札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
学力が伸びる子の特性

これも、学校別平均点集計の際のアンケートで要望のあった内容ですね

 

私が、これまで見てきた生徒でしか話ができないので、もしかすると偏っているかもしれませんが(^_^;)

 

 

塾に通い始めてから学力を伸ばした子の共通点は「勉強して問題が解けたり、テストで点数が取れるようになったりして、楽しくなっちゃった」ということです

 

何だ、当たり前のことじゃないかと思われるかもしれませんが、これには1つ重要な要素が隠されていまして…

 

「真っ当な方法で成績が伸びたり、点数が取れるようになったりしたケースのみ」であることです

 

要は、裏技的なものを駆使したり、過去問漬けで点数取ったりしてはダメってことですね

 

ゲームに例えると「チート」でクリアしたりランキング上位に入ったりしても、本当の力はついていないし、やっている本人も楽しくないでしょってことです

チートとは、広義にはコンピュータゲームにおいて、ゲームに備わっていない機能を用いることで、使用者が優位になる行為である。 狭義には、ゲームを優位に進めるために制作者の意図しない動作をさせる不正行為を指す。制作者が意図して組み込んだ裏技や、改造行為そのものを含む場合もある。

 

後は、性格的な要素として、素直であること(人のアドバイスをすんなり受け入れることができる)

 

それとは相反するようですが、「いい意味で適当」であること

 

あまり真面目過ぎるのも効率面で良くないです

 

時には「まあ、そんなもんなんだろうな」と流すことも必要なので

 

さらに、混乱させるようなことを言って申し訳ないのですが「前向きなめんどくさがり」であることですね(笑)

 

例えば、まともに計算するととんでもなく時間がかかりそうな問題とかあるじゃないですか

 

前向きなめんどくさがりは、何とかして楽に計算できないかと考えるんですね

 

そんな風に、常に「楽をしてやろう」と頭を働かせているんですよ

 

それは賢くなりますよね

 

 

そして、最も重要なのが「国語ができる」こと

 

今まで、TOP校の判定がどんなに厳しくても、最後でひっくり返してきた子は全て「国語で全く点数を落とす心配のなかった子」です

 

なので、私は小学校の内は英語よりも国語を勉強してほしいんですよね

 

また、小学校に入る前の段階であれば(入ってからも低学年の間は)、どんどんお子さんと会話してほしいと思います

 

テレビを見せたり、スマホで動画を見せたりすれば、子どもは夢中になって楽かもしれませんが、それで賢くなるかと言われると…

 

私にはそうは思えないんですよね(-_-;)

 

 

ちなみに、本を読むかどうかはあまり関係ないと思います(ダメというわけではありません)

 

ただ、本ではなくても文章を読むことはしておいた方がいいでしょうね

 

私は、新聞とマンガとテレビで育ちましたから(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
明日の私立入試に向けて

1月の札幌日大の推薦3入試を受けた人以外は、いよいよ明日の私立高校A日程の入試から、本番スタートですね

 

ここから3月4日の公立入試までの16日間、恐らく今までで最も濃い期間を過ごすことになる人がほとんどだと思います(高校入試よりも特殊なイベントを経験している人もいるでしょうから)

 

とにかく、1分1秒が貴重だと感じるはずです

 

何で、こんなに時間が足りないんだと思うはずです

 

その思いを忘れないように

 

3年後の大学入試では、その思いがより強くなるでしょうから

 

忘れてしまうんですよね、入試が終わってしまうと

 

 

明日の入試は、ランクが足りないなどの事情があるにも関わらずチャレンジをする人以外は「高校に合格する」こと自体は問題ないはずです

 

もちろん、上位コースや特待生などを狙っている人は、当日点を取らなければ希望は叶わないわけですから、そういった意味では入試の緊張感を味わうことができるでしょう

 

それ以外の人は…どうかな(^_^;)

 

この私立入試の「ゆるい雰囲気」をそのまま公立入試に持ち込んでしまうと、当日飲み込まれますよ

 

ですから、くれぐれも明日で「入試を舐めない」ように気を付けてくださいね

 

 

それと、私立公立関わらず(特に私立)、試験中だけではなく色々な場面で行動を見られていると思った方がいいですよ

 

それだけで不合格にするかどうかはわかりませんが、家に帰るまでが遠足ではありませんが、家に帰るまでが入試だと思って行動しましょうね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
あなたは何点取りたいのですか?

今日は、先日行った1月道コンの平均点集計の際にもらった質問に答えてみましょう

 

「公立受験 数学なかなか時間内に解けません。一問でも一点でも多く得点したいです。今から何をすればよいでしょうか。(>人<;)」

 

同じような悩みを抱えている受験生は多いと思います

 

でも、そういった方に逆に質問しますが…

 

「あなたは数学で何点取りたいんですか?」

 

60点満点ですという人はごめんなさい(笑)

 

でも、そうでなければ

 

仮に40点とか45点とかが目標であれば、やりようはいくらでもあるはずです

 

 

まず、「始め」の声がかかっても、いきなりがっついて問題を解かないように

 

解ける問題と解けない問題を選別しましょう

 

○・△・×など、自分だけがわかる記号で構いませんから問題用紙に記入していくのです

 

そうですね、2・3分といったところでしょうか

 

これで「後ろの方に、解ける問題があったのに時間切れになった」ということからは解放されます

 

それと、自分の力では解けないだろうという問題に、ムダに時間を使うこともなくなります

 

ただ、一言言わせてもらうと

 

 

「公立高校レベルの数学でヒーヒー言っていたら、国公立大学理系の道は厳しい」と考えておいた方がいいですよ

 

 

上に述べた方法は、あくまでも「志望校に合格する」という点において有効だというだけです

 

 

それと共通問題におけるスピードアップ

 

「大問2なんて、間違えないし」と余裕ぶっこいているくらいなら、同じ解くにしても「より速く」というのを意識するだけでだいっぶ変わってくると思います

 

結局は、裁量問題を解き始めるときに、どれだけ時間の貯金ができているのかがポイントの一つだと考えます

 

 

最後に、裁量問題の対策もいいですが、勝負は「共通問題の出来」で決まりますからね

 

裁量の得点率が5%を切るような問題の演習やるくらいなら、関数・証明、何が出題されても満点が取れるようにしておいたほうがいいですよ

 

 

公立入試まで残り3週間と少し

 

日曜日も明日を入れてあと3回

 

ラストスパートです

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
ある私立高校の問題から

まず、お知らせです

 

色々と思うところがあり、コメントへの返信を控えております

 

コメント欄自体を閉じることは「今のところ」考えていないので、コメントしていただくのは構いませんが、返事はいつになるのかわかりません

 

ご了承ください

 

 

先日、Twitter上で、こんな問題が話題になっていました

 

何でも、私立高校の入試問題だったそうで…

 

iPhoneImage.png

 

半径4cm、弧の長さ4cmの扇形の面積を求めなさい

 

え?弧の長さ4πじゃないの?と思った方

 

私も最初そう思ったのですが、すぐに違うとわかりました

 

ちょっと、考えてみてください

 

その間に、全然関係ない話を書いておくので(笑)

 

 

今日の推薦入試を受験してきた人、お疲れ様でした

 

これから内定発表まで約1週間あります

 

「もし合格していたら…」と思ったら、受験勉強が手につかないかもしれませんが、推薦入試の怖いところはまさにそこで、受験直前の1週間、フワフワした気持ちで過ごさなければいけないというところです

 

「合格したら儲けもの」とは口にしていても、心のどこかで期待してしまいます

 

難しいですね

 

まあ、チャンスが2回ある分のハンデと思ってもらえばいいでしょう

 

そして、明日は出願変更後の倍率発表ですね

 

例え、自分の受験する高校の倍率が上がろうと下がろうと、一喜一憂せずに、自分の力では動かしようのない倍率よりも、自分の力で何とかなる当日点を上げることに力を注ぎましょう

 

 

さて、もうそろそろいいですかね

 

解答です

 

iPhoneImage.png

 

扇形は円の一部分ですから、円の面積を求めた後、円周と弧の長さの割合から計算することができます

 

ん?面積なのにπはつかないのかって?

 

つかないんですねー(´-`).。oO

 

 

公立入試には出ないでしょうが、私はこれを出題した私立高校はセンスあると思いますよ

 

ただ、公式や解き方を覚えている子ではなく、きちんと知識を活用できる子がほしいんだなーって

 

まあ、全員、このような問題を見たことがないという前提の上での話ですが(笑)

 

このように、解き方説明されてしまったら…ね

 

 

でも、これを、また別の問題を解く際に生かすことができるかどうかは、あなた次第です

 

今日、某私立高校の問題を質問されたのですが、先日解説した2月道コンの問題と本質的には同じだったんですよ

 

図形なのかルートなのかの違いだけで

 

ただ、その生徒は気づかなかったようです

 

そういうものなんですよ

 

 

ですから、問題を解く(答え合わせをする)際は、その問題だけでなく他の問題にどう活用するのか、そういった視点で見てほしいと思います

 

 

ちなみに

 

iPhoneImage.png

 

数2の三角関数でさっきの問題は出てきます(笑)

 

だからと言って「高校生の問題じゃん!」と言ってはダメですよ(´-`).。oO

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
明日は公立高校の推薦入試です

早い時間に更新しないと寝てしまうかもしれないので(笑)

 

明日は、公立高校の推薦入試があります

 

札幌近郊は、推薦の定員内しか志願者がいないところがほとんどですが、必ずしも全員合格するというわけではありませんので、気を付けてくださいね

 

適性試験とかリスニングがある学校もありますが、ほとんどの高校で行われるのが面接です

 

緊張するなというのは無理ですし、面接官の先生もあなたたちが緊張してるのはわかっています

 

わからないことまで、無理をしてあやふやな回答をすると、突っ込みを入れられてどうしようもなくなることもあります

 

想定外のことを聞かれた時は「少し待ってもらえますか?」と言って一呼吸置き、わからないのであれば素直に「わかりません」と言うか、答えられる範囲で答えましょう

 

面接はコミュニケーションの場です

 

練習して暗記してきた模範解答を発表する場ではありませんからね

 

「知らない大人と、会話を楽しんでくる」くらいの感じで受験してきてください

 

 

ちなみに、今まで高校大学入試問わず100%の確率で合格しているジンクスがありまして…

 

「面接官の先生が笑った」

 

当の本人は「笑われたから変なこと言ったんだ…」と思っているケースが多いのですが、いやいや緊張感漂う面接の場で笑いが起きるって相当ですよ

 

その報告を聞いたときは、私は心の中でガッツポーズしてます(笑)

 

コミュニケーションがうまくいったんだと、前向きにとらえてくださいね

 

 

最後に、学校で配られている想定集にはないかもしれない質問をいくつか載せておきます

 

何と答えるか、考えてみてくださいね

 

「なぜ推薦入試を受けようと思いましたか」

「あなたが今、一番興味のある国(行ってみたい国)はどこですか」

「英語(他の教科)を学ぶ意味や必要性についてどう思いますか」

「高校の勉強と中学までの勉強の違いについて、どう思っていますか」

「今までで印象に残っている授業や学習内容について話して下さい」

「部活と勉強を両立させるために必要なことは何だと思いますか」

「高校生(中学生)のスマートフォンの有効な活用法について、どう思いますか」

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
2020年1月道コン 中学校別平均点を公表します

まず、調査に協力してくれたたくさんの方にお礼申し上げます

 

ありがとうございました

 

今回も一言の欄で励ましや応援の声を数多くいただきました

 

重ねてお礼申し上げます

 

残念ながら、8月の集計と比べてデータ数が減ってしまいました(56→46)

 

特に、中央区の向陵・啓明の両中学校のデータが集まらなかったのは非常に残念でした

 

非常に残念でした(大事なことなので2回言いました)

 

ただ、昨年の集計よりは大幅にデータ数は増やせた(28→46)ことは良かったです

 

また、中1や中2は今回初めての集計でした

 

まだまだ、中3に比べて集まり方は悪いですが、中3だけでなくて中1や中2も集めることによって、縦の比較(その世代の中1から中3の推移)もできることになります

 

今後も、8月と1月の年2回の集計は続けていこうと思います

 

 

毎回のことですが、私がなぜ道コンの中学校別の平均点を調べようと思ったのかについて

 

1:学校間格差とは言われるけれど、実際にどのくらいの差があるのかを、ちゃんとした数字で知っている人は少ない

 

2:もし、顕著な学校間格差があるのだとしたら、そんな中で絶対評価とはいえつけられている通知表の成績が、高校入試の合否を決める重要な要素になっているのはおかしい

 

3:それぞれの生徒による個人差があるとは言え、住む場所によって学力に差が出るような状況は好ましくない

 

4:学力格差があることを知って、その地域に住む人たちにもっと子どもたちの学習環境や学習状況に関心を持ってもらい、中学校や塾に積極的に関わりを持ってほしい

 

 

1月の中3は、標準と裁量に分かれているため、裁量のみでデータを集めました

 

生徒数に対する受験者割合は出しておりません

 

それと、当然のことながら道コンを受けない(受けられない)生徒もいますので、ここで出ている平均点だけで学校間のレベルの差を完全に把握できるわけではありません

 

その点ご承知おきください

 

中1

 

中2

 

中3(裁量)

 

ちなみにこちらは、昨年1月のデータです

 

2019年1月中3(裁量)

 

平均点も違いますし世代も違いますので、単純な比較はできませんが、今後データが溜まっていけば経年変化を追うことで何か見えてくることがあるかもしれません

 

また、このデータを使っての細かい分析はあえて避けさせていただきます

 

それはまた、別の機会で行うつもりです

 

 

しかし…札幌市内全ての中学校のデータが集まるのはいつの日になることか(^_^;)

 

いや、札幌市内の塾の先生がみんな協力してくれたらすぐなんですけどね(笑)

 

まあ、地道に続けていくしかないでしょう

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
【重要告知】「君の名は。プロジェクト」始動

何のこっちゃと思うかもしれませんが(笑)

 

実は、2020年4月より

 

Five Schools (旧北大ファイブ)の村上先生を学びやむげん講師として迎え、水曜夜の授業を担当していただくことになりました

 

詳細は村上先生のブログをご覧ください

 

じゃあ、水曜の夜にあなたは教室で何をしてるの?と思われたそこのあなた!

 

私は、Five schools の客員講師として「高校入試対策Advancedクラス」を担当することになりました

 

そうです

 

水曜日の夜、私と村上先生がそっくり入れ替わるんです

 

「これってもしかして、俺たち・私たち、入れ替わってるー!?」

 

というわけで、勝手に「君の名は。プロジェクト」と名付けました(笑)

 

 

しかし…他の塾の先生が講師で来ることはあっても、そっくり入れ替わるという話しは聞いたことがありません

 

なかなかない取り組みですよね(^_^;)

 

村上先生は、学やむげんの生徒に授業をしたことがあると書いてありましたが、正確には「シグマゼミで村上先生が授業する際に、一緒にお願いした」というのが真実です

 

私も、月曜日にFive Schools で授業しましたが、いつもとは違う空間・生徒に対しての授業というのは、新鮮でもあり厳しい評価にさらされる場でもあります

 

私が中途半端なことをしたら、村上先生に迷惑がかかりますからね

 

 

ところで村上先生は、今も代々木ゼミナール札幌校で国語を担当し、本も3冊出すほどのお方

 

しかも、現役生のクラスは持っていないため「現役高校生(または中学生)」で札幌駅(大通)近辺で村上先生のライブ授業を受けることができる、ただ一つの場所ということになります(web生という方法もありますが)

 

いいのだろうか…自分の方が恵まれている条件のような気がしてならない…

 

 

具体的な中身などについては、これから詰めていくことになりますが、基本的に学びやむげんの生徒でなければ、この授業を受けることはできません

 

というか、うちは元々、教室を使った分だけ料金をいただきますよというスタイルですので、ぶっちゃけ村上先生の国語の授業だけ受けるということも可能ではあります

 

なにぶん定員制なので、満席になった場合はご容赦くださいませ<(_ _)>

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
【重要】1月道コンの中学校別平均点の集計にご協力ください

注:しばらくこの記事をTOPにします

 

先ほど、うちの教室に8月道コンの個人票が届きました

 

恐らく、皆さんの元にも今日中に届くと思います

 

過去数回同様、中学校間の学力格差を調べるため、1月道コンにおける各中学校の平均点を調査したいと思います

 

そして、今までは中3のみでしたが、今回から中1と中2についても集計を始めます

 

無記名な上、最後のコメントを入力しなければ時間にして1分かかるかどうかくらいのものです

 

下のリンクからアンケートフォームに飛べますので、ご協力よろしくお願いいたします

 

 

中1

 

 

中2

 

 

中3(裁量)

 

 

なお、これは中学校別の平均点の集計であって、個人の得点集計ではありません

 

くれぐれもお間違えの無いようにお願いいたします

 

札幌市内でデータが集まっていない中学校一覧

 

中1

豊平区(あやめ野・中の島・西岡北・東月寒・羊丘・平岸・陵陽)
厚別区(札幌青葉・厚別南・上野幌・信濃・もみじ台・もみじ台南)
南区(石山・定山渓・藤野・簾舞・南が丘・藻岩)

手稲区(稲積・手稲・手稲西・稲陵・稲穂・新陵・前田北・星置)

東区(丘珠・栄・栄町・栄南・札苗・札幌・東栄・福移・北栄・明園・元町)
中央区(中島・伏見・宮の森)
白石区(北白石・幌東・白石・東白石・米里)

北区(上篠路・光陽・篠路・篠路西・新川・新川西・新琴似・新琴似北・太平・屯田中央・屯田北)

清田区(北野・北野台・清田・真栄・平岡中央・平岡緑)

西区(西陵・八軒・八軒東・発寒・宮の丘・陵北)

 

中2

豊平区(あやめ野・月寒・中の島・羊丘・平岸・陵陽)
厚別区(札幌青葉・厚別南・上野幌・信濃・もみじ台・もみじ台南・厚別北)
南区(石山・定山渓・常盤・藤野・真駒内曙・簾舞・南が丘)
手稲区(稲積・手稲・手稲西・稲陵・稲穂・新陵・星置)
東区(丘珠・栄・栄南・札苗・札苗北・札幌・東栄・福移・北栄・明園・元町)
中央区(札幌中央・中島・伏見)
白石区(柏丘・幌東・白石・東白石・北都)
北区(上篠路・光陽・篠路・篠路西・新川・新川西・新琴似北・太平・屯田中央・北陽・屯田北)
清田区(北野・北野台・清田・真栄・平岡・平岡中央・平岡緑)
西区(西陵・八軒・八軒東・宮の丘)
 

中3

豊平区(あやめ野・月寒・東月寒・羊丘)

厚別区(札幌青葉・厚別南・上野幌・信濃・もみじ台・もみじ台南・厚別北)

南区(石山・定山渓・藤野・簾舞・南が丘・藻岩)

手稲区(手稲・稲穂・新陵)

東区(丘珠・栄町・栄南・札苗・札苗北・札幌・東栄・福移・北栄・明園・元町)
中央区(啓明・向陵・山鼻)

白石区(柏丘・東白石・北都・米里)

北区(上篠路・篠路・篠路西・新川・新琴似・新琴似北・太平・あいの里東・屯田北)

清田区(北野・北野台・清田・真栄・平岡中央・平岡緑)

手稲区(西陵・八軒東・陵北)



| 教育関係 | comments(7) | - |
センター試験リスニング第1問

センター試験を受験してきた受験生の皆さん、1日目お疲れ様でした

 

今日は文系教科だったのですが、私が個人的に気になっていたのが、英語リスニングの第1問です

 

一昨年

 

放送台本

男「見て、これ去年の春に撮った写真」

女「へぇ、お庭が綺麗ね」

男「後ろの摩天楼もいいだろ?」

女「…あら、あなたの隣の彼女は誰?」

 

修羅場じゃないですかー!やだー

 

 

昨年

 

 

ちょwww

 

 

以前、インタビュー記事を見たのですが、どうやら狙ってやっているようでして…(動揺させようとしているのではなく緊張をほぐそうと考えているみたいです)

 

最後のセンター試験である今回、いったい、どんな問題が出るのか…

 

受験生を過度に動揺させるものでありませんように(´Д`)

 

 

 

これは、和む(笑)

 

思いっきり路線変えてきましたね

 

よかった、よかった

 

明日は理系教科の2日目です

 

みなさんの健闘を祈ります

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
明日からセンター試験です

いよいよ、明日からの2日間、最後のセンター試験が始まります

 

幸い、北海道の受験生は穏やかな天気で臨めそうですが…関東地方は雪マーク出てますね

 

大きな混乱がなく受験できるといいのですが

 

 

公立入試前日のような、気の利いたことは言えませんが、それでも明日からの2日間に向けていくつかアドバイスをしておこうと思います

 

 

まず、細かい点から

 

携帯用カイロは使わなくても持って行った方がいいです

※会場が暖かくても、指先が冷たいのは結構なストレスになりますので

 

試験本番に関するアドバイスを、明日ぶっつけ本番で試すことがないように

※選択肢の選び方や、問題を解く順番など、今までに練習してきたとおりにしましょう

 

困ったときは、試験監督や会場スタッフの方に相談しましょう

※彼らはそのためにいるのです(笑)

 

答え合わせはいつやっても構わない

※2日目が終わるまでするなという人もいますが、気になって支障が出るくらいならやったほうがいいです

要は「自分が一番、平常心で臨めるようにコンディションを持っていく」ことが大事です

 

普段と違うことをするな

※かつ丼とか食べないようにね(笑)明日に備えて早く寝ようとかも。ただ夜更かしはダメです。

 

 

そして、最も重要なことですが

 

「マークミスや科目選択ミスにだけは気をつけて」

 

これ、やらなかったら、まずは第一関門クリアくらいに考えてください

 

それくらい、これはやらかしたときの破壊力があります(点数的にも精神的にも)

 

 

ぶっちゃけ、全教科うまくいく人なんていませんからね

 

大なり小なり失敗しますから(´-`).。oO

 

だから、やらかしたと思っても『あぁ、この教科だったか。しょうがないな。』で気持ちを切り替えることが大事ですよ

 

試験は2日間あります

 

1日目良くても、浮かれすぎないこと

 

1日目悪くても、凹まないこと

 

2日目の最後の教科が終わるまで、何が起きるかわかりませんからね

 

 

最後に数年おきに書く、ある塾の先生から聞いた「センター試験」の秘策?を書こうと思います

秘策と言っても、たぶん「え?そんなこと?」と思われるでしょうが(^_^;)

でも、実際に実行してみると結構な差がついたりしますよ


それはですね

「バーンアウトしないこと」です

燃え尽き症候群と言えば、わかる方も多いかと思います

アスリートなどがオリンピックでメダルを取ると、目標が果たされたことで競技を続ける意欲がなくなってしまうことです

受験生にも、これが当てはまります


センター試験という目標に向かって努力してきたわけです

そこで、一種の達成感のようなものに襲われ気を抜いてしまうと、しばらく二次試験の勉強が手につかなくなる

例えば、センター試験から帰る途中、ちょっと息抜きでもと帰りにカラオケでも寄ったとしましょう

多分、燃え尽きます

そして、気がつけばもう二月、その間に学力は下がっています

取り返そうとしても、センター試験前に戻すのが精一杯

伸ばすことなどできません

要は、終わった後も「よし、次は二次試験だ」と思って、いつものペースを崩さないようにしましょうということです

たった、これだけで判定が一つ変わるそうですよ(笑)

効果のほどは…絶対とはいいませんが、あると言えばありますね、今までの経験から言うと

 

 

では、皆さんが積み上げてきたものが100%発揮されることを祈ります

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | - |
1/130PAGES >>
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode