札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
今年の受験を振り返るシリーズ その2

実は、その2を書くのは「ある理由」から今日と決めていたのです

 

あまり、自分の塾の生徒のことを褒める記事は書かないのですが、今日はめっちゃ褒めます(笑)

 

今年の中3生は、私が今までに指導した学年の中でTOPクラスの頑張りを見せたので、全員を褒めたいのですが、その中でも特に印象に残った生徒を取り上げたいと思います

 

 

うちの教室(というか、私の指導歴)の中で、受験にまつわるあるジンクスがあります

 

それは「高校受験前に私に質問しまくる生徒は、成績爆上がりして必ず志望校に合格する」というものです

 

これ、毎年面談で話をするんですよ

 

でも、実行してくれる生徒が、なぜか「毎年1名だけ」なんです

 

何人でもいいのに、先着順とでも思っているんですかね(´-`).。oO

 

 

今年の中3生では、Mさんがそれに当てはまりました

 

実は夏休み前くらいまでは、それほど勉強に打ち込んでいたわけではありませんでした

 

部活にも入っていましたからね

 

部活を引退して、夏休みに入ったくらいから、徐々に塾に来る回数や時間も増えましたが、ちょっと勉強時間を増やしたからと言って急に成績が上がるほど甘くはありません

 

10月の学力BでMさんは、後日「あれで目が覚めました」と話すほどの惨憺たる点数を取ってしまいます

 

ここからですね、明らかに勉強に対する意識が変わったのが

 

とにかく、私に聞きまくる

 

最初は、色々言われますが(私は質問されると、逆に質問で返すので)、めげずに食らいついてきます

 

何としてでも点数を取るんだという、執念のようなものを感じ始めました

 

これが出てきた生徒は強いです

 

じわじわとSSが上がっていきます

 

ただ、どうしても英語が伸びない(うちの教室全体もそうでした)

 

そこで11月の道コンが終わったあたりから、英語がずば抜けてできる1人を除いて中3生全員に、毎日の英文和訳を課題として課しました

 

これが当たりまして、Mさん曰く「裁量問題に入った時に、先生が『残り20分です』と言ったのを聞いて、効果を実感しました」と

 

まあ、それまで残り5分で裁量問題解いていたらしいですから(笑)

 

順調にSSを伸ばし、1月道コンで遂に目標に到達

 

さあ、どこまで伸びるかと思っていた1月の終わり

 

私は、衝撃的なことをMさんから聞くことになります

 

「父が○○(道外)に転勤することになりまして…私も○○に行きます」

 

 

以前に記事にしたこともありますが、実は私も中3の2月に父親の転勤(長崎→函館)を聞かされ、長崎県の公立高校を受験して合格したのち、函館中部高校に編入するということをしているのです

 

私の場合は、既に北海道の願書の受付が締め切られていたので編入でしたが、彼女の場合は○○の願書の締切には間に合います

 

ただ、私立は…間に合いそうにありません

 

そして、そもそも残り1か月で○○の入試に対応できるのかという問題が(^_^;)

 

それぞれの都道府県で丸っきり傾向が異なるのが公立高校入試です

 

それは電話帳を解いた人ならわかると思います

 

 

北海道の願書を取り下げて、○○で受験するのか

 

北海道で受験して、○○で編入試験を受けるのか

 

 

保護者の方とも何度も連絡を取り、出した結論は後者でした

 

北海道での公立入試、Mさんは見事に第一志望校に合格!

 

しかし、他の生徒が高校の予習に取り組む中、彼女は編入試験のための準備に追われていました

 

折しも休校措置のため、周りの友達は受験も終わり遊んでいる中、彼女は黙々と勉強していました

 

 

そして今日

 

○○での編入試験があり、無事合格したとの知らせが届きましたヾ(*´∀`*)ノ

 

偏差値的には、北海道で受験した高校とほぼ同じ、大学の合格実績もほぼ同じ

 

普通、編入するとなると、確実に合格できるように少し落として受験するのでしょうが、最終的に彼女は「しっかり勉強できる高校」を選びました

 

まあ、制服という要素も若干あったようですが(笑)

 

 

春休みの面談で下級生に受験のジンクスについて話したあと、「じゃあ、今年の中3で一番質問した人って誰だかわかる?」と聞くと、全員が「窓際の一番後ろに座っていた女の子ですか」と答えるくらい、みんなに認められていたMさん

 

高校部で指導できなかったのがは残念ですが、この1年間を糧に新しい場所でも頑張ってくれると思います

 

これからも面談を行う度、彼女のエピソードは登場するでしょう

 

 

今日で、やっと私の2019年度の受験も終わりました

 

また、来年の春に向けて、新たなスタートですね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
ちょっとだけ変えます

先日、こんなことを書きましたよね

 

さて、通常に戻しますか

 

あれから(いや、以前からですが)、このブログの今後のことについて考えていました

 

実際、やめようかなという寸前まで行きました

 

でも、受験が終わった後、合格発表が終わった後のお礼のコメントやメールで「続けるか…」となるんですよね

 

もう、ここ数年の恒例行事のようなものです

 

実際、こういったものがなければ、とっくの昔にやめていたと思いますよ

 

 

さて、そうは言っても私にも色々と考えていることがあるので、新年度以降のブログについていくつか変更点があります

 

これは現時点での話しであって、突然方針が変わる可能性もあります

 

 

まず、「道コンの中学校別平均点」のような、塾や皆さんから情報提供を求めるものについて

 

情報を提供していただいた方のみの公開にさせていただきます

 

※ただし、「現役高校生に聞く」の公開は続けます

 

 

次に、道コンの感想について

 

当該年度(新年度なら2020年度)のものについては公開しますが、過去のものについては「全て」非公開とし、塾生のみが閲覧できるようにします

 

 

私立高校の説明会の記事については、そのままです

 

道コンなどのデータを使った分析系の記事も、そのままです

 

 

最後に…

 

うちの塾生に週に一度記事を書いてもらいます(笑)

 

※既に交渉済み&記事をストック済み

 

 

ブログの情報を使うのであれば提供できるものはしていただきたい

 

せっかく通ってくれている塾生との差別化を図りたい

 

そういう思いから、このような対応を取らせていただきました

 

一度は、会員制ブログとか考えたんですよ(笑)

 

別にお金とかは取るつもりはなかったのですが、どんな人が見に来ているか素性を明らかにしてもらおうかと思って

 

ただ、面倒なのでやめました(^_^;)

 

 

それでは、今日はこのへんで

 



| 教育関係 | comments(0) | - |
今年の受験を振り返るシリーズ その1

何だか大げさなタイトルつけてますが、単にうちの教室の受験を振り返るだけです(笑)

 

それくらい、今年度は印象に残る受験が多かったので

 

なお、その1とついていますが、その2は来週以降になると思います(´-`).。oO

 

 

学びやむげんの今年度の合格第1号はHさんでした

 

彼女がうちに通うようになったのは、中2から

 

非常にまじめな生徒でしたが、高校受験では第1志望の高校に届かず、厚別高校を受験しました

 

無事合格を果たしましたが、うちの高校部には入らないだろうなと思っていたので、続けると聞いたときは正直驚きました

 

中学校で入っていた部活動を、高校でも続けながらの日々

 

正直、高校2年生までは、毎日うちの教室に通うような模範生では決してありませんでした

 

それでも、成績は上位を常にキープし、平均評定もかなり高い数値

 

これなら、指定校推薦も行けるなと思っていた高2の冬

 

彼女の口から出てきた第1志望の大学・学部名は、厚別高校にはおそらく指定校推薦の枠がないだろうというところでした

 

そして、高2から高3になるタイミングでの、うちの移転

 

家の近くにあったのが、高校とは真逆の方向、通うには交通機関を使うか送迎が必要な距離になってしまいます

 

多数の地元の子が継続を断念する中、彼女は高3になっても続けて通うことにしてくれました

 

何度も進路について話をし、最終的に第1志望への公募推薦での受験を決めました

 

試験科目は、面接と小論文

 

小論文の問題集を取り寄せ(添削はしましたが、指導と呼べるようなものはしていないです)、面接の練習を何度も繰り返し

 

試験当日の様子を後日彼女から聞いたとき、私は合格を確信していました(私の中で必ず合格するジンクスに当てはまっていたので)

 

結果、見事に「天使大学看護栄養学部栄養学科」に合格ヾ(*´∀`*)ノ

 

栄養学科に進学するだけなら、他にも大学はありました

 

ただ、高校受験で第1志望の高校に進学できなかったので、大学は何としてもという思いは彼女にも私にもありました

 

そして、私を信じて?高3になってもうちの教室に通わせてくれた保護者の方に改めてお礼を言いたいです

 

 

実は合格発表の後、すぐにこの記事を書きたかったのですが、全ての受験が終わるまで書かない方がいいと思って、ここまで延ばしてきました

 

やっと書くことができて、すっきりしました(^-^)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | - |
新年度説明会(高校生対象)終了

昨日は、10時から21時まで面談を行っていたため、ブログ書けませんでした(^_^;)

 

その分、今日書きますね

 

と言っても、説明会が終わったよというネタですが(笑)

 

中学部の参加人数が少なかったので、どうなることかと思っていたのですが、大勢の方に参加していただきました(昨年夏の入試説明会には負けますが)

 

ありがとうございます<(_ _)>

 

決められた時間内に終わるという、最大の目標が達成されたので満足です(そこ?

 

営業的要素がないので失望された方もいるかもしれませんが、まあ風呂敷広げすぎてもねぇ…

 

ご縁がありましたらよろしくお願いいたします

 

 

合格の報告やお礼のメールが随分溜まっているのですが、明日からボチボチ返していきますので、もう少々お待ちください

 

明日からは「一応」春休み特別時間割です

 

ちょこちょこ、面談入ったりしてますが、基本的には朝9時から教室を開けることはなくなります

 

いやー、長かったな(^_^;)

 

すっかり早起きの習慣が身についてしまったので、しばらくはアラームなしでも7時に目が覚めると思います(笑)

 

せっかくだから、このまま早起き続けますかね…

 

でも、そうすると、夜早く眠くなるんだよなぁ

 

おじいちゃんみたいですね(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
熟長会の会合を当教室で行いました

15日の日曜日

 

第5回の札幌熟長会を当教室で「小規模」に行いました

※「小規模」というところが重要です

 

当初は午前中からの予定でしたが、午後からに変更になったことで、私の要望が大幅に盛り込まれた内容になりました

 

その結果、なぜか私が司会進行を務めることに…

 

 

公立入試の振り返りと2年後に向けての展望

私立入試総括(札幌日大、北海道科学大、札幌山の手の先生が参加してくれました)

各塾の現況(コロナウイルス対策含む)

ZOOMの活用について

 

 

あれ…もう一つ何かあったような(-_-;)

 

公立入試の振り返りについては、毎年恒例にしてもいいですね

 

熟長会の会合とは別にしてもいいので

 

というか、入試当日にそれぞれの塾長が集まって入試解答速報やった方が面白いかもしれませんね

 

それをライブ配信する形で

 

某テレビ番組よりよっぽど面白そうなんですが(笑)

 

今回も、有益な情報を数多くいただくことができましたヾ(*´∀`*)ノ

 

熟長会の会合の中身については…まあ、面談などでポロポロ出てくると思います(笑)

 

ただ、1つだけ皆さんに知っておいてほしい話があるので、それだけ書いておきましょう

 

 

今週から分散登校なども始まり、明日にも全国一斉休校の要請が解除になるかもしれないなど、明るい話題も増えてきています

 

 

4月から無事に新学年の授業が始まるかもしれません

 

その時に、生活リズムが崩れている子どもが、果たして学校に通うことができるかどうか

 

不登校の生徒が急増するのではないかという懸念が、熟長会の会合で話題になりました

 

そして、学力の二極化がさらに進行し、それは特に小学生で顕著に表れるのではないかと

 

数年後、今の小学生が中学・高校生になった時に、この問題が浮き彫りになるように思います

 

 

 

さて、ここからは熟長会とは関係のない話です

 

合格発表から一夜明けて、少しずつ情報が集まってきています

 

2年前もそうだったのですが、一部高校では、道コン事務局の出した最低点よりも低い点数での合格者も少なからず出ているようです

 

これ、道コン事務局を批判しているわけではないですよ?

 

自己採点なんてあてにならないよね、ということを言いたいのです

 

正確に出せる生徒もいれば、記述問題を全て不正解にするような、厳しいというよりそれ採点放棄じゃないの?というようなものまで

 

そんなデータでボーダーを出したら、それはぶれますよね

 

しかも、採点基準は各高校でまちまちなのです

 

うちの生徒も、さっそく得点開示に行って来てくれましたが…

 

かたや自己採点より14点増、かたや自己採点より10点減(^_^;)

 

まあ、普段から自己採点慣れしている生徒が、ボーダーを上回ったら大丈夫

 

そんな使い方しかオススメできませんね

 

 

うちの教室も、今年は積極的に自己採点は勧めませんでした

 

その結果、ほとんどの生徒が全くやらないか、自信のある教科だけやるということに

 

私自身、全く結果が予想できない合格発表までの2週間でした

 

こんなの初めてですね、結構しんどかったです

 

 

そうそう、得点開示はぜひ行きましょう

 

「合格(不合格)だから点数なんてどうでもいい」ではなく、中学生活の区切りとして自分の点数は知りたくないですか?

 

あ、別に私に教える必要はないですからね(フリじゃないです)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
合格発表

例え、教室全体で見た時に周りから「すごいですね!」と言われるような結果であったとしても、1人でも不合格者がいれば喜ぶわけにはいきません(いや、合格した生徒は喜んでくださいね)

 

元々、独立してからは、合格実績をブログやHPには載せないというポリシーでやってきましたので、今年もうちの生徒がどこに合格したのかは書きません

 

別に実績を公表している塾を批判しているわけではありません

 

その高校に合格するような生徒が通っています、そういうレベルでやっていますというアピールは大事ですから

 

ただ、合格実績は過去のものであって、今いる生徒の進路を保証するものではないという私の変なこだわりです(笑)

 

もし、知りたければ、説明会か面談に来てください(その際は話しています)

 


倍率が1.0倍を超えているのであれば、必ず不合格者がいるということです

メッセージは昨日のブログで伝えてありますので、ここではこの後の動きについて簡単に書いておこうと思います(おそらく、中学校に行って同様の説明を受けたと思いますが)

本日中に合格者の入学意思の有無の報告がなされ、入学意思のない生徒の分の追加合格の通知が、明日の9時半から16時半の間にあります

ですから、今日残念な結果だった方も、明日のこの時間帯は連絡が取れるようにしておいてください

 

そんなに多くはないと思いますが、既に私立への進学を決めていて、それでもTOP校の合格が欲しいという生徒が受験している可能性はあります(日大はTOP校合格で特待になる制度もありますし)


自分の生徒、ブログの読者の方からの報告を含めると、かなりの数の追加合格の報告があります

 

自己採点の結果にある程度の手応えのあった人は、非常に辛いかもしれませんが、明日まで可能性を捨てないでください

 


そして、19日(木)に二次募集の人員が発表され、23日(月)から24日(火)の間に二次募集の願書を提出することになります

二次募集の合格通知は27日(金)までに届くことになっています
 

札幌圏では、上位校こそありませんでしたが、今年も定員割れの高校が多いです

 

基本的に、点数(内申点+当日点)が上位の子から合格が決まっていくのですが、TOP校の不合格者は私立の特進コースに進むケースが多いので、意外と合格ラインは高くなさそうです(あくまでも推測ですが)

 

どうしても、公立高校へという方は、ダメ元で出してみてもいいかもしれません

 

 

昨日の記事のとおり、あなたが最良だと思っている場所、あなたが希望したところではない場所を、良くするのも悪くするのも、これからのあなた次第です

公立高校に合格できず私立高校に行った私の教え子の中には


弁論部で全国優勝して、第一希望の公立高校からはとても行けそうにない某私大に行った者

バスケで活躍し、それがある大学の関係者の目にとまり、某強豪大学へ進学した者

実家の商売を継ぐために、ある漫画の舞台にもなった某大学の学部へ進学を果たした者

 

外部模試のSSが、中学時代の同級生を軽く超えるレベルまで行った者



そういった生徒たちもいます

4月から進むその場所で、あなたができることを力いっぱいやってみてください


希望通りに合格を果たした方、おめでとうございます

今までの頑張りが合格という結果で報われて、喜びもひとしおだと思います

この喜びを忘れないでくださいね

その高校は、あなたが望んで選んだ場所のはずです

数ヵ月後、「うちの高校クソだわ」なんて口が裂けても言わないように


それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(5) | - |
2019年度の集団授業が終了しました

今日で、2019年度の集団授業が全て終了しましたヾ(*´∀`*)ノ

 

来週は、元々春休みの予定だったので、夜の授業はなし(その代わり面談が入っています)

 

再来週からは、春休み特別時間割ということで、これまた夜の授業はないのです

 

何とか、全学年、数学と英語はきっちり終わらせることができました

 

実際、とんでもなく早い時期に終わってしまい、後半は理科や社会ばかりやってましたが(^_^;)

 

 

2020年度は、集団授業は理科と社会に変わります

 

数学と英語は、理解度の差があるので、生徒個別で見た方がいいのと、理科と社会を苦手とする生徒が以前と比べ明らかに増えてきたからです

 

学校によって進度がバラバラなのは気になるところですが、きっちり基本的な部分から導入するので学校で習っているかどうかは関係ありませんし、うちの授業が元々定期テスト対策ではなく受験に向けてということを考えると、あまり気にすることもないかなと思っています

 

理科と社会かぁ(*´▽`*)

 

雑談多くならないように、気をつけます(笑)

 

まあ、雑談大事なんですけどね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
政治に興味を持ってほしいなぁ

中学3年生の皆さん、卒業おめでとうございます(*´▽`*)

 

来賓のいない卒業式は、長い挨拶がなくていいですけど、在校生や保護者の方々がいない卒業式は寂しいものがありますね

 

例年なら、最後のホームルームの時に、保護者の方々にも教室の中に入ってもらって、様子を見てもらったりできるのですが…

 

友人の娘さんが卒業式だったのですが、送られてきた写真は、生徒玄関前での出待ちの様子でした(^_^;)

 

 

さて、卒業とは全く関係のない話かもしれませんが、私は今の小中高の世代から政治に強い関心を持つ子が多く出てほしいなと思っています

 

今回の、この一連の騒動は、将来間違いなく教科書に載るできごとです

 

忘れることのできないものになるでしょう

 

大人が決めた休校措置や外出自粛に、ただ従うしかなかった子どもたち

 

自分だったら、どうするか?そういうことを考えるいい機会だったと思います

 

ちなみに私が小中学生の時のできごとで今でも覚えているものは

 

長崎大水害

日航機墜落

大韓航空機撃墜

 

この3つですね

 

 

ちょっと辛口の意見ですが、今の世の中を見て「随分、お年寄りが大事にされているな」と思いませんか?

※別に粗末に扱えというわけではないですよ

 

極論かもしれませんが、政治家が、お年寄りを見て色々な政策を決めているからです

 

政治家は選挙で当選しなければただの人です

 

そうなると、自分に投票してくれる人を優遇しますよね

 

では、今の世の中の流れを変えたかったら、どうすればいいのでしょう?

 

若い人が選挙に行けばいいんです

 

あなたたちも、あと3年経てば選挙権を持つ年齢になります

 

若者の投票率が上がれば、政治家は若者を無視できなくなるでしょう

 

ただ、投票したくなるような政治家がどれだけいるのかという問題もありますよね…(-_-;)

 

そんな時でも、必ず投票に行ってください

 

そして、白票ではなく、ちゃんと候補者の名前(政党の名前)を書いてください

 

私も、以前、どうしても投票する候補者がいなかったときに白票を投じたことがありましたが、棄権と同じ扱いになるため、結局は最有力者を利するだけだとわかりました

 

そもそも、自分の考えを100%体現してくれる政治家なんていません(自分がなるしかない)

 

Aという政策には賛成だが、Bという政策には反対ということが当たり前にあります

 

そんな候補者の中から、消去法でもいいので「誰が一番マシか」で選べばいいわけです

 

 

自分と関係ないところで、色々と決められるのはイヤじゃないですか?

 

だったら、自分たちが決める側に立てばいいんです

 

その方法の一つが選挙なんですよ

 

 

実は、私が小さいころになりたかったものの1つが「政治家」です

※他には花火職人というのもあります(笑)

 

このブログを読んでくれている人の中から、将来政治家が誕生したなら、こんな嬉しいことはないですね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
残念なお知らせ

毎年、4月2日、3日に行われる第1回の道コンですが、折からのこのコロナウイルス騒動でどうなるか、気にはなっていたんですよね

 

第1回道コンの事務局公開会場「中止」と「自宅受験」のお知らせ

 

事務局会場受験スケジュール

 

道コン自体は実施(ですから、うちの教室はやります)

 

2日(中1・中2)3日(中3)の全道統一実施から、2日から12日までの期間での任意実施に(小学生の道コンのイメージを持ってもらうといいかも)

 

ただし、事務局会場受験は中止で、自宅受験に切り替え(塾への斡旋はしないようです)

 

総合資料はweb上のみでの公開、成績優秀者の発表はなし

 

 

うーん…(-_-;)

 

色々な噂も耳にしましたが、まあ現時点ではやむを得ない対応でしょうね

 

成績優秀者の発表がないと、モチベーションの低下が心配だなぁ

 

自宅での受験者、そこまで増えることはないでしょうから、全体として受験者数は減るでしょうね、恐らく

 

なお、うちは、4月4日(土)に全学年一斉実施とします

 

理由は2つありまして

 

(1)道コンが終わると燃え尽きるのか、途端に勉強しなくなるので、ギリギリの方がいい

※うちは5日(日)6日(月)と連休にして、7日(火)から新学年での通常授業スタートです

 

(2)一度にまとめてしまった方が、他の生徒が教室を使いやすくなる

※道コン実施中は、自習不可にしてあるので

 

積極的に募集はしませんが、道コンの受験はしたい(答案返却時にアドバイスもします)という方は、お問い合わせください

※人数変更締切が17日(火)なので、16日(月)までにご連絡下さい

 

そうそう、こんな事情ですので、4月道コンの感想は書きません

 

内部生(中3のみ)向けには解説授業やりますからね(Five schoolsでも)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
今度の日曜日のこと

公立入試から1週間経ちましたが、「もう1週間」「まだ1週間」どっちですかね?

 

「まだ1週間」という方が多いような気がします…学校休みだからなおさら

 

合格発表まで、1週間近くありますからね

 

入試から合格発表までの期間、全国有数の長さなんですよ、北海道って(以前調べました)

 

まあ、神奈川や東京のように2月に入試と合格発表があったところもありますからねぇ…入試と言えども、まあ色々です

 

そろそろ、寝るのにも遊ぶのにも飽きてきたんじゃないですか?(笑)

 

いや…うちのブログを見るような中3生なら、ちゃんと勉強してましたかね(´-`).。oO

 

 

さて、今度の日曜日

 

第5回の札幌熟長会が開催されます

 

当初は、会場を借りて大人数で行う予定でしたが、自塾で休校措置を取られている方もいたり、イベント自粛の要請も出ていたりという中では、出席することができないという方も多数出てきまして…

 

うちの教室で、時間も短縮し少人数で行うことになりました(^-^)

 

実は、熟長会の昼の部は初めての参加なんですよね

 

いつもは、日曜日は教室を空けているので夜の懇親会からでしか参加できなかったんですよ

 

今回は、ちょうど春の面談週間と重なっていたので、あらかじめスケジュールを開けておいたのです(予定が変わって、翌日も朝9時から教室開けるのですが)

 

規模も時間も変わってしまったので、予定されていた内容も変更

 

参加した皆さんと、今年の入試や来年以降の入試について語ることになりました

 

これは、私にとっては嬉しい変更ですヾ(*´∀`*)ノ

 

こんな機会はなかなかないですからね、来年以降も熟長会とは別で企画してもいいくらいです

 

何なら、ライブ配信してもいいくらいですね

 

しませんが(笑)

 

 

もし、そんな面白そうなことするなら来年は参加したいという塾の先生

 

いらっしゃいましたら、連絡お待ちしてます(まあ、連絡いただいても来年ですが…)


 

日曜日が楽しみですね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
1/132PAGES >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode