札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
入試説明会のお知らせ

※こちらの記事もしばらく上の方にしておきます

 

随分前から、やるやる言っていた入試説明会を10月18日(日)に行うことに決めました

 

最初はどこか大きな場所を借りて行おうと思っていたのですが…

 

定員をなるべく設けない中で、どこかを借りるのは非常に難しいということがわかりまして(-_-;)

 

昨年同様、うちの教室で行うのですが、同じ説明会を3回行うことで対応することにしました(笑)

 

午前の部:10:00〜12:30(定員32名)

 

午後の部:14:00〜16:30(定員32名)

 

夕方の部:18:00〜20:30(定員32名)

 

申し込みフォーム内で第1希望から第3希望まで伺います

 

うちの塾生・保護者が最優先、次に道コンの中学校別平均点のデータを提供していただいた方、最後にそれ以外の方という順で人数を調整させていただきます

※塾生・保護者や道コンの中学校別平均点データを提供していただいた方も必ず申し込みはしてください

 

10月4日(日)以降に、どの日程に参加できることになったのか、こちらからご案内させていただきますので、参加の可否を返信していただきます

 

もしキャンセルの方が出れば、キャンセル待ちの方に随時ご案内していくという形です

 

また、できるだけ大勢の方に参加していただくため、参加できるのは各家族2名まで(保護者2名、保護者1名お子さん1名のいずれか)とさせていただきます

 

参加したご家族には後日説明会の動画を提供しますので、参加できなかった保護者の方につきましては、そちらでご確認ください

 

なお、当日会場に来れないという方にも、説明会の動画の提供は可能です(申し込みは行ってもらいます)

 

参加費は昨年同様、1家族1,000円です(当教室の生徒・保護者の方は無料)

 

下のリンクから参加申し込みフォームに飛んでお申し込みください

 

2020入試説明会参加申し込みフォーム

 

締切は10月3日(土)ですが、応募者多数の場合は締切が早まる恐れもありますのでご注意ください

 

 

それでは、今日はこのへんで

 

 

 

 



| メッセージ | comments(0) | - |
現役高校生に聞く!2020スタートです

※9月25日夜までに回答してくれた人へ

学校名がなくて困ったと思いますが、全員どこの高校かわかりました(笑)

ありがとうございます。

これから書いてくれる人は修正しましたので大丈夫です。

 

予告していた通り、本日より「現役高校生に聞く!」の募集を本格的に開始します

 

昨年までの質問に加え「休校期間中の学校の対応について」という項目も入れ

 

○課題はどのようにして配布されたのか

○オンラインの授業やHRを行った場合、何を使ったか

○オンライン授業の利点・欠点

○休校期間中のことについて自由に書いてください

 

この4つの質問を新たに追加しました

 

締切は特に設けませんが、しばらくはブログのTOPに表示させていただきます

 

ご協力よろしくお願いいたします

 

現役高校生に質問

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 現役高校生に聞く!(学校別) | comments(0) | - |
1日目を更新しました

思った以上に、書くのに時間がかかりました(笑)

 

2日目は、この倍の分量になりそうな…

 

逆に3日目は半分なんですが(^_^;)

 

 

それでは、2日目の記事を書きます

 

更新は明日ですが

 

 

短いですが、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | - |
道東の旅3日目

公園の駐車場に1日車を停めていたら、警察署に呼ばれて数千万円の請求をされました…

 

これまでにないってくらい暴れましたね、えぇ

 

夢の中でしたが(笑)

 

こんな悪夢を見るってことは、どこか体調に変化があるというのが、私の中ではお決まりの法則なのです

 

ちなみに、高熱を出すとその体温に応じて、けがをする→殺される→世界が滅びる、とスケールアップしていきます(笑)

 

今回の夢はジャンルが違うので、熱が出たとかではありませんでしたが…

 

数年の一度レベルの筋肉痛でした( ノД`)シクシク…

 

1日目の釧路湿原、2日目の野付半島、加えて長距離ドライブ

 

この疲れが一気に脚に来たんですね

 

これは、予定を早めて、札幌に帰った方がいいかも

 

 

iPhoneImage.png

 

この日泊った宿から見た、朝の釧路の様子です

 

夜は釧路川沿いがライトアップされていて綺麗でしたよ

 

iPhoneImage.png

 

脚は痛かったですが、せっかく来たのに見に行かないのはもったいない

 

幣舞橋です

 

iPhoneImage.png

 

当初の予定では特急で帯広まで行く予定でしたが、1時間前の普通列車に乗って池田から乗り換えることができることに気づきまして

 

元々鉄道が好きなので、ローカル線でのんびり行くのも悪くないですね

 

iPhoneImage.png

 

この日も天気はこんな感じ

 

土曜日は台風から変わった温帯低気圧が来て道東は荒れ模様になるということだったので、正にギリギリのタイミングでした

 

iPhoneImage.png

 

池田駅で乗り換え

 

iPhoneImage.png

 

池田町と言えばドリカムの吉田美和さんの生まれ育った町

 

改札の案内の後に「晴れたらいいね」のオルゴールverが流れていました

 

DCTガーデンって、Dreams Come Trueの頭文字だったんですね(今さら

 

ワイン城にも、ちょっと行ってみたかった…

 

iPhoneImage.png

 

帯広到着

 

ここでの目的は2つ

 

iPhoneImage.png

 

これ、食べてみたかったんですよね

 

地元の方には、いつもの店なのかもしれませんが、知り合いに強く勧められまして(笑)

 

iPhoneImage.png

 

安くないですか?

 

「インデアン、エビ」とか「野菜、カツ」という風に頼まないと、ルーはここに書いてあるもので来てしまうそうです(笑)

 

iPhoneImage.png

 

いや、札幌にもあるじゃんとツッコミを入れられそうですが、やはり帯広に来たからには行っておかないと

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

上から順に「サクサクロール」「マルセイアイスサンド」「いちごジュース」です

 

サクサクロールは、文字通りサクサク

 

マルセイアイスサンドはマルセイバターサンド好きなら、ぜひ一度は食べてみてほしい品

 

いちごジュースは…うん、まんま苺でした(笑)

 

この3つは、いずれも札幌本店でも味わえますが、2015年に札幌本店ができるまでは帯広でしか食べれなかったようです

 

大満足(*´▽`*)

 

 

そして夕方6時には札幌に到着

 

動き出しが遅かったせいか、1日目と2日目が濃すぎたせいか、これだけの行程なのに6時なんですね(笑)

 

というわけで、道東の旅3日間が終わりました

 

2年前や昨年、ブログフェスに参加するために三重・愛知を訪れて以来の旅でしたが、その時とは何か違う感覚でした

 

いや、今までのどの旅とも何かが違う…

 

おそらく、仕事を離れて(遠隔地学習生との面談はありましたが)、自分の行きたいところを思いつくまま行くという旅が初めてだったからではないかと思います

 

これはちょっと、癖になるかもしれないですね

 

四国行ってみたいんだよなぁ…本場のうどんが食べたい(^_^;)

 

これで、道内で行っていないところは道北と、道東だと網走・北見方面だけとなりました

 

道北はそこまで興味をそそられない…網走・北見方面はせっかくだから流氷の時期に行きたいですね

 

でも、これも温暖化の影響で見られなくなる可能性もありますから、思いついたら早いうちに行っておかないと

 

けがや病気なんかで旅行自体ができなくなるということもありえますからね

 

まあ、こんな仕事なので、まとまった休みを取れる時期が限定されているのですが(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(1) | - |
道東の旅2日目

今日も元気に6時起床ヾ(*´∀`*)ノ

 

朝ごはんは、この宿の名物である

 

iPhoneImage.png

 

ジャンボ鮭茶漬けです

 

大きいとは聞いていましたが、想像を上回る大きさでした

 

ちなみに容器は、釜揚げうどんに使う桶ですね(笑)

 

でも、お茶漬けなのですんなり食べることができましたよ

 

iPhoneImage.png

 

もし、録画放送だったら後で出そうと思っていましたが、リアルタイムで放送しているようなので

 

ちなみに、この後、野付半島でも会いました(笑)

 

2人のうちのどちらのアナウンサーの方かわかりませんが、私を見て気づいてくれたようです(*´▽`*)

 

iPhoneImage.png

 

お世話になりました(´-`).。oO

 

陸上の合宿などで一般のお客さんはあまりとらない時期もあるようなのですが、空いていたらぜひ

 

部屋は6畳和室と大きくはありませんが、1人なら十分の大きさです

 

iPhoneImage.png

 

いざ!野付半島へ

 

iPhoneImage.png

 

遠くに国後島が見えます

 

iPhoneImage.png

 

一番細いところは、こんな感じで挟まれています

 

iPhoneImage.png

 

まだ、ネイチャーセンターが始まる時間ではなかったので、車で行ける限界のところまで行ってみました

 

そこからは徒歩で

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

何もないなぁ(´-`).。oO

 

でも、それがいいんですよ

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

野付埼灯台です(今日はここも含めて3つ灯台を巡りました笑)

 

iPhoneImage.png

 

ここまでは、一般の人でも来れます(ここから先は許可証がないとダメ)

 

iPhoneImage.png

 

中はこんな感じ

 

iPhoneImage.png

 

最初は、警戒されたのか野鳥も近づいてくれませんでしたが、しばらく経つとこんな感じで目の前を飛んでくれました

 

iPhoneImage.png

 

野生のシカも(笑)

 

iPhoneImage.png

 

いよいよ、トドワラ目指して出発します

 

iPhoneImage.png

 

到着しましたヾ(*´∀`*)ノ

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

お勉強の時間です(笑)

 

iPhoneImage.png

 

近くまで来ると、こんな感じで下に降りれないようになります

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

今回一番驚いたのがこれ

 

もう、枯木はほとんどないんですね

 

ネイチャーセンターで昔の写真を見ましたが、50年前は幻想的な風景が広がっていました

 

iPhoneImage.png

 

これは別の場所にあるナラワラなのですが、これがそのうち写真で見たトドワラのような感じになっていくのでしょうか

 

iPhoneImage.png

 

尾岱沼港から出ている遊覧船の船着き場まで向かう道です

 

iPhoneImage.png

 

これだけ見ると、凄い写真ですよね

 

どこに行くんだろうっていう感が満載です

 

iPhoneImage.png

 

水はこんな感じで、すごくきれいでした

 

iPhoneImage.png

 

ネイチャーセンターに戻ってきました

 

気がつけばもう11時前…3時間もウロウロしてたんですね(^_^;)

 

iPhoneImage.png

 

別海町の牛乳を使ったソフトクリーム

 

大変美味しゅうございました

 

そういえば、私が見た範囲では遊歩道に全くゴミが落ちていなかったのが印象的でした

 

地元の方が、この地をしっかりと守ろうとしているのと、訪れる人も汚さないようにと気をつけているのでしょうね

 

確かに、この風景を見たらゴミを捨てようという気は起きないですよ(笑)

 

この、野付半島の3時間は凄く幸せな時間でした

 

一生に一度は訪れてみたい場所というのがあるならば、私にとっては正にここだったんだと思います

 

ただ、その野付半島は100年後には海の底かもしれないという…

 

地盤沈下が激しいのだそうです

 

トドワラも、見る影もなくなっていましたし

 

今、見ている景色や存在している建物が、いつまでもそこにあるとは限らない

 

行きたい場所見たい場所があるのなら、見れるうちに行っておくべきなんだと強く思いましたね

 

 

次の目的地は根室の納沙布岬

 

iPhoneImage.png

 

途中、風蓮湖に寄りながら

 

iPhoneImage.png

 

随分遠いところまで来たなぁと思いますね、これ見ると

 

iPhoneImage.png

 

小っちゃくて見えませんね(貝殻島灯台が写ってます)

 

iPhoneImage.png

 

本日2つ目の灯台

 

iPhoneImage.png

 

右が太平洋、左がオホーツク海

 

境目はどこなんだろう(^_^;)

 

iPhoneImage.png

 

こんな巨大な建造物があるなんて聞いてませんでしたよ

 

真ん中の箱のようなものにはかがり火が灯されています

 

iPhoneImage.png

 

だそうです

 

iPhoneImage.png

 

営業していたら登ってみたかったオーロラタワー

 

一説によると老朽化が激しいので、あと10年位が限界とか

 

iPhoneImage.png

 

根室に来たら、やはりこれを食べなければということで、エスカロップを

 

美味しかったです(*´ω`)

 

 

さて、この後は釧路に向かうわけですが、時間に余裕があるので遠回りして霧多布岬も行ってみましょうか

 

iPhoneImage.png

 

風が強い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

納沙布岬の比じゃないですよ

 

iPhoneImage.png

 

この後、この先まで行くことになろうとは…

 

iPhoneImage.png

 

本日3つ目の灯台です(笑)

 

別に灯台マニアってわけではないですからね

 

iPhoneImage.png

 

こんな洒落たこともやってました

 

iPhoneImage.png

 

ガッキーがここでロケしていたんですね(´-`).。oO

 

この季節にまた来てみたいなぁ(ハナミズキは見ていない)

 

iPhoneImage.png

 

これどこまで行けるんだ…

 

iPhoneImage.png

 

いやいや

 

iPhoneImage.png

 

これ、ほとんど先っぽじゃないですか(^_^;)

 

iPhoneImage.png

 

しかし、遠くから見ると凄い地形ですよね…

 

まさに根釧台地って感じです

 

今度、地理の授業で台地の説明をする時はこの写真使おう(´-`).。oO

 

iPhoneImage.png

 

逆側は湿原なんです

 

iPhoneImage.png

 

これ、橋でつながる前は島だったってことなのかな?

 

でも、浜中町役場はこの中にあったんですよね

 

浜中町中心部は霧多布という認識でいいのでしょうか

 

 

この後は、釧路に向かい、2人目の遠隔地相談生と面談

 

こちらも明日から定期テストということで、面談は最後の30分弱のみでテストに向けての学習指導が中心でした

 

うん、やっぱりZOOMを通しての指導とは違いますね

 

対面授業大事

 

 

レンタカーも無事に返して、今日の宿へ向かう途中

 

iPhoneImage.png

 

釧路駅前は、3件となり合わせなんですね(^_^;)

 

結局、晩ご飯は宿のサービスである夜鳴きそば(これでどこに泊ったかわかる)だけで、お風呂に入ったら即寝

 

とにかく疲れましたわ

 

明日は最終日

 

ただ、札幌に戻るだけならつまらないので、色々寄る予定なのですが果たして…

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | - |
道東の旅1日目

遂にやってきました、道東2泊3日の旅

 

「野付半島へ行きたい」という気持ちから生まれた今回の旅ですが、遠隔地学習生の面談も行います

 

まずは1日目、目指すは釧路です

 

iPhoneImage.png

 

飛行機を使うという選択肢もあったのですが、空港までいって搭乗手続きしてということを考えると、JRでも大差ないかなと

 

幸い、「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」なるものが発売されていて、12000円で6日間特急列車も乗り放題なのです(指定席も4回まで)

 

列車乗るの、昔から好きだったので苦痛になりませんし(´-`).。oO

 

というわけで、釧路には11時前には着くはずだったのですが…

 

あと30分というところで、急停止(^_^;)

 

「ただいま、シカと接触しました」

 

さっそく、道東ならではの洗礼を浴びてしまいました

 

幸い、20分程度の遅れで済みましたが、スケジュールに余裕がない中で、この20分は痛い(T_T)

 

予約していたレンタカーに乗り込み、まずは摩周湖目指して出発

 

iPhoneImage.png

 

ちょっと寄ってみるか(笑)

 

入り口付近に有料の展望台があったのですが、せっかくなので歩いてみましょう

 

なあに、30分もあれば十分でしょう

 

iPhoneImage.png

 

この看板をちゃんと見ていれば、あんな目にあわずに済んだのに…

 

「お!つり橋だって!渡ってみたい!」(小学生か

 

反時計回りのルートでサテライト展望台を目指しましたが…どんどん下っていきますよ(-_-;)

 

下るということは、どこかで登るわけですよね?

 

iPhoneImage.png

 

とりあえず、つり橋までは来ましたが…

 

iPhoneImage.png

 

こんな感じの上り坂が続き、息が切れてきました。゚(゚´ω`゚)゚。

 

こんなはずでは…ここで疲れてどうする…

 

iPhoneImage.png

 

疲れた甲斐があった(´-`).。oO

 

なお

 

iPhoneImage.png

 

帰りは、こんな感じの道

 

どうして…

 

iPhoneImage.png

 

あ、こっちのルートだと車椅子でも行けるって書いてた(笑)

 

でも、自分の性格なら「つり橋ヒャッホ―ヾ(*´∀`*)ノ」とそのまま突き進んで地獄を見ていたような気がします

 

ここで40分のタイムロス

 

再び摩周湖を目指します

 

そして鶴居村を通りがかった時、「昼間から鶴なんて見れないだろうな」と思っていたら、普通に道端に鶴がいまして(笑)

 

慌ててUターンして、写真撮ろうとしたら

 

iPhoneImage.png

 

飛んでしまいました(拡大しないとわからないと思います)

 

iPhoneImage.png

 

結局、違う場所で撮れたこの1枚だけ

 

しかし、普通にいるもんなんですね

 

ビックリしました(笑)

 

iPhoneImage.png

 

遂に摩周湖に到着ヾ(*´∀`*)ノ

 

霧の摩周湖というぐらいですから、きっと何も見えないんだろうなと思っていたのですが

 

iPhoneImage.png

 

くっきりはっきり見えました(笑)

 

きっと時期の問題なんでしょうね

 

ここで、今回唯一のお土産らしきものを買ったのですが

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

この量で850円はねー、と思いながら1個食べてみたところ

 

お、おいしい(´-`).。oO

 

これ試食とかできたらもう少し売れると思うんだけどなー

 

さて、1日目の観光はこれで終了

 

後は、遠隔地学習生と面談して、宿へ向かうだけです

 

その待ち合わせ場所へ向かう途中

 

iPhoneImage.png

 

こんなものを発見(;'∀')

 

橋?なんだろう…

 

あ!

 

iPhoneImage.png

 

捕まってる((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

こんなところにもいるんだ…気をつけよう

 

そして、遠隔地学習生の子のおうちへ

 

定期テスト2日前ということで、面談というよりわからないところを教えるといった感じだったのですが…

 

ふむふむ

 

ほぉ

 

やっぱり面と向かって教えてみないとわからないもんですね。゚(゚´ω`゚)゚。

 

オンライン難しいや

 

チェックインを30分遅らせて指導したのですが、それでも時間不足でした

 

iPhoneImage.png

 

そのお宅で作っているというおそばをいただきました

 

ありがとうございました<(_ _)>

 

日もとっぷりと暮れて、本日の宿に着いたのは6時半

 

iPhoneImage.png

 

ホテルではなく民宿みたいなところでした

 

私も含めて今日の宿泊は4組

 

東京から来たという2組は、なんと同じ市に住んでいたという偶然

 

ご飯の後もしばし歓談(テーブル離れて、ちゃんとマスクしてます)

 

こういうことがあるのも、民宿の良いところですよね

 

もう1組は、某TV局の番組スタッフと出演者でした(笑)

 

道の駅 完全制覇プロジェクト

 

お二人ともアナウンサーだったんですね(^_^;)

 

てっきり自転車選手なのかと思ってました

 

10月16日までとのこと、頑張ってくださいヾ(*´∀`*)ノ

 

お風呂にゆっくり入って、1日の疲れを取って、早めの就寝

 

明日は3日間の中で最もハードなスケジュール

 

まずは、早起きできるかがポイントです


それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(3) | - |
ドント方式

中3の社会は、やっと政治分野に入ってきました

 

毎年恒例の授業が、比例代表制におけるドント方式による当選者決定の仕組みの説明

 

実在する政党名だと、生徒がピンと来ないということもあり、アイドルグループを使って説明をするのですが…

 

昔なら、一発でうなづいてくれたジャニーズのグループ名

 

そろそろ怪しくなってきましてね(-_-;)

 

私が年を取ったという関係もあるのでしょう、また有名なジャニーズのグループメンバーが高齢?化してきたという事情もあるのでしょう

 

SMAP党、嵐党、TOKIO党、関ジャニ∞党

 

あと1,2年が限界かもしれませんね( ノД`)シクシク…

 

SMAPは解散しましたし、何せメンバーは私と同年代(キムタクは同い年です)

 

生徒にとってはお父さんですよ(笑)

 

嵐だって30代後半です

 

もう、お兄さんという年代ではないですよね

 

だからと言って、他に変わるものがあるかというと…

 

AKBグループもどうなんですかね?

 

うちの男の子たちが、乃木坂や欅坂にハマっているとは思えないのですが(笑)

 

来年の今頃までに、何か考えておかなければいけませんね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | - |
ちゃんと行くことになりましたよ(笑)

学びやむげんは、明日から8日間の秋休みに入ります

 

例年、この時期に集中して面談を行うのですが、今年は希望者が少ないこともあり…

 

久々に旅に出ることになりましたヾ(*´∀`*)ノ

 

この記事覚えていますか?

 

行ってみたいところがあるんです

 

野付半島に行きたい!ということで、着々と計画を練っていたのですが…

 

9月23日(水)〜25日(金)の2泊3日で道東に行ってきます(*´▽`*)

 

それではざっくりとしたスケジュールを

 

23日(水)札幌→釧路→摩周湖・屈斜路湖→遠隔地学習生と面談→別海町で1泊

24日(木)野付半島周辺をぐるぐる→根室→遠隔地学習生と面談→釧路で1泊

25日(金)釧路観光?→帯広観光?→札幌

 

25日に面談が入ったら昼頃に札幌に戻ろうと思っていたのですが、幸い面談入らなかった(というか入れなかった)ので、3日目もただ移動するだけではなく自由行動に充てることができます

 

コメントで色々なところを教えてもらいました

 

全てを巡るのは無理ですが、参考にさせていただきます<(_ _)>

 

後は天気だけが心配ですね

 

できれば良い天気でお願いしたいです

 

というわけで、疲れていなければ24,25,26あたりのブログは旅日記になる予定です

 

お楽しみに(*´▽`*)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | - |
学校とは

また、このような記事を書くと「たかとりーなは、最近やけに日大推してない?」と考える人がいるかもしれませんが、良いことに対しては良いと評価したいのだから、仕方ないですよね(´-`).。oO

 

9月3,4日

 

全国的に中止となっている学校祭を札幌日大高校では開催したそうです

 

そして、それをただ「うちはやりましたよー」で終わらせることなく、札幌日大モデルとして、これから学校祭を行う参考にしてほしいと概要や感染対策を公開しています

 

「学園祭成功」〜全国の学校・教育関係者の皆様へ〜

 

校長先生の熱いメッセージも載っていますよ(笑)

 

確かに感染リスクなどを考えれば、中止にしてしまうのが一番手っ取り早いです

 

しかし、そこで「何とか工夫して実行できないだろうか」と考えることが、生徒たちにとっては成長であり、かけがえのない経験なんだと思います

 

おそらく、札幌日大の生徒は自分の高校を「あのコロナ禍の中でも学校祭を行った高校」として語り継いでいくのではないでしょうか

 

 

休校期間中、各高校は必死にオンラインで授業を進めていました

 

休校も明け、説明会も数多く行われる中、「学校の存在意義について」考えさせられたという話を多く聞きました

 

勉強は「ある程度」オンラインでもやれることがわかった

 

では、学校でなければできないこととは?

 

それがこういった、同年代の生徒との交流、学校行事なのかなと改めて感じました

 

全国的に、学校行事によって授業時間が削られ学習進度が遅くなるのを嫌い、学校行事をなくす方向で進んでいる学校が増えてきていると聞きます

 

しかし、例えば開成中学・高校は体育祭に凄まじい情熱を注いでいます(今年度は中止)し、進学校ほど学校行事に力を入れているように感じます

 

それは、学校行事によって、生徒が人間的に成長していくことを知っているからではないでしょうか

 

もし、来年も現在と似たような状況だったら、どれだけの高校が学校祭を行うのか

 

この、札幌日大の成功を元に、「自分たちもやってみよう」と多くの高校生が立ち上がり、それを「ダメだ」と否定せずに応援する高校が少しでも増えてくれるといいなと思いました

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係(高校) | comments(2) | - |
2020年 札幌山の手高校説明会

もしかするとまだあるのかもしれませんが、私のところに説明会の案内が来ているのは、今日の札幌山の手高校(以下山の手)が最後でした

 

例年5月から9月までうまい具合に散ってくれていたのが、今年は新型コロナウイルスの関係で、集中開催でしたね

 

来年は元に戻ってくれると助かるのですが(´-`).。oO

 

 

山の手の説明会は昨年に続いて2回目の参加です

 

昨年の説明会でチラッと話が出ていた「個別指導をアウトソーシングする」

 

これが、今日の目玉ともいえるものでした(塾の先生たちにとっては)

 

各コースの紹介は昨年軽くではありますが書いてますので、今日は「y-システム」を中心とした勉強に関する取り組みを中心に書きたいと思います

 

 

まず、この「y-システム」

 

開室時間は、平日は放課後から午後8時まで、土曜日は午前9時から午後5時まで

 

常駐スタッフが2名(TOMASから)、サポートスタッフが1〜2名(北大生:登録25名)

 

TOMASというと北海道ではなじみが薄いと思いますが、首都圏ではかなりの教室数を持つ個別指導塾です

 

なぜ、ここだったのか…それは聞かなかったです(笑)

 

昨年の説明会の感じだと完全な個別指導を想像していましたが、違いました(^_^;)

 

早い話が、うちの教室と同じですね(笑)

 

あくまでも、生徒の自学自習をサポートするのがメインで、必要に応じてオプションとして個別指導が受けられると

 

普段は4〜50名(テスト前は倍)の生徒が利用していて、わからないことがあるとスタッフに質問したり、進路相談や学習相談をしたりするそうです

 

なお、この「y-システム」の利用料は無料

 

ただし、オプションの個別指導には料金が発生します(50分 4400円)

 

 

一見、生徒の学習指導を外部に丸投げしたのでは?と受け取られてしまいそうなこの仕組み

 

私は、先生たちの「働き方改革」という点ではいいのではないかと思いました

 

学校の先生というのは「生徒たちのために」という名目で、自分の時間を削って対応している場合が多いです

 

本来休日である土日の部活もそうですが、平日の放課後講習やその後の個別指導などもそれにあたります

 

しっかりと連携が取れていれば、外部に任せること自体は悪くないですし、生徒にとっても学校の先生以外から教えてもらうことで、新たな気づきが得られそうです

 

ただ、残念なのは、うちの教室と仕組みがほぼ同じであるため、山の手の生徒がうちの教室に来ることはないだろうなということですね(笑)

 

今回は、始まってまだ間もないということで、実際にどのような様子で行われているかを紹介してくれる動画などがありませんでしたが、来年それがあるとよりイメージしやすくなりますね

 

 

そして、特別進学コースについて

 

超徹底少人数制をうたっているだけあって、在籍者数は高1が4名、高2が7名、高3が4名の計15名しかいません

 

こう聞くと、何だか寂しいクラスを想像するかもしれませんが、HRは進学クラスと一緒ですし(各学年1組が特進と進学の混成クラス)、全体行事も同じHRで動くので、あくまでも特進クラスとして単独で活動するのは主要教科や特進クラスのみの行事や講習だけですね

 

ただ、今年はコロナの関係で、例年ですと解消されているコース間の壁のようなものを取り払うことができずに苦労しているとの話も伺いました

 

他校と違い、特進コースに推薦・単願で来る子は少なく、公立上位校(北・西・旭丘・国際情報・手稲・新川など)に不合格だった子が、少人数指導であることを理由に進学してくることが多いのが特徴です

 

それは、インタビューの動画内でも、ほとんどの生徒が口にしていました

 

確かに、ここまで少人数のところはないですからね

 

この環境が嵌れば伸びる子もいるだろうなと

 

それは、外部模試のデータからも明らかでした

 

北海道の高校生は、高2で伸び悩むことが多いのですが、少人数の平均ではありますが、きっちり5ポイント伸ばしていました

 

ただ、昨年東北大学の医学部医学科に合格者を出したとはいえ、北大合格クラスの子がゴロゴロいるかというと、そこまでのレベルには達していません

 

それと、体育コースでは総合型選抜や学校推薦型選抜の経験が豊富でも、特進コースではそういった選抜方法での合格者は少ないように思います(確認はしていませんが、おそらく例年一般入試が中心だと思います)

 

そこが、創成あたりとの差になっているような気がしますね

 

 

奨学金や支援金についても各種取り揃えられているのですが、組み合わせることができるものとできないものがあります(通学支援金と留学支援金は他と組み合わせることが可能)とだけ紹介して、詳細はHPで確認してもらおうと思います

 

札幌山の手高校HP

 

 

スポーツの強豪校としては、コロナ禍によって各大会が中止になった影響は大きかったのではないかと思います

 

遅まきながら、学習にも力を入れるような機運が学校全体で高まっているようです

 

来年は「y-システム」がどのような影響を及ぼしたのか、その辺りの話を楽しみに説明会を待ちたいと思います

 

 

それでは、今日はこのへんで



| - 札幌山の手 | comments(0) | - |
1/431PAGES >>
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode