1

FullSizeRender.jpg

Oを通るAOに垂直な線を引き、円との交点がPになります

なぜかって?

FullSizeRender.jpg

中心角と円周角の関係ですね(∠AOP=2∠ABP)


回答2

FullSizeRender.jpg

Bを通るABに垂直な線を作図して、その角の二等分線と円との交点がPです

これは90°の半分が45°だということを利用しているのでわかりやすいと思います


回答3

FullSizeRender.jpg

ABを一辺とする正三角形を作図し、角の二等分線を2回引いて、円との交点をPとします

60°の半分が30°、30°の半分が15°、30°+15°=45°ですね


3問目

FullSizeRender.jpg

別解があると思いますが、ここでは1つだけ紹介します

FullSizeRender.jpg

まず円の中心を決めます(円周上の2点の垂直二等分線を2回引いて交点を中心とするやり方もあります)

Aから中心を通る直線を引き、円との交点をDとします

中心をD、半径をODとする円を書き、円との交点をB,Cとします

後はA,B,Cを結べば完成


最後の部分がわからない人もいるかと思います

FullSizeRender.jpg

Dを中心に半径ODの円を書くということは、正三角形を作図することになるのです

正三角形の1つの角は60°なので、∠BOC=120°、円周角の定理より∠BAC=60°

他の角についても同様ですね

 

 

年内の出題はこれで終わりにして、また年が明けたらやりますね

 

 

今日、八反田先生が私の心の声を代弁してくれました(笑)

 

そのtweetがこちら

 

 口数の少ない子の事を「おとなしい子」と表現することが多いけれど、「おとなしい」のではなくて、「人と接するのを拒みがちな子/内にこもりがちな子」がかなりいるように思っていたりする。 必要な場面であっても喋れない・会話が成立しないってのは、ものすごく不利に作用すると思うのだけど。

 

「普段おとなしくても、必要な場面では声を出し自分の意志を主張できる」であればそれはいいと思うのだけど、「必要な場面であっても最初から最後まで声出すことすらも厭う」みたいに見える子もかなりいて、それはコミュニケーション上でかなり分厚い壁を持つことになるんでないだろうかと思ったり。

 

 

「おとなしい子ども」というのは、ある程度の年齢までは親にとって随分と楽だと思うんですよ

 

「うちの子おとなしくて…」というのは、あまり深刻そうに語られませんし、聞いた相手も欠点とは思っていないでしょう

 

しかし、成長するにしたがって「おとなしい」ことが不利に働く場面が増えてきます

 

上にも書いてあるように「普段口数は少ないけれど、自分の意思ははっきり伝えられる」というのであれば問題ありません

 

自分の意見を口に出さず、相手に読み取ってほしいと願うような子は、ちょっと大変だなと思うわけです

 

 

どなたかが研究しているかもしれませんが、私は「幼児期に親がどれだけ子どもと会話したか(言葉をかけたか)」が重要なのではないかと常々考えています

 

相手の言葉を聞き、適切な言葉を選び、声に出して答える

 

これほど脳の発達に影響を及ぼすことはないのではないでしょうか

 

「うちの子は口から生まれたのかと思うほどおしゃべりで(^_^;)」

 

そう嘆くお母さんもいますが、私はいいことだと思って聞いてましたよ

 

 

最近では自分で自分のことを「コミュ障」とか「陰キャ」とか言う若い子も多く、そういった自分を受け入れてほしい、受け入れてもらえなければそれはそれで構わないみたいな、そんな雰囲気も見受けられます

 

対人的に、自分から積極的に人と関わろうとしないというか…それを「コミュ障」という言葉でごまかそうとしてませんかね

 

ネットの世界ではみんな饒舌なんですが(笑)

 

 

もっとたくさんおしゃべりして、小さいうちからコミュニケーションスキルを身につけてほしいなと思います

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
大人と子どもの認識の違い

まずは先日の問題の答え合わせから

 

I've learned talking with friends in Japanese is very different from speaking it to a person you meet for the first time.

 

わかりやすくするために、区切ってみましょうね

 

でも、この区切ることができるかどうかが一番のポイントだったりします

 

I've learned / talking with friends in Japanese is very different from speaking it to a person / you meet for the first time.

 

初めは現在完了ですね(完了・継続・経験とありますが、ここでは経験です。まあ、あまり用法にこだわらなくてもいいとは思いますが…現在完了は過去と今を同時に表すことができるものだと認識していればいいと思います)

 

talkingは動名詞、「日本語で友人たちと話すこと」で真ん中の部分の主語(主部)になります

 

be different fromは連語で、「〜と異なる」という意味です

 

itは何かというとJapaneseですね

 

personを後ろから修飾しているのが、you meet for the first timeです(あなたが初めて会う人)

 

直訳すると「私は、日本語で友人たちと話すことは、あなたが初めて会う人に日本語で話すことと、非常に異なるということを学んだ」

 

もう少しわかりやすくすると「あなたにとって、日本語で友達と話すのと、初対面の人と日本語で話すのは随分違うもんなんだねー、勉強になるわー」

 

 

さて、今日の問題は作図です

 

これも2015年の記事で一度出題しているものです

 

さて、今年はどのくらいできるかなぁ

FullSizeRender.jpg

私、この問題大好きです

ちゃんと式の意味を理解しないといけませんし、いつも生徒たちに言っている「完成予想」をしないと難しいですからね

FullSizeRender.jpg

これは、別解がたくさんあって面白かったですね

今のところ、3つ見つけています

FullSizeRender.jpg

いろんな問題集にも載っているかも

これも「完成予想図」作るのがポイントですね

 

 

さてタイトルの件ですが…

 

子どもって納得していない時、何度言ってもわかってもらえない時、もう何も言えなくなって黙るじゃないですか

 

でも、大人って「沈黙は肯定」と捉えることありますよね

 

さっきまで文句言ってたけど、言わなくなったから納得したんだなと

 

ここに見解の相違が生まれるんですよ

 

 

子ども「私は納得したなんて言ってない!」

 

大人「だって黙ってたじゃないの!」

 

 

そりゃ、話も噛み合いませんわ(^_^;)

 

皆さんも注意してくださいね

 

大人も子どもも(笑)

 

 

今日から冬休み特別時間割でしたが、本格的に午前中から人が来るのは明日から

 

12時間労働なので、ブログも短くなるかもしれません

 

ご容赦を

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/132PAGES >>
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode