札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
大学入試改革、迷走中

大学入試改革、迷走してますね

 

ここ最近の動きだけでも

 

「TOEICの離脱」

「記述式採点者問題(大学生バイトも認める?」

「英検予約金問題」

「数学記述式、実質見送りへ」

 

そして今日

 

「数学記述式問題の報道を、文科相が否定」

 

そもそも、この柴山文科相、Twitterをしているのですが、そこでの大学入試改革に関する発言が全然的を射たものでなくて、「オイオイ…」という感じなんですよね

 

恐らく、何もわかっていらっしゃらないのではないかと(^_^;)

 

もう、この記事だとある程度の準備は整っていて、後は動き出すのを待つだけという状態でなければいけないのに、この期に及んで方向性自体がブレまくってますから…

 

始まる前から結末が見えてますよね

 

こういった制度変更のタイミングに当たる受験生は必ずいるのですが、今回は可哀想でなりません

 

そうは言っても、大学入試は必ずやってくるわけですから、我々も準備をしなければなりません

 

でも、正直「いい加減にしろ!」って思ってますよ

 

数年前に、とある方から話を聞いたときは、もう少しちゃんとしたものだと思ったんだけどなぁ(´-`).。oO

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾内向け入試説明会が終わりました

いや…もう…何と言えばいいか

 

午後1時から教室入りして万全の準備を整えるはずが、どうしても追加したい資料が出てきて(10Pも)、それをまとめる内に時間がどんどんなくなっていき、さて印刷だとプリンターを動かすと「トナー切れです」

 

おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

 

しかも、いつもなら必ず1つは予備を置いてあるのに、7月に入って印刷物が多かったためにトナー交換の時期がいつもよりも早い( ノД`)シクシク…

 

急いでヨドバシカメラに走りトナーを買って戻った時が、開始1時間前

 

結局、開始時刻までに印刷が間に合わず…

 

資料なしでも進められるところから始めたため、事前に考えていた段取りが水の泡に

 

 

そして、急遽加えた資料は、白黒反転してしまったのか画面に映らないという(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

極めつけは、20分の時間オーバー

 

授業とか説明会は時間ピッタリに終わるというのが自分のポリシーだったのに

 

 

三連休の最終日に、わざわざ時間を取って来てもらって、こんなグダグダな説明会で本当に申し訳なかったです

 

少しでもお役に立てるものがあったならいいのですが

 

28日は、きちんとやります

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
神奈川は凄い!では北海道は?

2年前から、この集まりを非常に羨ましいものとして眺めていました

 

入試事情や学校教育について、県教委の中の人に話を聞いてきた2019

 

教育委員会の幹部クラスと、大手ではなく中小(失礼)の塾が意見を交換できるのです

 

素晴らしいことだと思います

 

 

愛知でも、昨年このような動きがありました

 

愛知県教育委員会に出してた要望が通ったよ!入試情報公開度が上がるよ!

 

 

私がやったことと言えば…メールで問い合わせて、電話で質問しただけ(-_-;)

 

何とも、この差は大きいですね

 

 

別に大それたことをしようなんて思っていません

 

今の私たちが考えていること、それが少しでも北海道の教育委員会の中の人に伝わらないかなと思っています

 

 

先日の熟長会(こっちが正しいそうです)以来、札幌の個人塾の中で大きな動きが起ころうとしています

 

愛知・神奈川でできたことが、北海道でできないわけはない!そう思っています

 

そして、いつの日か、北海道に全国の個人塾の先生を呼べる日が…来るといいなぁ(*´▽`*)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
入試説明会と入試改革と

まず、皆さまをお待たせしていた、入試説明会についてなんですが…

 

当教室の保護者の方と生徒だけでほぼ満席になりました(^_^;)

 

全く空いていないわけではありませんが、あまりにも残席数が少ないので外部からの参加が早押し大会のようになるのも困ります

 

7月15日(月・祝)については、当教室の関係者のみでの開催とさせていただきます

 

 

ただ、待っておられた方もいるかもしれませんので、同じ時間帯・同じ内容で7月28日(日)にも入試説明会を開催させていただきます

 

参加ご希望の方は、以下のリンクから手続きの方をよろしくお願いいたします

 

入試説明会参加申し込みフォーム

 

そして、前回の更新の時も書きましたが、これはうちの教室の集客イベントではありませんので、有料とさせていただきます

 

参加費は1家族1,000円、締切は7月26日(金)です(1家族なので、保護者の方のみでもお子さんが一緒でも同じ金額です)

 

塾の先生が来ても構いませんよ(笑)

 

その際は、できれば所属を教えていただきたいと思います

 

 

さて、道教委への問い合わせの件

 

とりあえず、今日になってメールへの返信があり、HP上でも1枚だけの文書ですが公表されるようになりました

 

道立高等学校入学者選抜における改善の基本方針

 

新聞報道された以上のことは出てきませんでしたね(-_-;)

 

それでは、メールに相変わらず「電話で対応します」と書かれていたので、電話してみましょう

 

でね、私思うんですけど、「電話で対応します」と返答すれば、そこまでするのは面倒だと思って問い合わせしない人が多いから、メールでの返答ではなく電話してくださいと言っているのではないですかね?

 

一応、質問事項の4番目に書いておいたのですが、何だか自分で納得してしまったので、あえて聞きませんでした(笑)

 

さて、電話してみたところ「担当の者が席を外しておりますので、折り返し連絡します」とのこと

 

ほらー、電話してくると思ってなかったんじゃないの?(笑)

 

きっと、これから何と答えるか調整するんですね

 

待つこと1時間半

 

電話がかかってきましたよ(´-`).。oO

 

 

まず、皆さんが(私も)一番気になるであろう、内申点について

 

現時点でお答えできることはありません(つまり何も決まっていない?)とのことでした

 

まあ、決まっていても答えられないのかもしれませんしね

 

でも、さすがにそれでは申し訳ないと思ってくれたのか、ちょっとだけヒントのようなものをくれました

 

 

中1:中2:中3の割合である2:2:3は変えません

 

 

ほほぉ(´-`).。oO

 

そして、なぜ新聞報道からHPでの公表までに時間がかかったのかについて、衝撃的な答えが

 

「方針などにつきましては、これまでHP上で公表していなかったので、この件につきましても同様でしたが、『今回このようにご意見をいただいた』ので公表することにしました」

 

てことは、なにかい?

 

私が(私以外にもいたかもしれませんが)問い合わせなかったら、あの新聞報道で終わりだったと

 

ということは、新聞各紙が報道しなければ、私たちは知らなかったかもしれないんですね

 

怖い…怖すぎる

 

 

今回の新テストの大学生アルバイトによる採点の話だって、文科省に電話した人がいて「報道は知らない、取材を受けた者はいるかもしれないが、こちらから発表していない、採点資格は民間業者がプレテストの結果を踏まえて決めること」という、これまたトンデモナイ回答が返ってきたそうでして…

 

今のところ、NHKのみが報道(ということはスクープか飛ばしか、考えたくはないですが他社は「あえて」報道しないのか)していて、続報もありませんし

 

どうなってしまうんですかね(-_-;)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(4) | trackbacks(0) |
うまく切り替えることができるでしょうか

入試改革の問い合わせの件ですが、やはりいきなり電話するよりもメールの方が、相手も回答を準備しやすいでしょうし、そこで「電話で」と言われたら、改めてこちらからかけることにしました

 

まず、いきなり質問をぶつけてもすぐに答えが返ってくるかわかりませんし、後日改めてと言われたら結局二度手間ですからね

 

というわけで、現在メールの返答待ち中です

 

 

さて、中学生は6月下旬から7月上旬にかけて中体連の真っ最中だと思います

 

札幌市の場合、区大会を勝ち抜くと次は全市、そこから全道と進んでいくわけですが(石狩地区というのもあるのかな)、トーナメントなら全国優勝でもしない限りは最後は負けて、リーグ戦でもどこかで負けて、中3生は引退ということになるわけです

 

保護者の方は、「さあ、これで部活も引退だから、切り替えて受験勉強してもらわないと」と思いますよね

 

なりません

 

そう、うまくいくならみんな苦労はしないんですよ(^_^;)

 

保護者の方や塾の先生が「今まで部活に充てていた時間を勉強に充てれば…」って思っても、当の本人は「今までやりたいこと我慢して部活やってたんだから、少しくらい遊んでも…」なーんて思っているんですよ

 

「やりたいこと我慢して部活とか、意味わかんない」って私なんかは思うんですけどね

 

部活というやりたいことを思う存分やってきたんじゃないの?って

 

高校生だと、センター試験が1月ということもあり、またさすがに遊んでる場合じゃないというのも自覚しているようで、まだマシなのですが、公立入試が3月の中学生にはなかなか通じないようです(-_-;)

 

遊びに走るか、例えは悪いですが定年退職した後にやることがなくてボーッと過ごしている人みたいに、何をするわけでもなくダラダラ過ごすか

 

今までにも「え?キミがそうなっちゃうの?」という生徒も含まれていましたから、どんなに真面目な子でも「うちの子は大丈夫」と思わない方がいいですよ

 

むしろ、真面目な子の方が抑圧された反動(厳しい部活だと尚更)で危険な場合もあります

 

 

さて、こういう場合、私ならどうするか?

 

うーん…ごちゃごちゃ言っても聞く耳もたないケースが大半なので、放っておいて痛い目見てもらった方がいいかなって思いますね

 

もちろん、警告というか予言はしておきますよ

 

それで改善するんであれば、それで良し

 

変わらなければ8月の道コンとか9月以降の学力テストで痛い目見てもらえればいいかなと

 

ある意味、高校入試だからできる手ですし、ある程度志望校に目途がついている生徒だけに使える方法ですけどね

 

夏は勝負!とか言っている人多いですが、ある程度のところまで来ている生徒のお尻をこの時期叩いても、スタミナ切れ起こしますよ

 

夏で燃え尽きちゃう子や。ここで成績伸ばしても冬休み前に力尽きてしまう子もいます

 

ペース配分って大事なんですよ(´-`).。oO

 

 

でも、現時点(中3第1回の道コン)で判定悪くて(60%未満)、もしそういった行動取るなら、半分笑いながら

 

「それで志望校受かると思ってるの?受験なめてるでしょ」

 

くらいは言うでしょうけどね

 

要は、それぞれの生徒の置かれている状況(志望校までの距離)で対応は変わるのです

 

 

最初の話に戻りますが、部活を引退したからと言ってスパッと受験勉強に切り替えられる子はなかなかいませんよ、というお話でした

 

明日は、午前中は光星高校の説明会、午後からは日大の先生が塾に来る予定です

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(6) | trackbacks(0) |
入試説明会の開催を正式に決めました

日時:7月15日(月・祝)第1部 午後6時30分〜午後7時20分 第2部 午後7時30分〜午後8時20分

 

場所:学びやむげん(中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3F)

 

定員:当塾の生徒・保護者の出欠締切(7月5日)後に発表

※座席が全て当塾の生徒・保護者で埋まった場合は外部募集はいたしません

 

内容:第1部(高校入試の基本的な仕組みについて) 第2部(お子さんに合った高校の選び方・ブログでは書けない高校裏事情」

 

 

何名かの方から「ぜひ参加したい」とのコメントもいただいておりますが、まずは自塾の生徒・保護者の方が優先です

 

それと、外部からの参加者の方は有料とさせていただくつもりです(そんなバカ高い金額設定にはしません)

 

 

せっかく、たくさんの反応があるのだから、大きな会場でも借りてやればいいのに…という声も聞こえてきそうですが、有料でも参加したい!という方が何十人もいるのならともかく、そこまでではないと思いますので(笑)

 

この説明会で生徒を集めようとは思っていませんし、そもそもうちは夏期講習と呼ばれるものがない上に、以前は募集していた夏期学習生もなくなりましたので(^_^;)

 

体験授業は随時受け付けてますよ、1週間だけですが(あくまでも通常授業の体験ですね、この1週間で成績がどうこうなるものではないと思ってください)

 

では、なぜ入試説明会を開こうと思ったかというと、これに来てもらえれば塾での面談の時に同じ話をしなくて済むし、生徒個人のことについてじっくり話をすることができるという感覚ですね

 

外部から参加を希望される方は、7月5日のブログでの告知を待っていてください

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
塾の違い

東京にある、それはもうとんでもなく凄い塾の先生が言いました

 

「塾の違いは塾長の話す内容の違い」だと

 

そして「塾で話した内容を全て自分のものにする気持ちがなければ、塾に通う意味はない」とも

 

あー、わかるー

 

わかりすぎるー

 

いや、自分が凄いとかそういうのではなく、私が「質問しろー質問しろ−」というのは、それによって私からもたらされる回答に凄く意味があるからだと思っているからです

 

私の頭の中にあるものを、どれだけ引き出すことができるか

 

それができるのは、質問した人だけの特権のようなものです

 

私は、基本的に質問されたことに関して、単に答えだけを返すようなことはしません

 

必ず、+αの知識を乗せたり、時には本題から反れるようなことを付け加えたりします

 

しかし、そういったものが、どこかで必ず役に立つんですよね

 

 

私が「この問題よく解けたねー」というと、「だって前に授業で話したことあったじゃん」と答える生徒

 

でも、そのことを話したのは「全く関係ない別の授業」だったりするんです

 

知識と知識がつながるとでも言うのかな

 

もちろん、コツコツと自学をするのもいいんですが、うちの教室に通っている目的の一つは「私に教えてもらうこと」なのではないですかね?

 

春休みとテスト前くらいしか、質問対応で忙しくなってませんよ(笑)

 

HPにも載せていますが「質問するのはわからないからじゃない。わかりたいからだ。」

 

質問することに、ぜひ前向きになってほしいと思います

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
入試説明会の需要ってありますかね?

定期テストも終わって、そろそろ中学校では教育相談(生徒と先生の2者面談)や進路面談(保護者・生徒と先生の3者面談)が行われる頃だと思います

 

上のお子さんで高校受験を知っている方なら勝手知ったることでも、初めての受験となれば、ご自身が受験した時とは様変わりし過ぎて何が何だかわからないという方も多いでしょう

 

また、中2や中1の保護者の方にとっても、早めに受験について知っておくということは、プラスになると思います

 

 

というわけで、入試説明会でもやってみようかなと思ったんですけど、需要ありますかね?(^_^;)

 

せっかくなので、今さら他の人に聞けないような基本的なものと、裏話的なものとの二本立てで(笑)

 

どちらかというと、外部の方向けというより内部の方に向けてのものなので、教室内で告知した後に席が余るようなら外部の方にも募集かけようと思います

 

あ、外部の方からは若干お金いただきますね(内部の方は無料です、うちの教室のサービスの一環ですので)

 

日程その他、詳細が決まったらまたお知らせします

 

6月30日(日)か7月7日(日)の夜が有力ですね…授業を早く終わって、午後6時30分開始とかかな

 

もし「こんな話が聞きたい!」というような具体的な要望があれば、コメントしてください

 

実現できるかわかりませんが、善処します(政治家みたい笑

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(10) | trackbacks(0) |
ELSTで学習塾での英語指導が変わる?

あんまり、普段こういったタイトルはつけないのですが、ちょっと他の方々のマネをしてみました(笑)

 

昨日の進学舎セミナーで知った、株式会社サインウェーブ提供のアプリ「ELST」

 

iPhoneImage.png

 

説明を聞いて、ちょっと私のツボに入ったこともあり、営業の方に会う約束を取りつけました

 

ひょっとして詳しく話を聞きたい塾の先生たちもいるかな?と思い、ダメ元で連絡してみたところ、学習室アドバンスの阿部先生が来てくれましたヾ(*´∀`*)ノ

 

 

そもそも、このELSTというアプリ

 

HPを見ていただければ何となくわかると思うのですが、3つの柱で構成されています

 

教科書コース

英検対策コース

CEFRコース

 

教科書コースは、5社の中学校検定教科書「NEW HORIZON」「NEW CROWN」「Sunshine」「Columbus21」「TOTAL ENGLISH」の本文・単語・基本文とその音声が収録されていて、文章や単語の発音をAIが採点してくれるというものです

 

英検対策コースは、英検の面接試験の流れをそのまま体験することができ、AIが自分の回答を採点してくれます。readingでは単語ごとの発音の評価も色分けされ見ることができます

 

CEFRコースは、自分の現在のレベルをチェックした後、出題された問題をクリアしていき、レベルアップテストに合格すると上のレベルの問題に挑戦することができるという仕組みです

 

 

これだけでは「ふーん」という感じなのですが、私が興味を持ったのは

 

宿題配布機能があるんですよヾ(*´∀`*)ノ

 

例えば、どういう使い方ができるかというと、生徒に「プログラム2−1の本文を読んできてねー」という宿題を課して、生徒はELSTに音声を吹き込む

 

こちらは、管理画面からそれぞれの生徒の音声を聞くことができますし、未提出の生徒もチェックすることができるのです

 

今の大学2年生の時代には、英語の授業の中で音読を課したこともあります

 

ただ、みんなの前で英文を読むというのに抵抗がある生徒も少なくありません

 

せっかく綺麗な発音ができるのに、中学生くらいだとからかわれる可能性もあって、それを隠そうとする場合もありますよね

 

これだと、聞かれるのは私だけですし、自分の発音をAIが採点してくれますから、もっといい点数を出そうとゲーム感覚で取り組んでくれそうな気がします

 

ひょっとすると、家族間でバトルが始まるかもしれません(笑)

 

意外とこういうの、保護者の方の方が面白がって使ったりするんですよね

 

そうなってくれたらしめたもの

 

やはり、英語の勉強には音読がかかせませんから、積極的に取り組んでくれるきっかけ作りにはもってこいなのではないでしょうか

 

 

費用的な部分も、それほど高価なものではありませんでしたし、これはちょっと使ってみたいですね

 

というわけで、近日中に体験説明会を開こうと思います(^-^)

 

 

ここまで書いてきて、何度も出てきた「AIが採点」という文

 

AIに学習させればさせるほど精度が増すわけですが、そのデータはどこからきているのか

 

知りたくないですか?

 

聞いて驚きました

 

中国の大学入試のデータを使っているのだそうですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

日本のセンター試験の受験者が約50万人

 

それに対して、中国の大学入試「全国普通高等学校招生入学考試」は調べたところ受験者が約1000万人(営業の方は500万人と言っていたので、ひょっとしたらこの試験のことではないのかもしれませんが…)

 

英語スピーキング試験の自動採点技術を持つアイフライテックという会社と業務提携していて、その技術が採用されているのだそうです(先生が宿題を配布できる英語スピーキング学習システム「ELST」4月より本格販売

 

 

ネットで検索しても、あまり話題になっていないようなので、ひょっとして他都府県の塾の先生方も知らないのではないかと思い、取り上げてみました

 

 

明日は立命館慶祥中学校の説明会で…学校まで行ってきます(*´▽`*)

 

ちなみに初めてです(笑)

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたの知らない世界

日々、私のTwitterのTLには面白いネタが流れてくるのですが、これはぜひ皆さんに紹介したいと思ったものでした

 

あなたの知らない「詐欺グラフ」の世界

 

これは凄くためになる話だと思います

 

錯視もそうですが、人間の目って騙されやすいですからね

 

特に、同じ業界だからかもしれませんが、河合塾のグラフは酷いですね(^_^;)

 

減っているのに、増えているように見える…

 

最近では、数学でも統計分野に力を入れ始めていますが、まずはこうしたグラフの見方から勉強するべきだと思うんですよ

 

テスト終わったら、うちの生徒に見せてみよう…

 

どんな反応するか楽しみです

 

こういった授業も、たまにはいいと思います(^-^)

 

 

さて、明日は安田記念

 

アーモンドアイとダノンプレミアムの一騎打ちではないかというのが、巷での評価ですが

 

私はそうは思いません

 

決して穴党だからそう言っているのではないですよ(笑)

 

2頭にも付け入る隙があるからです

 

「例の」サイン予想からは13番のペルシアンナイトを、普通の予想からは7番のモズアスコットを、それぞれ推奨します

 

そうそう、お金にちょっと余裕のある人は

 

13−4,5,6−二桁人気

14−4,5,6,13−二桁人気

 

という組み合わせを買っておくと、夢を見られるかもしれません

 

なぜ、この組み合わせなのかは、当たったら教えますのでお楽しみに(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/124PAGES >>
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode