札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
学校祭の季節 2018(追記あり)

さて、例年通りのことを言いますが…

 

学校祭は年に一度のお祭りです

 

ですから「学校祭が楽しかったから、○○高校に行きたい!」というのは、志望校の選び方としては「う〜ん」と思うんですよね(^_^;)

学校祭がない時期、楽しくなかったらどうするんですか(笑)

あくまでも、選ぶ際の要素の一つとして考えてもらえればと思います
 

 

それと、ここで書かれている日程は、私が把握している範囲での話しなので、もし書かれていないものでわかる場合はコメントしていただければ助かります

 

なお、一般公開の時間が結構短いところも多いです(10時〜14時とか)

 

見に行く場合は、午前中または午後の早い時間の方がいいでしょう

 

また、身分証が必要だったり、一般公開していなかったりといった学校もあるかもしれません

 

一般公開するとわかっているところは一般公開日を、不明なところは学校祭の日程のみを書いてますので、調べてから行ってくださいね

 

公立
東 5日(木)〜7日(土)

西 13日(金)〜15日(日)
南 6日(金)〜8日(日)
北 6日(金)(行灯行列)8日(日)(一般公開)

月寒 5日(木)〜7日(土)

国際情報 6日(金)〜7日(土)
白石 7日(土)(一般公開)
藻岩 6日(金)〜7日(土)
旭丘 7日(土)(一般公開)
手稲 7日(土) (一般公開)
大麻 7日(土)(一般公開)
啓成 14日(土)(一般公開)

清田 6日(金)〜7日(土)
平岸 
稲雲 
平岡 7日(土)(一般公開・中学校の身分証が必要)
厚別 7日(土)(一般公開)
東商業 
白陵 13日(金)〜14日(土)
東陵 7日(土)(一般公開)
新川 6日(金)〜7日(土)(一般公開)
北陵 7日(土)(一般公開)
英藍 14日(土)(一般公開)
北広島 7日(土)一般公開
恵庭南 13日(金)〜14日(土)(一般公開)
琴似工 7日(土)(一般公開)
札幌工 7日(土)(一般公開)
東豊 

南陵

真栄 13日(金)〜14日(土)

開成 

丘珠 13日(金)〜14日(土)

石狩南  6日(金)〜8日(日)

石狩翔陽 13日(金)〜14日(土)

当別 

西陵 

あすかぜ  11日(水)〜13日(金)

江別 

野幌 12日(木)〜13日(金)(13日限定公開)

北広島西  6日(金)〜7日(土)

千歳 12日(木)〜14日(土)

啓北商 12日(木)〜14日(土)

恵庭北 6日(金)〜7日(土)

千歳北陽 13日(金)〜14日(土)

 

私立

北海 8日(日)一般公開

第一 14日(土)

日大

東海大

立命館 14日(土)〜15日(日)

学園札幌 13日(金)〜14日(土)

光星 13日(金)(行灯行列)14日(土)〜15日(日)(一般公開)

大谷

科学大 6日(金)〜7日(土)

北星附属 7日(土)(一般公開)

創成

北斗

静修

山の手 21日(土)(一般公開)

龍谷 13日(金)〜14日(土)

新陽 14日(土)

文教大明清

とわの森 21日(土)(一般公開)

聖心女子 14日(土)(一般公開)

北星女子

藤女子 15日(日)(一般公開)


今年は私立も載せてみました(私立はPRになるので、学校祭の日程については調べればわかると思いましたが、意外とHPに載っていない…)

大体7日(土)なんでしょうが、西が1週ずれているのが意外…
 

 

さて、今日の夜はサッカーW杯の予選リーグ第3戦

 

報道なんかだと、ポーランドには勝てるみたいな雰囲気ですが…

 

ドイツが負けた例もありますし、何が起きても不思議ではありませんよ

 

まあ、精いっぱい応援するしかありませんね

 


それでは、今日はこのへんで



| 教育関係(高校) | comments(4) | trackbacks(0) |
2018年 大学合格実績比較(私立TOP校編)

大学合格実績比較の第4回は私立TOP校編です


取り上げるのは、昨年同様、札幌第一(第一)・札幌光星(光星)・札幌日大(日大)・北海・立命館慶祥(立命)の5校

 

そして、南と東の2校を公立の比較対象先として、完全中高一貫校の参考として北嶺を取り上げさせていただきます


合格実績は、国公立・北大・北大を除く道内国公立・北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大)・医学部医学科(国公立のみ)

といった5つの分野で、合格者数を比較していこうかと思います

なお、ここに出ている数字は、説明会やHP上で公表されたものを中心に、不明な年度や部分については「道新受験情報」「北海道高校ガイドブック」のデータで補足しております

数字にずれが若干あるかもしれませんが、ご容赦ください

 

さらに、私立高校には公立高校にない特徴として「中高一貫コースを持っている」「コース分けがされている」ということがあります(第一と北海はありませんが)

 

本来であれば、それも区別して比較しなければいけないところですが、明確に数字をわけてくれている学校もあれば、そうでない学校もありますので、ここでは学校ごとの比較とさせていただきます

 

そして、私立は年度によって卒業生の数の変動が大きいという特徴があるため、今年も卒業生数を320名に補正した場合のデータも載せてみることにします

 


まずは国公立大学合格者数から(補正前)

※公立の時と年度の順番が逆になってます、実はこっちの方が書きやすいので、来年以降はこっちに統一するかもしれません

     2014 2015 2016 2017 2018

第一(現)  80   99  111   92  123

第一(浪)  49   35   55   29   31

 

光星(現)  86   82  127  112   82

光星(浪)  48   33   36   36   25

 

日大(現)  47   49   48   56   57

日大(浪)  27   11   14   11   22

 

北海(現)  22   41   42   40   35

北海(浪)  23   11   14   17    3

 

立命(現)  48   47   52   47   66

立命(浪)  26   21   21   19   21

 

札南(現) 161  160  182  214  178
札南(浪) 102  117  105   88   83

札東(現) 148  185  147  139  174
札東(浪)  60   80   53   37   44

 

北嶺(現)       77   75   59   69
北嶺(浪)       41   36   37   44

 

第一は大きく伸ばしましたね

 

現浪合計の数こそ2年前に及びませんでしたが、現役の数は過去最高ではないですか?

 

それに対して光星は大きく数字を落としました

 

日大は、実は学校発表の数は91名なのですが、現浪合わせてのものなので、区別がつく道新受験情報のデータを使いました

 

立命館は、現役、現浪合わせていずれもここ5年間で最高の数字

 

私立は全体的には頑張っていると言えるのではないでしょうか

 


次に北大合格者数

     2014 2015 2016 2017 2018

第一(現)  18   13   16   14   19

第一(浪)  12   14   20    6    8

 

光星(現)  11   11   11   17   15

光星(浪)   5    6    9    8    5

 

日大(現)   9   13    4    8   11

日大(浪)   6    2    2    2    5

 

北海(現)   1    2    2   10    2

北海(浪)   4    2    3    1    1

 

立命(現)  11   11    8    8   10

立命(浪)   5    5    5    4    7

 

 

札南(現)  89   70   84   75   80
札南(浪)  29   46   42   37   29

札東(現)  62   76   41   44   65
札東(浪)  24   26   24   22   16

 

北嶺(現)       14   21   12   15
北嶺(浪)        7    5    9   10



第一は、ここ2年ほど浪人での合格者が少ないのですが、今年は現役が頑張り、現浪合計でも3,4年前と同水準に回復しました

 

光星は、国公立合格者は減ったものの、北大合格者数は何とか踏ん張りました

 

日大は、2年前の不振からV字回復ですね

 

北海は…あれ?昨年はSクラス1年目だったから?

これは、今年の数字によって評価が大きく変わりそうですね(^_^;)

ただ、個人的には「去年、たまたま良い生徒が集まっただけ」という見方をしています

 

立命館も、じわじわ数字を伸ばしていますね

 

 

次に道内国公立大学(北大を除く)の合格者数

※ 札医・旭医・ 帯畜・ 樽商・教育大・室工・北見工・札幌市立・はこだて未来・釧路公立・名寄市立・道職能


     2014 2015 2016 2017 2018

第一(現)  41   52   67   59   70

第一(浪)  18   10   17   13   12

 

光星(現)  43   49   71   58   40

光星(浪)  27   15   14   15   12

 

日大(現)  24   32   32   36   26

日大(浪)   8    3    6    4    7

 

北海(現)  15   33   29   27   29

北海(浪)  13    4    5    6    2

 

立命(現)  14   14   13   18

立命(浪)   8    4    5    6

 

札南(現)            33   32 
札南(浪)            19   14

札東(現)  46   56   62   53   61
札東(浪)  14   22   10    4    9

 

北嶺(現)       16   17   17
北嶺(浪)       12   10    6

 

光星の数字が落ちているのが気になりますが、逆に道外の国公立を受ける生徒が増えているとも言えるんですよね

 

それは第一も同様です

 

私立は、道内にこだわらないのかもしれませんね

 


北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大) の合格者数は

     2014 2015 2016 2017 2018

第一(現)   0    4    0    2    3

第一(浪)   1    4    3    5    2

 

光星(現)   0    1    3    1    2

光星(浪)   3    1    1    1    1

 

日大(現)   3    0    2    2    4

日大(浪)   0    0    1    0    2

 

北海(現)   0    0    0    1    0

北海(浪)   1    0    0    0    0

 

立命(現)   9    3    6    5   15

立命(浪)   2    1    4    3    4

 

札南(現)  30   23   40   64   39
札南(浪)  27   18   16   16   15

札東(役)   7   16    9   11    7
札東(浪)   8    5    6    5    5

 

北嶺(現)       17   10   12   15
北嶺(浪)        5    7    9   12


私立TOP校が頑張らなければいけないのは、ここなんです

 

いくら、国公立大学や北大の合格者を増やしても、旧帝+2の合格者を増やさなければ、東西南北と肩を並べるところまでいけません


しかし、立命館の数は、ずば抜けてますね(南は除いて)

 

ちょっと見方を変えなければいけないかもしれません



おしまいは医学部医学科(国公立のみ)※データがない場合は「なし」と表記しています

     2014 2015 2016 2017 2018

第一(現)   1         0

第一(浪)   2  現浪3    5  現浪3  現浪3

 

光星(現)  なし   なし   なし   なし   なし

光星(浪)  なし   なし   なし   なし   なし

 

日大

現浪計     2    6    5    1    9

 

北海(現)  なし   なし   なし   なし   なし

北海(浪)  なし   なし   なし   なし   なし

 

立命(現)   4    4    3    3   11

立命(浪)   4    3    5    8    3

 

札南(現)  30   27   20   25   25
札南(浪)  17   29   26   22   27

札東(役)   0    3    3    2    4
札東(浪)   3    3    5    3    1

 

北嶺
現浪計         44   44   32   40



私立の中では、日大と立命館が一歩抜け出してますね

 

この辺りは、中高一貫の強みでしょうか

 

でも、それなら光星は?

 

ステラコースの卒業生も出てきているわけですから、この辺りでテコ入れしなければ…

ちょっと正念場かもしれませんね

 

 

さて、続いて補正後の数値をお見せするのですが、卒業生の数については学校基本調査の数字を基にしています(5月1日現在の3年生の数)

 

ですので、中退や転出(高3生であまり考えられませんが)により、卒業生の数はほぼ同数か若干少ないものとお考え下さい

 

それと、あくまでも卒業生に対しての比較ですので合格者数は現役のみです

 

卒業生数(公立は320人固定)

  2014 2015 2016 2017 2018

第一 336  399  382  385  428

光星 339  415  481  372  337

日大 305  351  353  351  329

北海 346  458  391  420  395

立命 252  284  302  257  294

札南 320  320  320  320  320

札東 320  320  320  320  320

北嶺      121  125  122  123

 

今年は光星は卒業生少なかったんですね、なるほど(^_^;)それは、ここ2年の実績と比べるのは可哀想かもしれません

 

日大は減っているのに、今年は頑張ったんですね

 

逆に第一は増えてますから…あまり評価はできないのかな?

 

立命館は増えたと言っても2年前並みに戻っただけです

 

国公立合格者数(公立は320人固定)補正後

  2014 2015 2016 2017 2018

第一  76   79   93   76   92

光星  81   63   85   96   78

日大  49   45   44   51   55

北海  20   29   34   30   28

立命  33   53   50   59   72

札南 161  160  182  214  178

札東 148  185  147  139  174

北嶺      188  192  155  180

 

おや?第一のデータがあまり目立たなくなりましたね

 

そして、光星のデータも昨年を除いてみれば、それほど悪くありません

 

やはり、補正かけてみるもんですね(-_-;)

 

立命館は、ここでも目立っています

 

 

北大合格者数(公立は320人固定)補正後

  2014 2015 2016 2017 2018

第一  17   10   13   12   14

光星  10    8    7   15   14

日大   9   12    4    7   11

北海   1    1    2    8    2

立命  14   12    8   10   11

札南  89   70   84   75   80

札東  62   76   41   44   65

北嶺       37   54   31   39

 

ほぉほぉ、これは面白い(笑)

 

第一・光星・日大・立命の差がほとんどないですね

 

3年前も同様の傾向が見られたのですが、こうして見ると思っているほど大きな差はないのかも

 

 

旧帝+2合格者数(公立は320人固定)補正後

  2014 2015 2016 2017 2018

第一   0    3    0    2    2

光星   0    1    2    1    2

日大   3    0    2    2    4

北海   0    0    0    1    0

立命  11    3    6    6   16

札南  30   23   40   64   39

札東   7   16    9   11    7

北嶺       45   26   31   39

 

これは、立命が圧倒的ですね(笑)

 

 

昨年同様、募集形態を比べて見ますと

 

光星:中学あり(上位コースなし)、上位コースの定員多い

日大:中学あり(上位コースあり)、上位コースと下位コースの定員がほぼ同じ

立命:中学あり(上位コースあり)、高校からの入学者が少ない

第一:中学なし、上位コースの定員多い

北海:中学なし、上位コースと下位コースの定員がほぼ同じ(若干下位が多いか)

 

全く同じパターンがないんです、面白いですよね

 

こうして見ると、光星が中学に上位コース作れば一番強くなりそうなんですが…作る気ないって言ってるもんなぁ(^_^;)

 

日大・北海は上に大学があって、上位コースと下位コースの定員がほぼ同じなのですが、日大は中学があることが大きいですね

 

北海は…Sクラスを作りましたが、ちょっと私立TOP校と呼ぶのは厳しい状況になってきました

 

学校全体を極端な進学校化はしないでしょうから、ここから数字を上げるのは厳しいでしょうね

 

対して立命は、上に大学があると言っても、一般受験で合格するのは難しいですから、学校全体の質は高く保つことができます

 

AOや推薦に力を入れる作戦がうまく嵌れば、一歩抜け出すかもしれません

 

第一は、今まで東西南北の受験者が流れて来てくれていましたが、光星ステラや日大プレミアS、そして立命に流れるようになれば、厳しい戦いを強いられそうです

 

中学がない(グループとしては北嶺がありますが)ので、どうしても入学してくる生徒の質に左右される面が出てきます

 

 

光星ステラが期待されたほどの実績を上げておらず、加えて北海Sクラスの2年目の不振

 

日大のプレミアSは、まだ卒業生を出していない

 

どこも決め手に欠ける状況では、第一の文理選抜を選ぶ受験生が増えても仕方がないのかもしれません

 

ただ、この2、3年で一気に勢力図が変わる可能性もあります

 

 

そして、ここに挙げた高校以外でも、特進コースや特進上位コースというものは存在します

 

それぞれの高校の看板を背負うことになるので、力の入れ方は半端ではありません

 

大勢の生徒の中では埋もれてしまうという心配がある場合は、こういった少人数の中で手をかけてもらうというのも一つの方法だと思います

 

公立TOP校を目指す受験生は、私立を滑り止めと考えて安易に決めることはせず、もしかしたら3年間通うことになる場所として、じっくり比較検討してもらいたいと思います

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係(高校) | comments(5) | trackbacks(0) |
2018年 大学合格実績比較(地方TOP校編)

大学合格実績比較

 

3週目は地方TOP校編です

 

例年同様、旭川東・小樽潮陵・苫小牧東・室蘭栄・函館中部・岩見沢東・帯広柏葉・釧路湖陵・北見北斗 の9校を取り上げてみました

 

各校で定員が違うので、それによって合格実績の価値も変わると思いますが、今回は単純に合格者数の比較にとどめたいと思います

 

ちなみに、過去5年間の定員(理数科含む)は

 

   2018 2017 2016 2015 2014

旭東  280  280  280  280  280

潮陵  240  240  280  280  280 

苫東  240  240  280  280  280

柏葉  280  280  280  280  280

室栄  240  240  240  240  240

中部  240  240  240  240  240

岩東  200  240  240  240  240

湖陵  240  240  240  240  240

北斗  240  240  240  240  240
札東  320  320  320  320  320
北広  320  320  320  320  320

 

こうなっています

 

これを踏まえて、以下の表をご覧になってください


国公立

北大

北大を除く道内国公立大

北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大)

医学部医学科(国公立のみ)

 

以上の5つの分野に分けて、合格者数を比較していこうかと思います

なお、ここに出ている数字は、各高校の進路指導部でHP上に公表しているものを中心に、公表されていない年度や部分については「道新受験情報」「北海道高校ガイドブック」のデータで補足しております

数字にずれが若干あるかもしれませんが、ご容赦ください

 

また、比較のために東と北広島の数字も載せておきます

 

まずは国公立大学合格者数から

     2018 2017 2016 2015 2014

旭東(現) 158  145  131  127  142

旭東(浪)  53   61   61   60   56

 

潮陵(現)  90   83   85   71  100

潮陵(浪)  30   27   31   19   21

 

苫東(現)  96   93   87   94   92

苫東(浪)   8   10   12   22   17

 

柏葉(現) 126  112  135  143  129

柏葉(浪)  34   38   31   32   38

 

 

室栄(現) 128  122  110  119   98

室栄(浪)  19   13   15   32   10

 

中部(現) 110   91  113  112   80

中部(浪)  18   28   21   38   25

 

岩東(現)  71   98   67   78   83

岩東(浪)  12   18   19   33   46

 

湖陵(現) 109  114  120  110  110

湖陵(浪)  14   18   17   21   33

 

北斗(現) 115  118  106  116   94

北斗(浪)   9   11    6   11   10

 

 

札東(現) 174  139  147  185  148
札東(浪)  44   37   53   80   60

 

北広(現) 133  138  112  147  100
北広(浪)  33   31   21   37   40

 

旭川東は、過去5年間で、現役のみ・現浪合計、どちらも最も良い結果でした

しかし、いつもながらの浪人生の多さ(^_^;)

 

潮陵は、昨年1クラス減で実績落としたかと思いきや、見事に復活

280名定員の時と遜色ない結果です

 

苫東はほぼ変わらず

でも、こちらも去年・今年と1クラス減った中で変わらない実績を出しているのですから評価できます

 

帯広柏葉は、昨年よりは上がりましたが、2,3年前の水準には戻らず

 

室蘭栄は着実に数字を伸ばして行ってますね

 

函館中部は去年が極端に悪かっただけですね、2,3年前の水準に戻りました

ただ、その割に浪人の合格者が少ないのが気になります

 

岩見沢東は、定員が減っているため、数字が下がるのはやむを得ないでしょうね

1クラス多かった2,3年前と同じと考えれば頑張っている方かと

 

釧路湖陵は現役・現浪合計で過去5年間で最低

 

北見北斗は、好調キープと言ったところでしょうか

 

 

 

次に北大合格者数

     2018 2017 2016 2015 2014

旭東(現)  22   33   32   24   24

旭東(浪)  12   12   18   19   15

 

潮陵(現)  16    9   16   18   13

潮陵(浪)  10    7    7    3    8

 

苫東(現)   6    3    5    7    8

苫東(浪)   3    2    3    5    6

 

柏葉(現)  11   22   27   29   24

柏葉(浪)   7    6    5   11   12

 

 

室栄(現)   8    9    6   15   10

室栄(浪)   2    2    4   13    4

 

中部(現)  12    6   12   13    8

中部(浪)   2    3    5    6    3

 

岩東(現)   7   13   10    9   21

岩東(浪)   4   10    7    6   13

 

湖陵(現)   8   13   14    9   12

湖陵(浪)   2    2    5    5    4

 

北斗(現)  19   13   10   16   12

北斗(浪)   2    2    2    2    3

 

 

札東(現)  65   44   41   76   62
札東(浪)  16   22   24   26   24

 

北広(現)   5   18   14    7    7
北広(浪)   5    7       12    9

 

あれ?国公立大学の数は多かった旭川東は、逆に北大の合格者数は過去5年間で現役・現浪合わせて最低ですね(-_-;)

果たして旧帝や医学科を目指した生徒が多かったからなのかは後ほど

 

潮陵・中部・北斗は巻き返しましたね

特に潮陵、ただ国公立大学の合格者を増やしただけではないということです

 

それに対して、柏葉と湖陵は…

 

特に柏葉、これは何が起きているのかと思わずにはいられないほどの下がりっぷりですね

 

 

次に道内国公立大学(北大を除く)の合格者数

※ 札医・旭医・ 帯畜・ 樽商・教育大・室工・北見工・札幌市立・はこだて未来・釧路公立・名寄市立・道職能


     2018 2017 2016 2015 2014

旭東(現)  68   54   53   53   57

旭東(浪)  16   21   17   16   20

 

潮陵(現)  44   62   49   31   61

潮陵(浪)  12   14   15    8    7

 

苫東(現)  50   61   52   56   59

苫東(浪)   2    8    8    6    4

 

柏葉(現)  63   62   57   66   61

柏葉(浪)   9   23    9    9   14

 

 

室栄(現)  57   60   58   69   61

室栄(浪)   4    4    9   22   13

 

中部(現)  42   39   37   31   29

中部(浪)   5    9    8    8    7

 

岩東(現)  43   67   38   52   57

岩東(浪)   5   15   14   14   27

 

湖陵(現)  58   51   61   50   53

湖陵(浪)   5    8    7    3   18

 

北斗(現)  59   65   61   61   57

北斗(浪)   3    3    4    5    4

 


札東(現)  61   53   62   56   46
札東(浪)          10   22   14

 

北広(現)  77   73   68   87   65
北広(浪)  15   13   11   10   15

 

旭川東は、北大の合格者が少ない=道内の他の国公立に流れたかと思っていたら、やはりそうでしたか

 

潮陵は、その逆です

 

他は例年通りといった感じですかね

 


北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大) の合格者数は

     2018 2017 2016 2015 2014

旭東(現)   5   12    9   12   12

旭東(浪)   5    4    5    4    3

 

潮陵(現)   1    3    0    1    1

潮陵(浪)   1    0    3    2    1

 

苫東(現)   3    2    0    1    1

苫東(浪)   0    0    0    1    0

 

柏葉(現)   4   10    4    6   10

柏葉(浪)   4    5    2    1    2

 

 

室栄(現)  10   11    5    6    5

室栄(浪)   5    0    1    3    3

 

中部(現)   2    2    2    5    1

中部(浪)   1    4    1    3    2

 

岩東(現)   3    2    2    4    0

岩東(浪)   0    1    1    1    4

 

湖陵(現)   6    4    0    4    1

湖陵(浪)   1    2    0    2    0

 

北斗(現)   3    4    3    2    2

北斗(浪)   0    0    0    0    1

 

 

札東(現)   7   13       16    7
札東(浪)   5    5        5    8

 

北広(現)           1    1    0
北広(浪)   3    0    2    2    2

 

うーん…旭川東は北大より上を狙った生徒が多かったのかとも思いましたが…

 

柏葉も、昨年だけと言われても仕方ありませんね

 

室蘭栄は、これで2年連続2ケタですから、もう本物でしょうね

 

湖陵も北大の合格者数は少なかったですが、そうですか、道外を受けたんですね

 

 

おしまいは医学部医学科(国公立のみ)※医学科との判別がつかない場合や、データがない場合は「なし」と表記しています

     2018 2017 2016 2015 2014

旭東(現)  10   14    8    9   15

旭東(浪)   9   10    8    8    8

 

潮陵(現)  なし    0    0    2   なし

潮陵(浪)  なし    1    1    0   なし

 

苫東(現)   なし    0   なし   なし   なし

苫東(浪)   なし    0   なし   なし   なし

 

柏葉(現)  なし   なし   なし   なし   なし

柏葉(浪)  なし   なし   なし   なし   なし

 

 

室栄(現)   1    2   なし    4    2

室栄(浪)   2    2   なし    2    3

 

中部(現)   なし   なし   なし   なし   なし

中部(浪)   なし   なし   なし   なし   なし

  

岩東(現)    0    1    2    2    2

岩東(浪)    0    1    0    0    2

 

湖陵(現)   なし   なし   なし   なし   なし

湖陵(浪)   なし   なし   なし   なし   なし

 

北斗(現)    1    2   現浪   現浪   現浪

北斗(浪)    0    3    0    6    0

 

 

札東(現)   4    5    3    3    0
札東(浪)   1    3    5    3    3

 

北広(現)   0    2    1    0   なし

北広(浪)   0    3    2    0   なし

 

医学部医学科のデータを分けてくれていないところが多いので、実態がなかなか掴めませんが、旭川東はここでもそこまで合格者を伸ばせず…

 

 

全体を通して言えることは、単年だけならその年のレベル云々で話を終わらせることもできますが、こうして5年スパンで見ると、それぞれの高校がどのような状況になっているのかがよくわかります

 

伸びている高校、停滞している高校
 

それぞれ理由はあるのでしょうが…

 

地元の上層が札幌に流れているのでは?とも考えましたが、5%枠で入学してくる生徒はTOP校各16名

 

そこまで左右する数字でもないような気もするのですが、どうでしょう

 

個人的に内情を知りたいのは、小樽潮陵と帯広柏葉ですね

 

情報お待ちしております<(_ _)>

 

 

私も函館中部出身です

 

それぞれの地域のTOPには、もっと頑張ってほしいと思います

 


それでは、今日はこのへんで



| 教育関係(高校) | comments(2) | trackbacks(0) |
2018年 大学合格実績比較(札幌圏の公立TOP校以外編)

さて、先週に続き大学合格実績比較の2回目です

 

今日は、札幌圏の公立TOP校以外の高校編です

 

今年は旭丘・月寒・北広島・藻岩・新川・北陵・手稲(一部)でお届けします

 

大麻は相変わらずなHPだったので、今年も除外

 

手稲は今年は早めに出してくれたので、今年含めて3年分だけですが載せることにします

 

例年同様、比較するのは東

最後に、開成について少しだけ触れようと思います



TOP校では国公立・北大・北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大)・医学部医学科(国公立のみ)

といった4つの分野に分けて、合格者数を比較していきましたが、今回同じようにしてしまいますと、医学部医学科(国公立のみ)に0と1が並ぶことになり、実用的ではありませんので

 

国公立・北大・道内国公立(北大除く)・北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大)

 

この4分野で比較しようと思います

 

でも、旧帝+2もあまり実用的なデータでなくなってきているんですよね(-_-;)

 

来年以降の課題です

なお、ここに出ている数字は、各高校の進路指導部でHP上に公表しているものを中心に、公表されていない年度や部分については「道新受験情報」のデータ(赤字)で補足しております

 

実際の合格者より少なくなっているかもしれませんが、それは「それぞれの高校がきちんとした数字を公表してくれないから」ということで、ご容赦ください


まずは国公立大学合格者数から

      2018 2017 2016 2015 2014

東 (現役) 174  139  147  185  148
東 (浪人)  44   37   53   80   60

 

旭丘(現役) 108  129  119  145  142 
旭丘(浪人)  50   52   36   51   61

月寒(現役) 124  102   86  113   84
月寒(浪人)  19   26   17   20   26

北広(現役) 133  138  112  147  100
北広(浪人)  33   31   21   37   40

 

手稲(現役) 117  122  123  
手稲(浪人)  12   20   23  

 

藻岩(現役)  58   75  117   62  108
藻岩(浪人)  11   10    5    6   18

新川(現役)  96   77   57   65   64     
新川(浪人)  21   12   20   23   17     

 

北陵(現役)  67   89  104   84   69 
北陵(浪人)   6    9   21   13   27

 


旭丘は過去5年間で最低

 

去年、今年と浪人の合格数が多いのは、ここ2年現役での合格者が少ないからですよね

 

ということは、来年も…

 

 

逆に月寒は過去5年間で最高

 

 

現役だけなら旭丘を逆転しました(というか旭丘が酷すぎ)

 

隔年傾向が強い高校だったのですが、それを見事に打ち破りましたね

 

ただ、やはり北広島には勝てず…

 

 

北広島は、昨年が過去数年間で最もレベルの高い学年と噂されていましたが、今年もほぼ同じ数の合格者を出しました

 

浪人の合格者数がもう少し増えるかと思ったんですけどねぇ

 

 

手稲は、ここ3年間、妙に安定しています(笑)

 

 

藻岩は隔年なら、今年は合格者が増える年だったのですが…まあ、そんなものはあくまでも傾向にしか過ぎないということですね

 

しかし、2年前の半分とは波が荒すぎます

 

 

新川は大躍進の年でした

 

そういう時こそ、早めにHP更新すればいいのに、なぜこの時期になってもしないのでしょうか(^_^;)

 

この好結果には、きっと理由があるはずなので、ちょっと探ってみたいと思います

 

また、事情を知っておられる方がいれば、コメントください<(_ _)>

 

 

北陵は2年前をピークに、きれいに元通りになってしまいました

 

このままだと、2016年だけということになっていまします

 

そして、ここ3年間、新川と丸っきり逆の結果が出ているのが興味深いです

 



次に北大合格者数

     2018 2017 2016 2015 2014

東(現役)  65   44   41   76   62
東(浪人)  16   22   24   26   24

 

旭丘(現役) 15   20   21   21   27 
旭丘(浪人) 14   16   12   20   21

月寒(現役) 13   13   10   12   10
月寒(浪人)          6    5    5

北広(現役)  5   18   14    7    7
北広(浪人)  5    7       12    9

 

手稲(現役)  3    6    6 
手稲(浪人)  5    6    3
 

藻岩(現役)  2    4    7    3    6
藻岩(浪人)  2    2    2    1    5

新川(現役)      3    2    0    3
新川(浪人)      2    3    4    3 

 

北陵(現役)  1    3    5         
北陵(浪人)  2    2    3    1    2

 

 

旭丘は、現役・現浪合計でも過去5年間で最低

 

遂に30人を割り込みました

 

東西南北が健闘したのと比べると、かなり物足りないですね

 

これは、大きなテコ入れが必要だと思いますよ

 

 

旭丘や北広島の数字を見ると、月寒は健闘したと言ってもいいかもしれません

 

 

その北広島

 

数字見た時に、何かの間違いかと思いました(^_^;)

 

これは、先生達は悔しいでしょう

 

でも、国公立大学全体の数字は落ちてなかったわけですから…今年は上位層が振るわなくて志望校を下げた or 中位層が頑張ったのでしょうね

 

 

手稲・藻岩・新川・北陵の4校の中では、新川の結果が目立ちます

 

国公立の合格者の数を増やしただけでなく、北大合格者も増やしているわけですから、やはり何か理由があるのでは(しつこい

 

ただ、昨年も言いましたが、この4校から北大(現浪問わず)へ進学するのは1ケタに過ぎません

 

現実問題、かなり厳しいと言わざるを得ませんね

 

この辺りを、志望校を決める際によく考えた方がいいと思います

 

 

次に道内国公立大学(北大を除く)の合格者数

※ 札医・旭医・ 帯畜・ 樽商・教育大・室工・北見工・札幌市立・はこだて未来・釧路公立・名寄市立・道職能

 

     2018 2017 2016 2015 2014
東(現役)  61   53   62   56   46
東(浪人)          10   22   14

 

旭丘(現役) 65   56   47   88   69 
旭丘(浪人) 13   16   15   12   21

月寒(現役) 79   68   54   79   58
月寒(浪人) 13    7    5    9    9

北広(現役) 77   73   68   87   65
北広(浪人) 15   13   11   10   15

 

手稲(現役) 80   75   73 
手稲(浪人)  9    4    8 

 

藻岩(現役) 42   52   75   47   65
藻岩(浪人)  3    4    1    3    6

新川(現役) 76   53   43   55   46
新川(浪人) 10    6   13   12   12

 

北陵(現役) 60   64   65   59   57 
北陵(浪人)  1    6   16    7   17

 

旭丘は、国公立・北大と昨年と比べて数を減らしているのに、ここの数が増えているということは…

 

まあ、そういうことですよね(^_^;)

 

 

 

最後に、北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大) の合格者数は

     2018 2017 2016 2015 2014
東(現役)   7   13       16    7
東(浪人)   5    5        5    8

 

 

旭丘(現役)  2    3    9    6    7 
旭丘(浪人)  5    2    1    5    2

月寒(現役)  0    1    0    0    0
月寒(浪人)          3    1    0

北広(現役)          1    1    0
北広(浪人)  3    0    2    2    2

 

手稲(現役)          

手稲(浪人)  0    0    

 

藻岩(現役)  0    0    0    0    0
藻岩(浪人)  0    0    0    0    1

新川(現役)      0    0    0    0
新川(浪人)      0    0    0    0

 

北陵(現役)  0    0    0         
北陵(浪人)  0    0    0    0    0


旭丘は、せめてここで恰好をつけてほしかったのですが…

 

他の公立高校も、北大に行くのが限界で、そのさらに上というのは厳しいようです

 

 

まとめさせていただきますと、昨年同様、今日紹介した公立高校は

 

 

旭丘・月寒・北広島では一部の上位層が北大レベルで、3分の1〜半数の生徒は道内国公立レベルが妥当

 

浪人するのは北大以上を目指す一部だけであって、そうでなければ志望校を落とし道内国公立で妥協するか、滑り止めの私立に流れるなど現役志向が強い(そういう進路指導をしている)

 

手稲は上の3校と比べると上位層が薄い、ただし中位層までを含めるとほぼ変わらず

 

藻岩・新川・北陵は、北大に行ける生徒は学年TOPだけ、5分の1〜4分の1が道内国公立に進学できるレベル

 

「どこでもいいから現役で国公立大学へ」というのであれば、旭丘・月寒・北広島・手稲まで(新川は来年以降もこの勢いが続くのであれば…北陵みたいなこともありますし)藻岩・北陵はちょっと厳しいか

 

 

さて、TOP校だとついていけないから、ここに出ている高校で上位にいて北大へ

 

そう考えている受験生の皆さん

 

現実はこうです

 

これらの高校に進学して北大以上を目指そうと思っているなら、中途半端な勉強の仕方では到底無理だと思ってください(不可能とまでは言いません)

 

それくらい、上位校との差は開いてきています
 


上の数字と併せて、私立大学の合格者数や進学者数も見てみるといいでしょう

 

道内・道外の、昨年までの過去5年間の私大進学率(短大・専門学校は除く)

※北海道高校ガイドブック調べ、大学合格者と比較しやすくするために、発表され次第2018も入れます

 

   2018 2017 2016 2015 2014

東        22%  20%  21%  16%

旭丘       29%  31%  31%  27%

月寒       49%  42%  34%  45%

北広       31%  42%  38%  39%

手稲       44%  40%  36%  45%

藻岩       49%  39%  45%  46%

新川       42%  48%  40%  43%

北陵       42%  38%  40%  47%

 

ちなみに就職・進学準備(浪人)率は

 

   2018 2017 2016 2015 2014

東        34%  34%  23%  36%

旭丘       29%  31%  21%  30%

月寒       12%  27%  16%  21%

北広       21%  17%  13%  21%

手稲       14%  14%  19%   1%

藻岩       12%  10%  19%   8%

新川       19%  15%  17%  22%

北陵       15%  14%  19%  14%

 

 

最後に札幌開成についてついて少しだけ

 

 

まず、定員が半分になったので、昨年までの数字と比べるのは意味がありません

 

そして、派手に定員割れした世代だったわけですが…

 

まず、どんな理由があるにせよ、進路実績を何も出さないというのはダメです(HPのどこにもありません)

 

※いずれも現役のみ

国公立大学:50

北大:4

道内国公立:33

旧帝+2:0

 

定員160名(つまり半分)での結果ですから、まあまあですかね(もっと酷い結果もありえました)

 

ただ、以前の札幌開成を知っている方なら非常に物足りなさを感じると思います

 

これがあと2年続いて、現高1生の世代がいよいよ前期課程からの入学者となるわけです

 

昨日の立命館慶祥みたいに、推薦やAO使えば…それなりに良い結果が出そうですが(^_^;)

 


来週は、地方のTOP校編をお届けします

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係(高校) | comments(5) | trackbacks(0) |
2018年 大学合格実績比較(札幌公立TOP校編)

※今日の記事はデータが横並びで出てくるので、スマホでご覧の方は横向きでの閲覧推奨です

 

今年で3回目を迎える、この大学実績合格比較

 

過去2年と同様に

札幌TOP校編
札幌圏のその他の高校編
私立上位校編
地方TOP校編

と、4回に分けて書いていくことにします

 


第1回の札幌TOP校編は

国公立・北大・旧帝+2(北大・東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大)・医学部医学科(国公立のみ)

といった4つの分野に分けて、合格者数を比較していこうかと思います

 

更に、年度ごとのレベルの比較?もできた方がいいかなと思いましたので、倍率と道コン平均SSを載せておきます

なお、ここに出ている数字は、各高校の進路指導部でHP上に公表しているものを中心に、公表されていない年度や部分については「道新受験情報」「北海道高校ガイドブック」のデータで補足しております

数字にずれが若干あるかもしれませんが、ご容赦ください

 

ちなみに、札幌西高なんですが…4月19日以降、1カ月にわたりHPが更新されていませんでした(-_-;)

アクシデントなのかサボりなのか…

ので、前期日程が終了した後のデータしかHPに載っていませんでしたので、道新受験情報から人数拾いました

お願いですので、早くHP更新してください

※と、ぼやいたら翌日更新されました(笑)言ってみるもんです

 

 

まず年度ごとの倍率と道コン平均SSから(これは卒業した生徒たちが高校入試の時のものです、お間違えなく)

 

      2018 2017 2016 2015 2014
南(倍率) 1.18 1.23 1.20 1.29 1.23
(道SS) 69.0 69.8 70.2 68.4 69.5


北(倍率) 1.32 1.23 1.33 1.35 1.15
(道SS) 67.3 67.8 68.8 67.3 67.9


西(倍率) 1.52 1.26 1.48 1.34 1.25
(道SS) 66.0 66.9 66.9 65.7 66.5

 

東(倍率) 1.53 1.22 1.23 1.30 1.40
(道SS) 64.4 64.6 65.1 65.2 65.9

 

横の比較はあまり意味がないので(SSはあくまでも同じ集団の中での位置を表すものなので、例えば2015年卒の南の生徒が一番レベルが低いとはならないのです)縦で比べてください

 

南北西東の序列が崩れたことは、この5年では一度もありません

 

2017年卒の南は北に2.0差をつけています

昨年、すさまじい結果を残した南ですが、入学時からずば抜けていたことを示すデータの1つだと言えます

 

同じく2017年卒の西は北に0.9差

北大の合格者数こそ伸び悩みましたが、旧帝合格者数が多かったのが特徴的でした

やはり上位層が多かったということでしょう

 

北が一番南に肉薄していたのは2015年卒で1.1差

なるほど、現役国公立合格者・現役北大合格者・現役旧帝いずれも南を上回っていますね(というか南が低すぎます)

 

東は2015年卒が西に0.5差

現役国公立合格者数が、東西南北で1位だった年で、現役北大の数も南を上回った年でした

 

あれ?

 

これ、結構使えるデータでしたね(笑)

 

今年のマイルストーンが今から楽しみです

 

 

次に国公立大学合格者数

     2018 2017 2016 2015 2014
南(現役) 178  214  182  160  161 
南(浪人)  83   88  105  117  102

北(現役) 193  166  170  177  150
北(浪人)  71   86   85   88  103

西(現役) 130  149  135  119  124
西(浪人)  87   90   84   86   81

東(現役) 174  139  147  185  148
東(浪人)  44   37   53   80   60

南は昨年が良すぎたので仕方がない結果か

昨年、現役で合格した生徒が多ければ今年の浪人の合格者数も減るわけで、一昨年並みと考えれば決して悪くはありません

 

北は現役のみなら過去5年で最高の数字、西は昨年ほどではなく2年前とほぼ同じ

東は…凄いですね、ここ2年の不振を払拭し3年前に迫る結果です

気になるのは、ここ2,3年、浪人の国公立合格者が少ないことですね

1年だけだと偶々かもしれませんが、これだけ続くと…浪人させずに私立に進学している生徒が多いのでしょうか

次に北大合格者数

     2018 2017 2016 2015 2014
南(現役) 80   75   84   70   89 
南(浪人) 29   37   42   46   29

北(現役) 95   88   72   91   63
北(浪人) 27   40   33   37   53

西(現役) 48   49   60   46   51
西(浪人) 26   37   26   33   34

東(現役) 65   44   41   76   62
東(浪人) 16   22   24   26   24

 

南は、現役だけだと2年前とほぼ同じ

 

北は、現役だけ見れば、過去5年で最高

決して志望校を下げて国公立合格の数を稼いだわけではないということがわかります

 

実は、それは東にも言える話で、現役の数だけ見ればここ2年と比べて20人強の増加ですから、単に国公立大学の合格者数を増やしただけでなく中身も伴っています

 

西は…昨年同様な理由があるので、その時に詳しく



続いて、北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大) の合格者数です

     2018 2017 2016 2015 2014
南(現役) 39   65   40   23   30 
南(浪人) 15   53   16   18   27

北(現役) 22   20   27   25   22
北(浪人) 13   14   10   14   11

西(現役) 20   16    9    6   11
西(浪人) 12   16    8    6    7

東(現役)  7   13    9   16    7
東(浪人)  5    5    6    5    8

 

南は、昨年があまりにも凄すぎたので下がったように見えますが、北大同様2年前とほぼ同数ですね

3、4年前と比べれば、決して悪い数字ではありません

 

北は、まあいつも通りの結果

 

西は、国公立大学・北大いずれも奮いませんでしたが、ここでは昨年を超える結果を出し北に肉薄してきました

なるほど、上位層はキッチリ結果を出したということですね

 

東は、逆に数字を落としています

ということは、北大以外の旧帝が第一志望だったけれど、安全志向で北大にした生徒が多かったのかもしれませんね

 


おしまいは医学部医学科(国公立のみ)

     2018 2017 2016 2015 2014
南(現役) 25   25   20   27   30 
南(浪人) 27   22   26   29   17

北(現役) 11   11   18    9   12
北(浪人) 12   11   16    8   15

西(現役)  6    8    6    3    2
西(浪人)  8    3    6    9    4

東(現役)  4    5    3    3    0
東(浪人)  1    3    5    3    3
 

どこの高校も、面白いように一定ですね

 

しかし、こうして見ると、医学部医学科に関しては圧倒的に南ですね

 

北も健闘しているとは思いますが…2016年卒が凄すぎましたね

 


昨年の南のデータがあまりにもすさまじくて、正直これが今年も続けば南1強になるのではないかと思っていましたが

なかなかどうして、そうはいかないものですね(^_^;)

まあ、医学部医学科行くなら、南というのは変わりませんが、北大以上を狙うのなら北が強いですね

 

東はもう1、2年様子を見たいところです(今年が良すぎたのか、過去2年が悪すぎたのか)

これが続くのであれば、北大を狙うのなら東で十分とも言えます、ただ旧帝+2や医学科を狙うのは正直厳しい

 

西は、どうも上位層と中下位層で差がついているような結果ですね
上位層なら旧帝+2を十分狙えるが、医学科目指すのは若干厳しいかも

 

そんなところでしょうか



来週は札幌圏のその他の高校編です

昨年同様の、旭丘・月寒・北広島・新川・藻岩・北陵を予定しています

手稲は、今年はきちんと出してくれましたので、参考データとして載せる予定です

 


それでは、今日はこのへんで

 



| 教育関係(高校) | comments(8) | trackbacks(0) |
1/1PAGES
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode