札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
現役高校生に聞く!道外編 北陸の商業高校

学年:高3(本人回答)

 

生活面
1:通学方法・時間(自転車通学の可否)

徒歩20分弱、学校から半径2km外もしくは部活等で必要な場合のみ可

 

2:服装に関する決まり

指定の制服、ネクタイは式典の時必須、体育館内は内ばきのみ、防寒具は皮・ジーンズ以外、靴下は黒・紺・白の無地かワンポイント、ストッキング(タイツ)は肌色・黒で無地、雨ガッパは百均などの薄いもの禁止、裾を短くしたり長くしたりするの禁止(だいたい膝丈)

 

3:髪の毛に関する決まり

前髪は眉毛まで、(女)紺・黒・茶色の無地のリボンかゴム紐などで髪をまとめる、(男)もみあげを長くしたり、額を剃り上げるの不可、パーマ・カール・脱色・染髪・変形禁止、天パや地毛で黒以外の髪(染めてるような色)の生徒は入学時に地毛登録証の申請必須、整髪料禁止、アシンメトリーな髪形(横で結ぶなどは可、片方だけ刈上げたり短くしたりするのが不可)禁止、(眉毛を剃ったり細くしたりするの不可だが、整えるのは可。先生しだい)

 

4:携帯(スマホ)の扱い

何年も前から生徒会が学校と交渉して今年から持ち込みは可能になったが、違反が多いため来年からどうなるかは分からない。

 

5:名物行事

学校祭(文化祭と体育祭)

 

6:アルバイトの可否

表向きは禁止だが、家計が苦しいためなどの理由で届け出を出せば可能。土日祝のみで、八時間以内、酒を扱わない場所で不健全(カラオケ、ゲーセン、漫喫、喫茶店等)でない場所のみ。一年生一学期と3年生夏休み後から内定か合格証明書くるまで、テスト週間とテスト中はバイト禁止。

 

7:学校帰りによく寄る場所

塾、スーパー、コンビニ(一般的な生徒は、夜ご飯を食べに行ったり、プリクラ、駅前、ショッピングセンター、バイトなど)

 

勉強面

1:何分授業?
基本は50分。たまに40分。

 

2:課題の量,講習(朝・放課後・長期休暇時)のあるなし、小テストの数

課題はほとんどなし。一週間ない時もある。英語の単語調べや国語の意味調べなどの簡単な物のみ。夏休みや冬休みは、薄いワークが英、数、簿記、情報処理などで学年によりあったりなかったり。また、読書感想文と課題作文は毎年出る。社会科の調べ学習もある。自分の体感としては課題の量は小学校よりも少ない。
講習は、進学クラスのみ週2〜5?ほど放課後に一時間あり、土日祝日はなし、夏休みは最初と最後の方に一週間ずつほどある。進学クラス以外は、三年生で希望制の英語の補修が月に三回ほどとれる。しかし、内容は中学生か高校一年生ぐらいのレベル。
小テストは先生によるが、ほとんどない。3年生の選択授業の英表で毎週ある物以外は、2年生の原価計算でたまにあった物ぐらい。

 

3:学校で使っている英語の文法書・単語帳、数学の参考書・問題集は何?

(進学クラスのものは分からないです)英語:UPGRADE(3年生の進学クラス以外の補習では チャンクで英単語Standard) 数学:Study-upノート、基本と演習のテーマ

 

4:学校以外での勉強時間はどのくらい?

0分〜四時間

 

5:選択授業についてアドバイスを(理科・社会・副教科・文理など)

商業高校なので文理で別れないです。3年生の理科基礎の選択は、生物基礎か地学基礎、物理基礎、科学基礎のいずれか開講された2〜3つのどれかから選べる。三年生の社会の選択は、地理Aか日本史Aから選べる。選択授業は数が多く、学科によって異なるので省略します。ただ、選び方によっては三年生で数学を学ばなくてよくなったり、定期テストが3科目になったりします。

 

6:高校に入って、中学までと一番レベルの違いを感じた教科(勉強)は?

レベルが高いと思ったのは体育の授業。スポーツ推薦で入ってくる生徒が多いので、全体のレベルが高い。教え方も根性論ではなくて授業が楽しい。レベルが低いのは普通科目全般。授業時間数が足りない。


7:学年でどのくらいの順位にいれば国公立(北大)を狙えると先生は言っていますか?
履修科目が全然違うので、クラス単位でしか順位は出ないが、学年で国立は〜3人ほど公立は〜18人ほど毎年行ってる


その他
1:入学前・入学後の高校に対するイメージ

(入学前)県で真ん中ぐらいの、保護者からもそんなに悪い噂を聞かない、学力もそんなに低い所じゃないと思ってた。(入学後)入ったが最後、自分で勉強しないと普通科とは同じ舞台にすら立てないようなレベルの学力にどんどんなっていく。私の代は荒れていて、物や現金がしょっちゅう無くなる。

 

2:他の高校の子に話してビックリされたこと(これってうちだけ?)

七時間目がない、七時で校舎が閉まる(教員もいなくなる)、休日に補習がない、マラソン大会で女子は6km男子は8km走る、宿題がほぼない

 

3:自分の高校の良いところ・嫌なところ

良:就職する人が四割ほどいるので、多様な価値観に触れれる。入る部活を選べば、放課後や土日など自分の時間をたくさん作れる。学校自体が受験戦争の雰囲気を全く出さないので、テストの点数などで全くギスギスしない。のびのびと過ごす事ができる。めっちゃ遊んでてもガリ勉でも誰も気にしない。今までの積み重ねてきたブランドの力があるから、就職は一人当たり十何社くる。お昼にパン屋が二つとお弁当屋が一つくる。体育祭やスポーツテストの日には自販機を一日中解放してくれる。200台?あるパソコンすべてに最新のOSが入っている。受験を意識した授業をしなくてよいため、特に社会科て本当に先生が教えたいことを教えてくれる。頑張ってる人を応援する風潮。
 

嫌:授業が簡単すぎる。

大学受験に対応できるような学力を学校の授業でつけることができない。青春を楽しまなくちゃ!みたいな雰囲気がそこはかとなく漂ってる。担任がセンター試験のこと全然知らない。情報の授業の担当の年配の先生が最新のOSについていってない。

 

4:受験前にやっておけば良かったと思うことは?

特になし

 

最後に後輩たちにメッセージがあればどうぞ

経済系、経営系以外の大学に行きたいなら、考え直した方がいい。就職を考えているならここが一番。

 



| - 道外編 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/1PAGES
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode