札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
これはもっと語られるべき問題だと思う

まずはこちらの記事をご覧ください

 

生理と重なった五輪 伊藤華英が語る、女子アスリートと思春期の付き合い方

 

確か、中国の水泳選手もリオ五輪の時に生理中だと発言して話題になっていたと思います

 

これ、受験もそうだと思うんですよね(-_-;)

 

私も含めて、男性には生理の辛さってわからないと思うんですよ

 

傷みもそうですが、精神的に不安定になることもありますし

 

それが、入試と重なったら…

 

 

女の子で成績にムラのある子がいた場合、こういう要素も多分にあると思うのです(男性の塾の先生、いいですか?)

 

そして、本人は「生理が原因で…」とは言えませんよね

 

 

で、この記事の中でも書いてあるように、ピルの服用を考えることになると思うのですが

 

「副作用のこともあり、慣れるまで3か月くらいかかる。だから、いきなり大会で、というのは私の経験から言うと厳しい」

 

来月のセンター試験で、ぶっつけ本番でピルを試そうと思っている人は、このあたりのリスクも考えておいた方がいいと思います

 

服用したときに自分の体にどんな変化が起きるのか?知らないまま本番を迎えるのは危険です

 

そう考えると、入試前に前乗りして宿泊するケースがあるじゃないですか

 

本当はあれも、地元で一度経験しておいた方がいいかもしれませんね、ホテルで一泊した次の日の自分の状態をしるという意味で

 

何事も、「ぶっつけ本番」は危険だということです

 

 

どうしても、この生理についての話題は、避けられがちなんですよね

 

男性側からも聞きづらいですし、女性側も「言ってもわかってもらえない」と

 

結局、どちらの側からも話ができないまま

 

さすがの私も、生徒に対して「生理大丈夫か?」なんて聞けません(^_^;)

 

ですから、この辺りのサポートは保護者の方にお願いすることになりそうです<(_ _)>

 

 

女性は大変ですね

 

でも、男性でも知らない人多いと思いますよ、彼女や奥さんからそういった話をされなければ、わからないままだと思います

 

自分は…それなりに理解しているつもりです(^_^;)

 

 

女の子の受験生を持つ保護者の皆さん

 

お子さんの生理周期や重さ・症状などを聞いて、しかるべき対応を取ってあげてください

 

来月のセンター試験には間に合わなくても、2月の二次試験、3月の公立入試には十分に間に合いますよ

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
学習(進路)相談について

まずは、一昨日の問題の答え合わせから

 

I thought we should know where the food we buy comes from and how it is brought to our table.

 

まず I thought (that) で、私は思った→何を?

 

we should know で、私たちは知るべきだ→何を?

 

where the food we buy comes from で、間接疑問文&関係代名詞(後置修飾)、主語はthe food (that) we buy 私たちが買う食べ物

この部分の訳は、私たちが買う食べ物がどこから来るのか

 

and how it is brought to our tableで、andはwhere以下とhow以下の等位接続、how以下は間接疑問文

この部分の訳は、それ(食べ物)がどのように私たちのテーブルまで持って来られるのか(受動態)

 

全文訳は「私は、私たちが買う食べ物がどこから来て、どのように私たちの食卓まで持って来られるのかを知るべきだと思った。」となります

 

いかがだったでしょうか?

 

それでは、今日の問題です

 

次のうち、最も沸点が低い物質はどれか。ア〜エの中から1つ選びなさい
ア:銅 イ:水 ウ:塩化ナトリウム エ:窒素

 

2年前の同じ時期に出題してます(笑)さて今年の出来はどうでしょうか?
 

 

さて、今日、学習(進路)相談の電話を受けて気づいたのですが…

 

今年はこのブログで有料学習(進路)相談の詳細を告知していませんでしたね(^_^;)

 

引っ越し先の学習相談塾に登録したことで、一仕事終えた気になっていました(笑)

 

既に学校での三者面談を終えた方が多いでしょうから、需要があるかどうかわかりませんが、一応告知しておきますね。

 

 

有料学習(進路)相談

面談(60分)+受験終了時までの電話・メールでのサポート付きで、6,000円。

ご希望の方は、メール(manabiya-mugen@indigo.plala.or.jp)または電話(011-595-8394)にてお申し込みください。

なお、面談については、土曜日の午前中か午後の早い時間(2時まで)と日曜日しか行うことができませんので、ご了承願います。

(保護者の方のみの場合は、平日の午後2時までも面談可能になります)

※面談は本人同席、保護者の方のみいずれでも構いませんが、保護者の方のみの場合もお子さんに面談する旨はお伝え願います。

 

今年は…これまで5人ですか、去年より多いですね(^_^;)

 

塾に通われている方、そうでない方

 

札幌圏にお住まいの方、それ以外の方

 

本当に様々です

 

相談を受けているご家庭も、私にとっては塾に通っているも同然ですし、それはこのブログを見ている方についてもそうです

 

残りの期間、よろしくお願いします

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
採点者は誰だ?

道コンの採点は、実施する塾で行うか、事務局採点(DIGMA)かのどちらかですが、両方経験している私から言わせてもらうと…

 

事務局採点の方が甘いと感じることが多いです

 

それは、以前事務局に答案を送る前に私が採点して比べて見たのところ、同じか事務局採点の方が高いことがほとんどだったからです

 

採点方針を以前聞いたところ「疑わしきは受験者の利益に」ということで、あいまいな部分は正解扱いすることが多いからなんでしょう

 

私なんかは、どちらとも取れるような記号を書いていたら、容赦なく不正解にするので(^_^;)

 

塾の先生なんかでもいると思うんですよ、ここは今回注意だけに留めておいて、減点はしないでおこうと

 

塾内での小テストなんかではいいと思いますよ、でも公開模試でそういうのは…

 

塾内平均点の兼ね合いもあって、少しでも高い点数をつけたいという、あまり好ましくない考え方をする人もいるかもしれません

 

で、そういった甘い採点に慣れてしまうと…

 

本番の入試で痛い目を見るかもしれません(´;ω;`)ウゥゥ

 

特にTOP校を受験する場合は

 

何せ平均点が高いです

 

普通に点数をつけたら差がつかない場合も出てきます

 

そうなった場合…採点を厳しくすることで差をつけようとします

 

社会や理科なんかでは記述の分量が少なくて難しいですし、数学も部分点が適用されるところは比較的少ないです

 

そうなると、国語の記述や英作文(記述回答も含む)でしか差をつけることができなくなりますよね

 

 

そこで受験生の皆さんに意識してほしいのは「自分しかわからないような文を書いていないか」です

 

採点は人がするものです

 

自分は何を書いたかわかっても、採点者がわからなければ点数にはなりません

 

定期テストのように後で答案を持って行って説明することもできません

 

国語の記述、英作文、数学の関数・証明・裁量の記述

 

自分で答え合わせをした後に、できれば違う人の目で見てもらった方がいいでしょう

 

何なら塾の先生でなく、友達同士でもいいかもしれません(ただ率直に意見を言い合える子にしてください、遠慮して「うん…いいんじゃないかな…」では意味がないので)

 

自分に甘い採点をしているかもしれませんよ?

 

 

うちの教室では、今日三者面談が終わりました

 

中3生は、それぞれの生徒が様々な課題を突き付けられています

 

残り84日

 

その課題を全ての生徒が克服して、笑顔で合格発表を迎えられますように

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
二日で一題

昨日は、ゆっくり休み、それに伴いブログも休まさせていただきました

 

今年は日曜日にブログを休むことが多いんですよね(^_^;)

 

まあ、無理やり書いても読んでいてつまらない記事になるでしょうし、それなら書かない方がいいでしょう(笑)

 

と言いつつ、今日も特に書くネタがなかったりします…

 

なので、こういう時は「数年前はどんなこと書いていたのかなー」と過去記事をあさったりするのですが、面白そうな問題を出題している時もありましたね(不定期ですが)

 

 

よし!

 

毎日だと大変だから、二日で一題のペースで、教科を問わず面白そうな問題を出すことにしましょう(*´▽`*)

 

まず、今日はこの前、八反田先生のツイートで流れてきたこの問題を

 

I thought we should know where the food we buy comes from and how it is brought to our table.

 

これの文構造と日本語訳、わかりますかね?

 

答えは…明後日に次の問題を出題する時にしましょうね(笑)

 

じっくり考えたい人もいるかもしれないので

 

そうそう、問題を出すからと言って、ちゃんとした記事を書かないということはありませんから(笑)

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬期学習生の申し込みを見て考えたこと

今日で、冬期学習生の面談も終わり、メンバーが確定したのですが

 

これは…(笑)

 

地元の方が0で、私立中学に通う方が3名って、本気で移転考えた方がいいんじゃないんですかね(^_^;)

 

そもそも、ある1つの場所で教室を開くっていうのが、どうなの?って最近は思ってます

 

結局、その近所の方は通えても、他の方には「近かったら通いたかったんですけど…」って言われるんですよね

 

まあ、「遠くても通いたいと言ってもらえなければ!」と言われたら、「はいそうですね(-_-;)」と返すしかないのですが

 

それなら、私が動き回った方がいいんじゃないかとも思ったりもするのです

 

でも、週1で近くに来る塾って需要あるのかな(笑)

 

仮にそうだとしても、やはり拠点になるような場所は置きたいんですよね
 

 

という風に、冬期学習生から色々と妄想を膨らませてみました

 

来るべき時が来たら発表しますし、ここをご覧の皆さんの手を借りることもあるやもしれません

 

アンケートとか(笑)

 

 

さて、やっと雪かきも一段落したと思っていたら、週明けまた荒れた天気になるようですね(^_^;)

 

しっかり休養を取っておこうと思います

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
休む理由

普段は、あまり合格実績がどうしたこうしたと、ブログには書かないのですが…

 

2017年度の合格者第1号が出ました(*´▽`*)

 

国公立大学の自己推薦で出願者9名中合格者4名、見事狭き門を突破してくれました

 

この教室の立ち上げ当初から通ってくれている3人のうちの1人です

 

6年近くの付き合いですからね…多分、教室で一番泣かせた子だと思います(笑)

 

これから大学入学までの間の過ごし方、くれぐれも廃人みたいな生活にならないように!

 

 

今日の札幌は天気図を見たら、まさにピンポイントで大雪が降る気圧配置でしたね(-_-;)

 

等圧線が縦に並ぶと札幌でたくさん雪降りますからねー

 

で、雪が降った日にこういうことを言うのも何なんですが…

 

「雪が酷いので休みました」というのは、私からすると残念な部類に入ります

 

もちろん、出歩くと命の危険がある時や、車で送迎する場合など渋滞で塾まで行くのに相当な時間がかかるケースは除きます

 

普通に歩いて塾に来れる範囲の生徒に関してですね

 

多分こういう子は「ちょっと頭が痛い、お腹が痛い、具合が悪い」という理由でも休むと思います

 

そして、保護者の方もすぐ認めてしまうんです、それを

 

塾に行くということを軽く考えているとも言えますよね(振替などが利くと、よりハードルが下がる)

 

でも、決めたことはきちんと守ってもらいたいんです

 

さくら個別の國立先生も言ってますが、その具合の悪さや雪の酷さは「自分が楽しみにしているイベントをキャンセルするくらいなのか」というのが、休む上での判断基準になると思います

 

意志の弱い子は「今日塾休みたいな…」と思った時に「でも、今日が楽しみにしてた〇〇の日だったとして、それを休むほどか」と置き換えて考えてみてください

 

塾と、楽しみにしていたイベントを、同じ位置で考えるという、ちょっと無謀な話ではありますが(-_-;)

 

何で、こんな記事を書いたかって?

 

「毎日来る」と約束していた生徒が休んだからに決まってるじゃないですか(-_-;)

 

せっかく頑張ってたのにな…2週間くらいか、続いたの

 

 

明日は朝から雪かきですかね…頑張ります

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
おうぎ形

今日の中1の数学の授業で、平面図形のおうぎ形の弧の長さ・面積・中心角を求める問題を扱ったのですが…

 

参考書や問題集に載っている(教科書もか)公式

 

一切教えません(笑)

 

おうぎ形とはどんな図形なのか?

 

円との関係性は?

 

そういったものを理解せずに、公式にただ数字を入れて答えを出したところで意味ないですからね

 

後日「公式忘れたから解けません」と言われるのがオチです

 

小学校の復習を兼ねて、円の周りの長さと面積の出し方を復習

 

おうぎ形は円の一部なんだと図を書いて説明(扇子を持ってくるのを忘れてしまいました、センスな…うわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp)

 

半径を円の中心を軸に360°回転させたものが円だから、1°回せば中心角1°のおうぎ形ができるでしょ?ということは円周や円の面積を360で割れば1°のおうぎ形の弧の長さや面積が出せるよね?と(÷360×中心角と、比を使って求める方法を説明。結局どちらも公式と同じ式になりますが笑)

 

これで中心角がどうなろうが出せますが、一応30°や45°、60°などが360°の何等分かを、これまた図を書いて説明(わかれば速いですからね)

 

これだけです

 

半径6cm、弧の長さが4πcmのおうぎ形の中心角は?と聞かれたら

 

まず円周が、6×2×π=12π(cm)

 

弧の長さと比べたら÷3なので360÷3=120°

 

こういう解きかたができた上で、公式使うって言うんなら使えばいいと思うんですよ(^_^;)

 

 

さあ、どれだけの生徒が忠実にこのやり方を真似てくれるか…

 

結局、自分の使っている問題集に公式が載っていたら、それを使ってしまうという生徒もいますからね(-_-;)

 

あなたは、何のために私の授業を受けているのかと(笑)

 

 

さて、いよいよ明日から当教室での中3生の最後の進路面談が始まります

 

明日は、その面談の席でも使われる、11月道コンのデータからの志望者動向の変化についての記事を更新する予定です

 

お楽しみに

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
原因が分かった

私の教え子たちはみんな知っている、中3生恒例の社会の復習小テスト

 

地理だけでも、都道府県・県庁所在地、世界の主な国、世界の主な首都、世界の山脈・川・海・大陸、日本の山脈・川・平野・海、世界の気候帯、日本の気候帯、工業地帯(地域)の位置、工業地帯(地域)のグラフなどなど

 

とにかく、私にしてみると「これを知らないで、どうやって地理の勉強進めるの?」といったことばかりなのですが…

 

実は、今年の中3生、社会の点数が伸び悩んでいます

 

もしかしてと思い、今日の受験対策の時間に強制的に(夏休みに一度、この時期にもう一度行うのですが、いつもは自分のペースで受けてもらっています)やってみたら…

 

まあ、ボロボロでした(^_^;)

 

一問一答はマメに受けているんですがね、地図が出てくるこのテストは覚えにくいから、今まで放っておいたんでしょう(-_-;)

 

もうバレましたからね

 

一問一答よりも、こちらを先に受けてもらいましょうか

 

もし、社会の点数が伸び悩んでいる人がいれば、一問一答なんかよりも、上に挙げたようなことがしっかり頭に入っているか確認してみたらいいと思いますよ

 

 

さて、明日は久々の日曜日のお休みです

 

先週、先々週と外しているG1予想は…

 

真面目な予想は4番のノンコノユメ、ふざけた予想は16番のローズプリンスダムです(*´▽`*)

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
熱量

うちの教室、定期テストのやり直し(解きなおし)をしてもらうんですけど…

 

もうやめようかな( ノД`)シクシク…

 

だって、模範解答丸写しのものを出されてもねぇ

 

何のためにやっているの?って話です

 

やれと言われたからやるではなぁ

 

次に同じ問題が出た時に間違えないように、自分の穴を今のうちにふさいでおくために

 

そのためにやってもらっているのに…

 

これが「テストのやり直し(解きなおし)の正しいやり方だ」と勘違いされたら、そっちの悪影響の方が大きいですからね

 

次回のテストから、やりたい生徒だけ、「分析」という形を取ろうかと思います

 

強制的にやらせたところで、「忘れた」「凡ミス」「知らなかった」という理由が大量に書かれて、私の精神衛生的によろしくないことになりかねないので

 

しかし…

 

追試もやめる

定期テストのやり直し(解きなおし)もやめる

 

2年前には考えられませんな(^_^;)

 

私の熱量が落ちたからなのか、こういう状況になったから落ちているのか、どちらなのかはわかりませんが、私以上にここ2年ほど生徒の熱量は明らかに落ちましたね

 

できない問題ができるようになりたい!

知らなかったことを知りたい!

 

そういった意欲は薄く、決められた日だから教室に行く、到達度テストも受けろと言われたから受ける、点数が良かろうが悪かろうが、問題が正解でも不正解でもどちらでもいい

 

そういう風に見えるんですよね

 

感情を表に出すのが、カッコ悪いとか恥ずかしいと思っているのか

 

それとも出し方を知らないのか

 

もっとギラギラしてほしいんだけどなぁ

 

 

毎年受験生には「受験までの期間、俺にした質問量と成績の伸びは比例するからな」と言っています

 

しかし、「これまでの期間、質問してこなかった生徒が、受験直前になって質問してくるようになるか?」と尋ねられたら

 

「そんな生徒はほとんどいません」

 

と答えるでしょう

 

そんなに簡単に、人なんて変わりません

 

でも、ほんのわずかですが、いないこともないんですよね

 

その「わずか」を期待して、今年も質問が来るのを待つことになりそうです

 

 

明日からはいよいよ12月

 

ホント、1年経つのは早いですね

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
やり直しより大切なこと

 

 

今日は11月29日

 

いい肉の日ですね

 

 

ブログの内容には特に関係ありません(何となく言ってみたかった笑)

 

 

さて、11月道コンを受けたみなさん

 

やり直し(解きなおし)はしましたか?

 

塾の課題で出されたから、何となく解説読んで、よくわからないけれど赤ペンで答え写して済ませたりしていませんか?

 

そんなのなら、やる意味ないですよね

 

慧真館の岸本先生が、こんな記事書いてます

 

考えているようで実は全然考えていない人

 

模試(道コン)のやり直しと言って、解説をザーッと読んで赤ペンで答え写して「わかったふり」をするくらいなら、当日の記憶をたどって、自分はなぜこの答えを書いたのかを突き詰めた方がいいですよね

 

本当は思考の過程を問題用紙に残しておくのが一番です

 

試験中に余裕がなければ試験後で構いませんよ(その日のうちに)

 

難しく考えなくてもいいですよ?

 

自分の頭の中で考えたことをメモするだけでいいです

 

なぜ、その答えになったか?

 

何を求めようとしたのか?

 

そうすることによって、自分は何が分からなくて、この問題が解けなかったのかも明確になるはずです

 

そうそう、当てずっぽうで答えを書いた(勘で選んだ)問題には印をつけておきましょうね

 

偶然正解していたというのが、一番困るからです

 

だって、正解しているからやり直しするのを忘れるかもしれないでしょ?(-_-;)

 

 

模試は、自分の現在地を知らせてくれるもの

 

今の自分に何が足りないのか?

 

今の自分がやるべきことは何なのか?

 

合格可能性に一喜一憂するものではないんですよ

 

より具体的に、自分の弱点をあぶりだして、それを克服するための対策を立てましょうね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/131PAGES >>
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode