札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
黒いたかとりーな

昨日のこと

 

ここ1,2ヶ月穏やかに過ごしていたのに、久々に私の暗黒面が顔を出しました(-_-;)

 

 

理由は、生徒の勉強に対する姿勢ですね

 

特定の生徒に限った話ではないのですが、できないもの(わからないもの)をそのままにして誤魔化そうとするんですよ

 

今回の例では、英語において、文法などはまるで無視して、答えを丸暗記して乗り切ろうとする

 

そういう姿勢(行動)が見られました

 

もちろん、そんな指導は普段からしていません

 

すぐに通用しなくなるのが明らかですから

 

今までのクセ(習慣)なのでしょうね

 

 

勉強ができると周りから評価されている子は、この辺りからして違います

 

先日の面談で、ある生徒に「何か勉強面で気になっていることはない」と尋ねたところ

 

「1,2年生の復習をしていると、簡単なことを忘れていて不安になります。」

 

この生徒は、

 

 

忘れていることに対して、きちんと向き合うことができている

 

簡単なことだからと言っておろそかにしない(基礎・基本を大切にする姿勢)

 

 

聞いてて寒気がしましたよ、本人は凄いことを言ったという自覚はないでしょうが(^_^;)

 

 

話しは元に戻って、理由のもう一つ

 

指示された通り(教えられた通り)にやらないことです

 

極論かもしれませんが、勉強できない子の半分(もっとかな)は、これに当てはまっていると思います

 

意識的に(反抗的に)やらない場合と、無意識にやらない場合があると思いますが、無意識でやらない場合は、結局適当なやり方で「誤魔化す」ことになります

 

あら、最初に戻ってしまいましたよ(笑)

 

 

ですから、私はこの「誤魔化す」ことと「指示通りにやらないこと」に非常にうるさいです

 

私の指示通りにして解けないのであれば、それは私の教え方が悪いのです

 

指示がわからなければ聞けばいいのです、何度でも教えます

 

それを、「聞いたら先生が怒るかもしれないから…」などと勝手に判断して誤魔化すから、状況が悪化することになるのです

 

なぜ、そこがわからないのか…

 

 

一度、これが出ると改善されるまで引っ込みませんからね

 

悪しき習慣を直すためだと思って、頑張ってください

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
こういう所で差はつく

うちでは集団授業を行った後、それぞれの生徒が使っているテキストがバラバラなので、演習するページを一人一人指定します

 

ただ、それだけでは不十分な場合がほとんどなので、追加でプリントも渡しているのが現状です

 

 

このプリントについては宿題ではなく、あくまでも自分の判断で取り組みなさいと言ってあります

 

理解が早く量をこなす必要がない子は別の勉強をしたらいいし、練習量が必要な子はプリントもやればいいんです

 

しかし、練習量が必要な子ほど、自分のテキストのページを演習したら、すぐに小テストを受け、案の定問題が解けない…

 



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
ある授業の1コマ

私「え〜、ここでは食べるという意味の単語として、have, eat の2つが紹介されていますが、私はeatを使った方がいいと思います。」

 

私「( ゚д゚)ハッ!!!!!!!!!!」

 

一部の生徒「( ゚д゚)ハッ!!!!!!!!!!」

 

一部の生徒「( ゚д゚)ポカーン???????」

 

私「(・∀・)ニヤニヤ」

 

最初から気づいた一部の生徒「(・∀・)ニヤニヤ」

 

後から気づいた一部の生徒「( ゚д゚)ハッ!!!!!!!!!!」

 

まだ気づかない生徒「( ゚д゚)ポカーン???????」

 

私「狙ってないからな!偶然だからな!」

 

気づいている生徒「(・∀・)ニヤニヤ」

 

まだ気づかない生徒「( ゚д゚)ポカーン???????」

 

 

私「eatを使った方がいいと思います。」

 

気づかない生徒「( ゚д゚)ポカーン???????」

 

私「何回も言わせるなよ、恥ずかしい(笑)」

 

やっと気づいた生徒「ワカリマシタヾ(*´∀`*)ノ」

 

 

くだらないことですけど、こういうのに早く気付けるのも、勉強する上で大事なことの1つだと思っています

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(4) | trackbacks(0) |
部活考

昨日は友人たちとの集まりが朝からあって、プラス夜の飲み会で久々に飲みすぎ…

 

幸い、二日酔いにはなりませんでしたが、あんなに酒で体調悪くなったのは、いつ以来だろうかという感じでした(^_^;)

 

もう、若くないんですね(´・ω・`)

 

 

さて、いつか書こうと思っていましたが、今日こんなニュースが出たので、このタイミングで色々書こうと思います

 

高校野球も変化の時代 夜間練習や上下関係見直す動き(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

実は、書きたいのは高校野球のことではありません

 

この記事中にもありますが、

 

文部科学省は今年1月、「依然として休養日を設けていない運動部が一定程度ある」として、全国の教育委員会などに対し、運動部の部活動で休養日を設けるように求める通知書を出した。

 

運動部だけが、部活のやりすぎだと思われているようですが…文化系の中にも明らかに練習時間(拘束時間)が長い部活がありますよね

 

皆さん、ご存知の「吹奏楽部」です

 

前職の時も含めて、結構な数の吹奏楽部員を見てきていますが、まあ大変ですよね

 

運動部なんかだと、他の部とのグラウンドや体育館の割り振りの関係、体力的な面で1日中というのはあまり聞きませんが、吹奏楽部は朝から晩までですよね(-_-;)

 

時間をかければかけるほど完成度が上がるので、気持ちはわからなくもないですが、要はバランスだと思うんです

 

勉強に例えれば、定期テストで470点くらい取れる子が、「今度のテストで満点取りたいんです!」と言ってきたとします

 

その子が普段あまり勉強していないでその点数なら「よしやってみろ」ですが、普通なら止めますね

 

勉強量に対してのリターンがあまりにも小さすぎます

 

470点でいいだろうと、満点を取るために費やす時間を別のことにあてようと

 

中学・高校の吹奏楽もそうじゃないんでしょうか

 

高い完成度を求めて、長時間練習をするんでしょうが、果たしてその練習量に見合った成果は出ているんでしょうか?

 

そして、困るのが同調圧力

 

全体練習だから、パート練習だからと言われると「出ません」とは言えませんよね

 

「あなたが参加しないことで、他の人が困るんだよ」

 

これに抗うのは大変ですね

 

 

八反田先生もツイートしてましたが、「なぜ部活だと、のめりこみが許される」んでしょうか

 

好きなことを一生懸命やる、それ自体を否定はしませんが、私はあくまで部活は「オマケ」だと思っています

 

中学・高校でやらなければいけないことは、やはり勉強です

 

例えば、仕事以外の時間でも勉強しなければいけない(技術を磨かなければならない)職についている人がいたとします

 

最低限の仕事だけして、趣味に没頭していたら、周りはどう思うでしょうね

 

 

最初に戻りますが、要はバランスなんです

 

あなたは将来、その部活で食べていくつもりなんですか?

 

今やらなければいけないことから、部活を理由に逃げていませんか?

 

 

なお、今回の記事(特に吹奏楽部)に関しては、コメントされても返信はいたしません(同意であれ反論であれ)

 

この件に関しては、どこまで行っても平行線をたどるのが目に見えていますので

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(1) | trackbacks(0) |
結局こうなるのか…

以前、このブログでも告知した夏期学習生

 

 

今日が締切だったのですが、お陰様で4名の申し込み(うち3名は決定、1人は保留)をいただきました

 

ただね…

 

3名中2名は私立中高一貫、もう1名はいくつもの区を飛び越えてJRで通ってくるんです(-_-;)

 

近隣の反応の、まあ薄いこと薄いこと(笑)

 

「あそこブログでは偉そうなこと言ってるけど、実際全然大したことないよね」

 

そういう評価なんでしょうなぁ

 

いや、周りでどうこう言われるのは全然構わないのですが、通っている保護者の方からそういった声が出てきたらおしまいですね

 

まずは、今通ってくれている生徒のために最善を尽くしましょう

 

 

今日、面談した人も「もう満席だと思ってまして…」って言ってたなぁ

 

一度ついたイメージを取るのは、なかなか大変ですね(^_^;)

 

ちなみに、来年の話をしたら鬼が笑うかもしれませんが、新中1(現小6)は残り7、新中2(現中1)は残り2、新中3(現中2)は募集なし、中学生合計で残り9という状況です

 

他の学年の申し込みがなければ募集なしの新中3も1〜2名は入れるといった感じですね

 

参考までに

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
受験情報誌って買った方がいいですか?

という質問が来たわけではありませんが(笑)

 

毎年恒例の、北海道高校ガイドブック(北海道学力コンクール事務局発行)が7月に発売されたので、ちょっと記事にしてみようと思いました

 

私の意見は「塾に通っていない人は持っていてもいいのではないか」です

 

塾に通っている人は、塾に置いてあるのを読めばいいのではないでしょうか(^_^;)

 

いや、置いてない所もあるでしょうが…

 

制服・費用・修学旅行の行き先・部活動一覧・併願パターン・ランク別合格者数・大学合格実績一覧など

 

入試や学校の概要以外にも、参考になることがたくさん載っていますからね

 

他地区の高校も、見てみると意外と面白いですよ

 

そして、間違いなく塾に置いてあるだろう本は

 

IMG_9725.JPG

 

この左側のMilestoneです

 

残念ながら書店などには置いてないないんですが(非売品)、ただ塾を通して買うこともできるんですよね

 

まあ、数字の羅列なので、面白みには欠けますが(笑)

 

私にとっては、進路面談の時にこれなしでは困る!というものです

 

正直言うと、〇〇受験情報はほとんど見てません…いや、あれはあれでいいという人もいるのでしょうが…

 

興味のある人は塾、または本屋さんで手に取ってみてくださいね

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
漢検に向けて

今週の金曜日、うちの教室で漢検を実施します

 

以前は8月の検定を使っていましたが、メインの中学校が夏休み明けに定期テストを行うようになったので、ちょうど5月末から6月頭にかけて行われる中間テストから間隔があく、この時期の検定を使うようになりました

 

更に、中学生は全員受験としていたものを、希望者のみの受験に変えています

 

本当は全員受験してほしいんです

 

しかし、漢検よりも優先してやらなければいけないことのある生徒もいますし、何より漢字嫌い(字を書くことが嫌い)な子が増えてきています

 

強制してもねぇ…拒否反応が酷くなるだけのような

 

そして、究極の理想は、問題集などをやらなくても普段の力で合格すること

 

そんな子、滅多にいませんが(笑)

 

 

世の中において、漢字を使う場面が変わってきています

 

学生時代であれば、ノートを取ったりテストを受けたりする場面で直接書くことが多いでしょうが、社会に出てからは、ほぼパソコンを使って文書を作成するようになります

 

そうなると、正しい漢字が書けるかよりも正しい漢字が選べるかが重要になってきます

 

もちろん漢検には、ただ漢字を書くだけでなく、誤字訂正・同音異義などの問題もあります

 

公立入試にも、最近は漢検で出題されるような問題を見かけることが増えてきました

 

ただ、出題傾向などは10年以上前から大きく変わっていません

 

そろそろ、時代に合わせて変わってもいいのではないかと思います

 

 

合格ラインぎりぎりの子もいますが、まだ2日あります

 

諦めるのはまだ早いですよ

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年 大学合格実績比較(私立上位校編)

前回の地方TOP校編から随分と間隔があきましたが、今日は私立上位校編をお届けしようと思います


取り上げるのは、札幌第一(第一)・札幌光星(光星)・札幌日大(日大)・北海・立命館慶祥(立命)の5校

 

そして、南と東の2校を公立の比較対象先として、完全中高一貫校の参考として北嶺を挙げさせていただきます


合格実績は、国公立・北大・北大を除く道内国公立・北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大)・医学部医学科(国公立のみ)

といった5つの分野で、合格者数を比較していこうかと思います

なお、ここに出ている数字は、説明会やHP上で公表されたものを中心に、不明な年度や部分については「道新受験情報」「北海道高校ガイドブック」のデータで補足しております

数字にずれが若干あるかもしれませんが、ご容赦ください

 

さらに、私立高校には公立高校にない特徴として「中高一貫コースを持っている」「コース分けがされている」ということがあります(第一と北海はありませんが)

 

本来であれば、それも区別して比較しなければいけないところですが、明確に数字をわけてくれている学校もあれば、そうでない学校もありますので、ここでは学校ごとの比較とさせていただきます

 

そして、今年は「各校に、年度による卒業生数の違いがあるので、それを補正した数字も見せてほしい」とのご要望に応え、卒業生数を320名に補正した場合のデータも載せてみようと思います

 

はたしてどんな結果が出るのか、私も楽しみです

 


まずは国公立大学合格者数から(補正前)

     2014 2015 2016 2017

第一(現)  80   99  111   92

第一(浪)  49   35   55   29

 

光星(現)  86   82  127  112

光星(浪)  48   33   36   36

 

日大(現)  47   49   48   56

日大(浪)  27   11   14   11

 

北海(現)  22   41   42   40

北海(浪)  23   11   14   17

 

立命(現)  48   47   52   47

立命(浪)  26   21   21   19

 

南(現役) 161  160  182  214
南(浪人) 102  117  105   88

東(現役) 148  185  147  139
東(浪人)  60   80   53   37

 

北嶺(現)       77   75   59
北嶺(浪)       41   36   37

 

昨年同様、第一と光星がずば抜けていますね

 

コース構成(特進とその上下のコースの割合)・大学の有無も関係しているんでしょう

 

まあ、内部進学がある高校というのは、まず第一に自分の系列大学に生徒を送り出すのが使命として課せられているでしょうから、国公立大学を目指す層というのはおのずと限られてきます

 

その点、致し方ないかと

 

ただ、今年現役の数字を伸ばしたのは日大のみ

 

全体的には低調だったと言えるのかもしれません

 


次に北大合格者数

     2014 2015 2016 2017

第一(現)  18   13   16   14

第一(浪)  12   14   20    6

 

光星(現)  11   11   11   17

光星(浪)   5    6    9    8

 

日大(現)   9   13    4    8

日大(浪)   6    2    2    2

 

北海(現)   1    2    2   10

北海(浪)   4    2    3    1

 

立命(現)  11   11    8    8

立命(浪)   5    5    5    4

 

 

南(現役)  89   70   84   75
南(浪人)  29   46   42   37

東(現役)  62   76   41   44
東(浪人)  24   26   24   22

 

北嶺(現)       14   21   12
北嶺(浪)        7    5    9



第一は、現役生は健闘したと言えますが、ここ数年頑張っていた浪人生の合格者が少ないことでガクッと数字を落としました

 

逆に光星は、現役生が頑張りましたね

 

日大は、年度によってムラがある印象

 

北海はSクラスを作った効果が初年度から出ましたね

 

立命館は…まあ北大の数にはこだわってないんでしょう

 

 

次に道内国公立大学(北大を除く)の合格者数

※ 札医・旭医・ 帯畜・ 樽商・教育大・室工・北見工・札幌市立・はこだて未来・釧路公立・名寄市立・道職能


     2014 2015 2016 2017

第一(現)  41   52   67   59

第一(浪)  18   10   17   13

 

光星(現)  43   49   71   58

光星(浪)  27   15   14   15

 

日大(現)  24   32   32   36

日大(浪)   8    3    6    4

 

北海(現)  15   33   29   27

北海(浪)  13    4    5    6

 

立命(現)  14   14   13   18

立命(浪)   8    4    5    6

 

南(現役)            33   32 
南(浪人)            19   14

東(現役)  46   56   62   53
東(浪人)  14   22   10    4

 

北嶺(現)       16   17   17
北嶺(浪)       12   10    6

 

例年同様、第一と光星が頭一つ抜け出ていて、しのぎを削っています

 

ただ、いずれも前年の実績を下回っています

 

日大や北海は前年とほぼ同じ

 

北海は北大の数字だけずば抜けていたということですね

 

立命館は北大もそうでしたが、それ以外の道内国公立の数字も特に目立ったものはありません

 

一体、どこを狙っているのか…

 


北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大) の合格者数は

     2014 2015 2016 2017

第一(現)   0    4    0    2

第一(浪)   1    4    3    5

 

光星(現)   0    1    3    1

光星(浪)   3    1    1    1

 

日大(現)   3    0    2    2

日大(浪)   0    0    1    0

 

北海(現)   0    0    0    1

北海(浪)   1    0    0    0

 

立命(現)   9    3    6    5

立命(浪)   2    1    4    3

 

南(現役)  30   23   40   64
南(浪人)  27   18   16   16

東(現役)   7   16    9   11
東(浪人)   8    5    6    5

 

北嶺(現)       17   10   12
北嶺(浪)        5    7    9



立命館は、こちらがターゲットなんですね

 

意外だったのは北嶺、東大や京大には毎年多数の合格者を出していますが、その他の難関大には興味がないんですかね(笑)



おしまいは医学部医学科(国公立のみ)※データがない場合は「なし」と表記しています

     2014 2015 2016 2017

第一(現)   1         0

第一(浪)   2  現浪3    5  現浪3

 

光星(現)  なし   なし   なし   なし

光星(浪)  なし   なし   なし   なし

 

日大

現浪計     2    6    5    1

 

北海(現)  なし   なし   なし   なし

北海(浪)  なし   なし   なし   なし

 

立命(現)   4    4    3    3

立命(浪)   4    3    5    8

 

南(現役)  30   27   20   25
南(浪人)  17   29   26   22

東(現役)   0    3    3    2
東(浪人)   3    3    5    3

 

北嶺
現浪計         44   44   32



私立の中では、立命館がまあまあの数字を残しています

 

まあ、医学部医学科の実績で南や北嶺レベルに辿りつくのは、かなり厳しいでしょうね

 

数で勝負できないのであれば、現役で継続的に合格者を出すなどしかないでしょう

 

 

さて、いよいよ補正後の数値をお見せするのですが、卒業生の数については学校基本調査の数字を基にしています(5月1日現在の3年生の数)

 

ですので、中退や転出(高3生であまり考えられませんが)により、卒業生の数はほぼ同数か若干少ないものとお考え下さい

 

それと、あくまでも卒業生に対しての比較ですので合格者数は現役のみです

 

IMG_9716.JPG

 

2014年は各校とも卒業生の数が少ないので他の年と比べた場合は上方修正(とは言っても、320人を超えている場合は数字自体は下がります)

 

2016年の光星の実績はかなり下方修正されそうです(^_^;)

 

IMG_9708.JPG

 

ちょっと画像が縦並びで比較しづらいのですが

 

IMG_9709.JPG

 

光星に関しては、国公立合格者数、北大合格者数ともに、昨年より良くなりました

 

というか、昨年の数字が全然見栄えがしなくなりました(^_^;)

 

この辺り、私の方も気にしなければいけなかったですね

 

IMG_9710.JPG

 

 

IMG_9711.JPG

 

 

補正をかける前より、数字的な差は小さくなりましたね

 

第一や光星が大きくリードしているかと思っていましたが、意外と差はないのかも…

 

 

募集形態を比べて見ますと

 

第一:中学なし、上位コースの定員多い

光星:中学あり、上位コースの定員多い

日大:中学あり、上位コースと下位コースの定員がほぼ同じ

立命館:中学あり、高校からの入学者が少ない

北海:中学なし、上位コースと下位コースの定員がほぼ同じ(若干下位が多いか)

 

全く同じパターンがないですね(^_^;)

 

こうしてみると、光星が一番有利に見えますが…

 

その次が立命館・第一、そして日大、だいぶ離れて北海かな

 

ただ、最初にも言ったように、日大・北海は上に大学があるので、学校全体を極端な進学校化はしないでしょうから、なかなか数字を上げるのは厳しいと思います

 

プレミアSコースや特進Sクラスがどこまで頑張るかですね

 

 

まとめますと、北大以上を狙おうと思うと、第一では文理選抜、光星ではステラコース

 

新しい所では、北海の特進Sクラスがちょっと注目ですね(日大のプレミアSコースはまだ2年目なので)

 

 

旧帝+2や医学部医学科を狙うなら私立の中では立命館だが、高校からのSPクラスの実績がわからないので、何とも言えない

 

仮に、中高一貫のSPコースの実績が大半なのであれば、高校からはお勧めできないということになります

 

 

これは、日大にも言えることで、実績のほとんどが中高一貫コースによるもの

 

プレミアSコースで、どこまでてこ入れできるか、あと2年は我慢の年かも

 

 

ここに挙げた高校以外でも、特進コースや特進上位コースというものは存在します

 

それぞれの高校の看板を背負うことになるので、力の入れ方は半端ではありません

 

大勢の生徒の中では埋もれてしまうという心配がある場合は、こういった少人数の中で手をかけてもらうというのも一つの方法だと思います

 

ちょっと特殊な高校生活にはなると思いますが…(3年間ほとんどクラス替えがないので)

 

それぞれのお子さんの特性に合わせた高校選びが大事ですね

 

 

明日は札幌龍谷高校の説明会に参加してきます

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
動画についてのエトセトラ

早い所では、昨日から始まっているところもある各高校の学校祭

 

私のtwitterのTL(タイムライン)にも、某高校のステージ発表の動画がたくさん見られました(笑)

 

ただ、他の高校では、SNSに学校祭の様子を投稿する(動画のみ?)のを禁止しているところもあるようでして…

 

強行突破する子もいるかもしれませんが、そんなことしてアカウント消すことになるのもどうかと思うので、ほどほどに

 

シグマゼミの八反田先生が昨年のツイートを流してましたが、自分では個人情報を晒していないつもりでも、フォロー・フォロワー・過去の呟き・RTなどから、簡単に特定されてしまいますので、鍵付きでない方は気をつけましょうね

 

 

ちなみに…とある高校のステージ発表を見たのですが

 

ドリフ大爆笑のオープニングにしか見えませんでした(笑)

 

今の高校生はわからないだろうなぁ…

 

 

動画と言えば、今週から集団授業を再開していて、参加することができない生徒のために授業の様子を録画しているのですが

 

 

( ゚д゚)

 

これ、まずいな…

 

授業の中身がではありません(いや、授業の中身もかもしれませんが笑)

 

私の体形です(笑)

 

今まで、ダイエットするするといって続いた試しがありませんが、今回はいけそうです

 

それくらいの衝撃でした

 

何だろう…自分の体を動画で見るのと鏡で見るのとでは全然違うんですよね…

 

皆さんもお試しあれ

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
アドバイスは聞きましょう

※先にお断りしておきますが、うちの生徒や保護者の方のことではありません(笑)皆さん、しっかり聞いて受け入れるべきところは受け入れてもらってます

 

中3生に対しての、学校や塾での三者面談が行われる時期になりましたね

 

うちの教室でも昨日から始まっています

 

 

さて、ここで1つ言っておきたいことは

 

「学校や塾の先生のアドバイスには、素直に耳を傾けよう」ということです

 

まあ、中にはとんでもない先生もいますが、受験に関しての経験値は基本的には上のはずです

 

様々なケースも見て来ていると思います

 

夏期講習のコマをたくさん取らせるとか、変に商売っ気を出していなければ、ある程度しっかりしたアドバイスをくれるものです

 

特に塾は、分析に関してあまりずれていると信用問題になりますからね(^_^;)

 

 

恋愛や人間関係の悩みであれば、友達に相談でもいいですが、勉強や進路に関してはあてにならないことが多いです

 

以前、「友達に聞いた」というとんでもない情報を持ってきた子がいたなぁ…もちろんガセネタでした(笑)

 

ネットとかもそうですよ、あなたのことをよく知らない人に相談持ち掛けても、適切な答えなんて返ってきません

 

ただグチを聞いてほしいだけなら、それでもいいですが

 

 

卒業した教え子にもよく言われました

 

「悔しいけど、アドバイスしてもらったことって当たるんだよね…」

 

だてに、年食ってるわけじゃないんですよ(笑)

 

 

何でも鵜呑みにしろと言うわけではありません

 

聞き入れるべきところは聞き入れた方がいいということですね

 

 

今週が学校祭の高校は、今日・明日が一番盛り上がりますね

 

案の定、今日教室に来たのは1人だけでした(笑)

 

まあ、仕方ないよな(^_^;)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/124PAGES >>
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Recommend
Mail
manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp
(☆を@に変えてください)
Mobile
qrcode