札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
塾探しサイトねぇ

昨日は、珍しく?ブログを書こうという意欲がわかなかったので、日曜日と交換させてもらいました

 

こら!そこ、ネタがないってタイトルのブログ、今までに何件書いたんですか?って言わない(笑)

 

これからも、こういうことはちょくちょくあるかもしれません

 

週に一度のお休みをいただくという形で、よろしくお願いします

 

 

さて、10日くらい前ですかね

 

1通の封書が届きました

 

表には、見慣れない会社名

 

何だろうと思って中を開けると、「札幌市の個人塾に特化した塾探しのウェブサイトを企画しております」とのことでした

 

ふーん、と添付された資料を眺めると…

 

 

宣伝になってしまうのが嫌なので、あえて会社名やサイト名は出しませんが、正直これでは集まらないと思いますよ

 

むしろ、ここに名前が載った方が…というやつです

 

そもそも、資料の中の次の表現が気になったんですよね

 

塾・教育ブログ

進学塾VS補習塾

 

おいおいおい(^_^;)

 

大手=進学塾、個人塾=補習塾って、あなたの会社では考えているってことですね

 

だって「札幌市の個人塾に特化した塾探しのウェブサイト」のタイトルが「札幌市補習塾探しサイト」なんでしょ?

 

別に補習塾が悪いという訳ではありません

 

私の塾のコンセプトにも書いてありますが、塾というものは病院のように専門があってしかるべきなんです

 

ですから、補習塾というものも、当然必要であると考えています

 

それぞれの塾の先生たち皆さんが、プライドを持って塾をやっているわけです

 

私は自分の塾を「進学塾」と掲げて運営しています

 

そこに、補習塾として登録しませんか?と営業かけられたら

 

「営業する相手のこと、もうちょっと調べて来いよな(#^ω^)ピキピキ」

 

そうなりますよね

 

 

熟長会のメンバーにも続々と届いているようですが…まあ登録する方はいないでしょうねぇ

 

いや、別に登録してもいいのですが

 

 

私としては、1回分のブログの記事にできたので、それだけで大満足です(笑)

 

一応、書類は記念に取っておきますよ

 

「資料が見たい!」とか「何というサイト名か教えてほしい!」という人は言ってください

 

こっそり教えます

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
入試説明会をやろうかな…

今日は、ちょっと告知的な記事を

 

昨年7月に実施して、好評?だった入試説明会

 

今年もやろうと思うのですが、当然7月の開催は難しい(というか無理)です

 

私立高校の説明会が9月末で大体終了しますし、前期の成績も出て、進路のことも本格的に検討しなければならない10月に行おうと思うのですがどうでしょうか?

 

学力AとBの間(もしかするとBとC)にはなってしまいますが…

 

まあ、私はそもそも学力テストを重視していないので(笑)

 

また、近くなったら告知しようと思うのですが、「いやいや8月に」「いやいや9月に」という声があれば、再検討してみます

 

8月は無理かな(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
習熟度別授業というけれど

今や、行っていない方が少ないのではないかと思われるほど、世の中に浸透した感のある習熟度別授業

 

クラス全員に同じ内容で授業を行うより、こちらの方がいいという意見については、確かにその通りだと思います

 

しかし、私が今日このタイトルで記事を書いたのは、習熟度別授業の是非についてではありません

 

 

近年、この習熟度別授業を受けている生徒から、次のような話を聞くことが増えてきました

 

「数学で一番上のクラスにいるから、落ちないように頑張りたい」

 

「英語で2番目のクラスにいるから、早く上のクラスに上がりたい」

 

いや、別に下のクラスに下がっても良くないですか?

 

どうして、上のクラスに上がることにこだわるんですか?

 

今、習っている内容が自分にとって理解が難しいのであれば、上のクラスにいることは苦痛になるでしょうし、2番目のクラスがちょうどいいのであれば、あえて上に挙がる必要もないのでは?

 

どうも、習熟度別クラスで一番上=優秀、という固定観念に縛られているように思うんですよね

 

本来、習熟度別クラスというものは、生徒をランク分けするために作られたのではないはずです

 

 

実際、どうなんですかね

 

単元ごととかに、細かくクラスを入れ替えたりとかしているのでしょうか?

 

テストごととかで、ざっくり分けているような気がします

 

数学などで、代数分野で好成績取ってクラス上がったのに、幾何分野に入って全く分からなくなったとか不幸だと思いますけどね

 

あと、生徒の意思とか反映されているのでしょうか(あえて上がらない、下がるという選択)

 

もし、よろしければ、どのように運営されているか教えていただきたいものです

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
1日10時間授業って…

学校ない日に講習びっしり 夏休み短縮で学習塾苦慮

 

「今年は夏期講習が行われる14日間、毎日ほぼ10時間の授業になる。どれだけ子供の集中力を保たせるかが重要」

 

 

( ゚д゚)

 

10時間授業を14日間?

 

子供たちの集中力を保たせるかが重要?

 

いや、無理でしょ(笑)

 

その10時間授業の内容は、いつ消化するんですかね(^_^;)

 

「日曜日など学校が休みの日は朝から講習を実施」ってそれは、もはや夏期講習とは言いませんよね

 

夏期講習組まないと売り上げ下がるから、必死なんでしょう(毒)

 

 

うちは、元々長期休暇中だからといって講習は組みません

 

まあ、学校が休みの分だけ、教室にいる時間が長くなるという程度ですかね

 

休校中にたっぷり復習してもらっていますから、そのアドバンテージを生かして実戦的な問題にどんどん取り組んでもらおうと思っています

 

復習だって、やるべきことは人それぞれですから、全体を対して行う授業にどれだけの意味と効果があるのか…

 

まあ、大手のように細かくクラス分けするならば可能でしょうが、うちの規模でそんなことはできませんからね

 

無学年の特別講義は行いますが参加自由ですし、おそらく夏は実施できないと思います

 

 

今年は、それぞれの塾の考え方が見えてくる、夏休み(夏期講習)になりそうですね

 

 

さて、札幌市と他の地域との往来制限が解除されたので、GWに帰省できなかったこともあり北斗市の実家に明日明後日と行ってきます

 

月曜日のブログは…父の日ネタですね(笑)

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | - |
6時間授業はどうでしたか?

さて、札幌市内の中学校は今日からほぼ通常通りの授業だったと思いますが、どうでしたか?

 

久々の6時間授業、かなり疲れたのではないかと思います

 

え?そうでもない?

 

それは頼もしいですね(´-`).。oO

 

うちの教室は、学校が通常通りに戻るのに合わせて、明日から平常通りの午後3時30分スタートになります

 

とは言っても、もう体はすっかり午後1時スタートに慣れてしまっていますからね…

 

家に居ても仕方ないので、結局早めに教室に来ているような気がします(笑)

 

皆さんも、早く6時間授業のリズムを取り戻してくださいね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
夏休みがー

かなり短くなりましたね(^_^;)

 

石狩以外の動向は耳にしていたのですが、今日になって札幌市の日程が発表になりました

 

小中学校とも、8月3日(月)〜8月7日(金)は午前授業給食なし

 

夏休み

小学校:8月8日(土)〜8月18日(火)

※小6は8月8日(土)〜8月16日(日)、8月17日(月)〜8月18日(火)は午前授業で給食なし

 

中学校:8月8日(土)〜8月23日(日)

※中3は8月8日(土)〜8月16日(日)、8月17日(月)〜8月21日(金)は午前授業で給食なし

 

今のところ、冬休みの短縮は予定されていないとか

 

まあ、これも今後再び休校になれば、変わる可能性がありますけどね

 

ちなみに釧路は、冬休みが12月29日(火)〜1月5日(火)らしいですよ

 

最初に聞いたとき「会社か!}ってツッコミ入れてしまいました(笑)

 

 

さて、この夏休みや冬休みの短縮を聞いて、私が思ったのは

 

「これは、今年度は道コン普通にやるのは無理じゃね?」

 

8月8日から夏休みとなれば、塾の夏期講習の設定も大幅に変更になるでしょう

 

そもそも、夏期講習できるの?って話でもあります(それなら別に統一実施日でも良さそうですが)

 

10日と11日なんて、まあ普通に考えれば無理ですよね

 

そしたら、春同様に実施日に幅を持たせるしかなくなります

 

冬は、まだ日月と連休なので何とかなりそうではありますが、そもそも学校が始まっている中でできるのかという問題もあります

 

まあ、ここで私がとやかく言っても始まりませんし、正式な発表を待つしかないですね

 

 

というわけで、これで例年なら使えている「夏休みを使って追い上げる」という作戦が、今年はほぼ使えないことが確定しました

 

こうなることを想定して、うちの教室は3月からの3か月を使っていたので、痛くもかゆくもないです(´-`).。oO

 

恐らく、うちの今年の中3は過去最速のペースで、受験勉強を進められていますので

 

こんな仕上がりが早い年は、今までに見たことがないですよ

 

逆に、冬以降に失速しないかが心配なほどです

 

まあ、このブログを読んでいる受験生も大丈夫でしょう(^-^)

 

今年は、先行逃げ切り型が圧倒的に有利な高校受験になりそうですね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
そろそろ元に戻しましょうね

緊急事態宣言は解除になりましたが、休校は今週いっぱい続きます

 

石狩管内以外では分散登校も始まっていますが、本格的に始まるのは来週1日でしょう

 

石狩管内は最初分散登校から始めて、それから徐々に日数や時間数を増やしてって感じでしょうか

 

完全に元に戻るのは7月からかな(´-`).。oO

 

 

さて、以前こんな記事を書きました

 

この差はなかなか埋まらない

 

あれから2週間経ちましたが、いかがでしょうか

 

長かった休みも残り1週間というのがほぼ確定しました

 

ここからは、夏休みや冬休み明けと同じですよ

 

生活リズムをそろそろ朝型に戻さないと、いつまでも午前中布団の中でゴロゴロしてる場合じゃないですよ

 

まあ、これだけ長く続いた休みですから、いきなりフルスロットルで授業行う訳にもいかないでしょう

 

そのための分散登校でもあるわけです

 

まあ、この休み中も生活リズム崩さず、いつもと同じ時間に起きて午前中から勉強していた人には関係ないですけどね

 

こういう時にも、差ってあらわれるんですよ…

 

とりあえず、早く起きるところから始めましょうか

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
説明会やるんですね

※旭川一のキャッチャーさん、資料届きました。ありがとうございます<(_ _)>

 

 

現在の状況を見越してでしょうか

 

チラホラと、塾対象の学校説明会の開催の案内が届くようになりました

 

今年は少なくとも夏までは無理だと思っていたんだがなぁ(´-`).。oO

 

いい機会なので、案内をいただいたところは参加して来ようと思います

 

ただし、記事にするかどうかはわかりません

 

塾対象の説明会を開催したことを、あまり外部に知られたくないという学校もあるかもしれないからです

 

 

じゃあ、やらなければいいのでは?とも思いますが(笑)

 

隠したところで、どこかから漏れ伝わるものですからね

 

ですので、今年「も」きちんと許可を得てから記事にしたいと思います

 

これでも、毎年ちゃんと説明会の後に質問に行って、ブログに載せていい内容とダメな内容を聞いてるんですよ(^-^)

 

好き勝手に書いているわけではないですからね(笑)

 

感想は、好き勝手に書いてますが

 

 

昨日、私の家には給付金の申込用紙が届きました(*´ω`)

 

マスクはまだです(笑)

 

まあ、送る方も大変ですよね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | - |
文武両道とまではいかなくても

部活や資格試験中止「不利にならぬ配慮を」 大学推薦入試で文科省通知

 

とは言ってもねぇ…

 

大学推薦入試だけでなく、高校入試、そして就職にも影響が出るであろう、この各種大会やコンクールの中止

 

それ自体はやむを得ないことなのですが

 

学生(指導者)側に、こういった事態が起きた場合のリスクなどについて、考えが及んでいたかと言うと微妙ですよね

 

私は塾の人間ですので、やはり学生は勉強が第一で部活・課外活動はその次であるべきだと思うんです

 

文武両道と簡単に言いますが、正直なところなかなかそうはいきません

 

しかし、何かあった時にカバーできるだけの学力を身につけておくことは、やはり大切だなと思いましたよ

 

それこそ、将来プロが約束されるレベルであれば、今回のような騒ぎでも評価が変わったりはしないでしょう

 

将来それで食べていくことができるか怪しい、中途半端なレベルの人が、一番影響を受けそうですよね

 

数年前の生徒で、スポーツでの高校進学を目指し、しかし家庭の方針でスポーツだけできてもダメだと、推薦入試の後も一般受験の生徒に混じって勉強を続けた子がいました

 

風の噂で、そのまま大学に進学したという話を聞きましたが、この先プレーヤーとして大成しなかったとしても、中学・高校時代に頑張った勉強はきっとどこかで、その生徒の役に立つと思います

 

最近は、スポーツの世界も戦術理解などの重要さが指摘され、身体能力だけではやっていけないことも増えてきましたからね

 

今までにも何度も書いてきましたが、部活や課外活動を理由に勉強しなくていいなんてことはありません

 

するべきことはしっかりしましょう(´-`).。oO

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
色々動きが出てきましたよ

昨日今日で、色々と情報が入ってきました

 

 

まず、石狩管内ではありませんが、来週から1日おきに(クラスを2つに分けて)登校する地域があるそうです

 

分散登校ですね

 

石狩管内以外は休業要請も一部解除になりますし、少しずつ日常が戻ってきそうです

 

 

次に夏休みについて

 

札幌市内の某中学校が8月1日〜20日という情報が

 

ちょっと特別な学校なので(これでバレる)、他の中学校がこれと同じ日程になるかはわかりませんが、これに近いとは思います

 

思った以上に休みが長いなというのが正直な感想です

 

これで大丈夫なんですかね(^_^;)

 

まあ、軒並み行事が中止になれば大丈夫なのか…

 

 

で、最後にこれは全国共通ですが

 

高校入試「出題範囲、配慮を」文科省、自治体に通知

 

特に気になったのがこの部分

 

工夫の仕方として、地域ごとの学習状況をふまえ▽中3の内容からの出題は適切な範囲となるよう設定▽問題を複数から選択できる出題方法とすること――などを例示した。

 

複数選択は、難易度などで有利不利ができる可能性が高いので、現実的には難しいでしょう

 

となると、範囲を狭める(中1・2範囲を多く出題する)が最も可能性が高そうですね

 

まあ、北海道はただでさえ、今春の入試(理科)で大問4問中2問が中3範囲とかやってましたので、多くて大問1つ下手すると大問4つとも中1・2範囲という可能性も出てきましたね(中3範囲は小問のみ)

 

公民分野も経済分野以降は出題なしとか、数学なら証明で相似を出さないとか空間図形で三平方の定理を使わないとか

 

国語と英語は、そこまで影響ないかな

 

もしかすると、英語で関係代名詞は出題しないとか、そんなもんでしょう

 

結局、この3か月間、徹底して中1・2の復習に取り組んでもらっていたことがプラスに働きそうです(´-`).。oO

 

良かった、焦って先取りとかしなくて(月末まで休校になった時点で、やっと「ここまでは最低限進めておいてねー」と指示出した程度です)

 

大学入試については、今のところ総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜(旧推薦入試)のことが中心で、共通テストについては何もアナウンスされていません

 

国語、数1Aや数2B、英語などは考慮されないでしょうが、物理・化学・生物・地学などの4単位理科は例年でさえ進度が危ういのにこのままだとかなり厳しいと思うのですが

 

特例として、今年だけ基礎の得点を2倍するとかで対応できないんですかね

 

 

一時期沸いてきた「9月新学期」という話も、いつのまにかなくなりましたし(何だったんだ?)、このままであれば通常通りということになりそうですね

 

ただ、まだまだ予断は許しませんね

 

秋から冬になって再びという可能性もありますし

 

とりあえず、我々は「いつも通りに入試が行われる」という前提で準備を進めるだけです

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | - |
1/133PAGES >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode