札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
LINEを有効活用しよう

去年の6月にこんな記事を書きました

 

LINE@始めます

 

始めたのはいいものの、なかなか活用することができず、最近は放置していたのですが…

 

國立先生のこの記事に刺激され、もう一度やってみようかなと

 

スマホがこれだけ普及するようになると、「メール」は使いませんよね…確かに(-_-;)

 

私も、ほぼほぼ放置してます(笑)たまに開くと100件以上たまっていたり

 

そんなところにお知らせを送っても、みんな読んでくれないのは仕方のないことなんでしょう

 

まずは、一斉メールをLINE@のメッセージ機能を使って送ることから始めたいと思います

 

でも、それには私に一度メッセージを送ってもらわないと友達登録できないんですよね(^_^;)

 

なので、来週発送の通信にそのことを書くことにしました

 

今、入退出管理に使っている「たっちメール」もLINE対応しているみたいなので、やってみましょう

 

 

更に、高校生への質問対応にも活用しようかと思っています

 

新年度は高校生が増え、なかなか即座に質問に答えることができないことがありそうです

 

そんな時、内容だけ聞いておけば後は画像付きで解答・解説を送ればいい話です

 

 

最後は…生徒にも登録してもらって、教室の開放時間などをダイレクトで伝えられるように

 

未だに間違ってきたりする子いるんですよね、そして「親に行けって言われた」とか言い訳するんですよ(-_-;)

 

しっかり自分で時間管理してもらいましょうか(^-^)

 

 

スマホを持っていない子がいるのも事実です

 

ただ、今回のことをきっかけに「買う」必要はありませんので、そのことは強く言っておきたいと思います

 

あくまで持っている人に有効活用してもらうためのものです

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日は営業ブログです(笑)

昨日はブログも1日お休みさせていただきました

 

実は、昨日は開校記念日だったんですよ(^-^)

 

特に何もしませんでしたが(笑)

 

5年目が終わり、6年目に突入ですね

 

一般に世の中の会社(うちは個人事業主ですが)で5年続くのは約15%らしいですから、頑張っている方なんですかね(;・∀・)

 

そうは言っても、今年の募集は厳しい状況ですから、若干雲行きが怪しいのは確かです

 

 

そう思って、新年度の中高生の数を数えてみたら38人いました((((;゚Д゚))))

 

あれ??あと2人で定員だ

 

おかしいな…どこで数え間違えたんだろう

 

いや、厳しいんですよ

 

だって、高校生17名ですから(^_^;)

 

本来うちの理想の人数比は、中学生24〜30名、高校生10〜16名ですから、バランスは悪いんです

 

ですから、まだ募集は続けますよ

 

ただ、高校生については、先日お問い合わせいただいた新高3の方までにさせてもらいます

 

今年は問い合わせほとんどなかったですから、特に影響ないと思います

 

とまあ、こんな感じで、うちの募集はある日突然終わったりするので、「空いてます」という時にすぐ連絡いただきたいんですよね

 

これも運というか縁だと思いますが…

 

 

というわけで、中学生についてはあと若干ですが募集してますので、よろしくお願いいたします

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日は競馬のドバイミーティング

WBCは終わってしまいましたが、競馬の世界戦が今日の深夜にあります

 

ドバイミーティング

 

1日の中で大きなレースを複数行い、メインレースのドバイWCは総賞金が1000万ドル、1着賞金が600万ドルという超高額レース

 

日本の馬は、2011年、東日本大震災の年にヴィクトワールピサが制覇しています(トランセンドも2着で、日本馬のワンツーでした)

 

昨年から、海外の大きなレースに日本の馬が出走していた場合、馬券が買えるようになったので、今年は特に注目されています

 

興味のある?方は、深夜ですが23時30分からグリーンチャンネル(無料放送)、または地上波ではフジテレビ系列で25時15分から放送されます

 

ぜひとも、野球のリベンジを果たしてほしいのですが…

 

アロゲートって馬、とんでもなく強いんですよね(-_-;)

 

 

短いですが、今日はこのへんで

 



| 雑談 | comments(0) | trackbacks(0) |
昨日の新聞を見て、色々と

また、しばらくTOPに置きます、ご了承ください


今年も、高校生の外部募集をします(もちろん、小・中学生も募集中です)

 

授業料は、公立中学生と同じ月額2万円です

受付は、メール manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp(☆を@に変えてください)またはコメント欄にて


基本的に先着順ですが、面談も行わせていただきます(お子さんの意志確認です)ので、その点はよろしくお願いいたします

 

 

公立高校の二次募集の人数が発表されていましたね

 

啓成の32名、開成中等の12名は、まあ予想していましたが…

 

東陵が19名ですか(^_^;)

 

開成の普通科がなくなったことにより旧3学区の生徒の受け皿がなくなったことで、遅ればせながら今年から裁量問題を採用して、代役を果たそうとしたのでしょうが…

 

ものの見事に思惑が外れましたね

 

いや、こうなるだろうとは思ってましたよ(-_-;)

 

そもそも裁量問題を採用するレベルではありませんでしたからね

 

 

千歳はねぇ…

 

ひょっとして、定員割れって初めてじゃないですか?

 

私が塾で働くようになった15年間では聞いたことがないような

 

札幌市外の高校は、配置計画で学級減とかが現実的になってきたような感じですかね

 

 

そして、札幌以外に目を向けてみると

 

岩見沢東や室蘭栄(普)など、その地域でのTOP校が定員割れしているのが目につく一方

 

市立函館??

 

函館中部が定員割れするのは、自分の時も含めて何度かありましたが、市立函館ねぇ…

 

どうりで、道コン事務局発表の予想最低点が低かったはずですよね(-_-;)

 

 

次に、塾や予備校の広告が目につく季節ですが

 

某大手塾2つの広告、何だか考えさせられますね

 

 

方や、今年の合格者数をドーンと

 

方や、今までの合計の合格者数を

 

 

後者の塾は…広告担当の人は今年大変だったでしょうね(-_-;)

 

よほど、数字がパッとしなかったんでしょう

 

当会単体の実績(FC加盟塾の合計ではありません)と書いているのが、また何とも

 

 

合格者の数で競うのなんて、やめればいいのに(^_^;)

 

今さら、引っ込みがつかないんでしょうね

 

それが売りだったわけですから

 

 

ちなみに、今年は調べてませんが、大手塾の合格者の数を合計すると、また定員を越えちゃうんですかね(-_-;)

 

 

中3生も昼の早い時間に来るので、最近は夜の時間、生徒が少なくて少なくて

 

何だか、寂しいなぁ(´・ω・`)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(9) | trackbacks(0) |
これは他人ごとではないと思う

また、しばらくTOPに置きます、ご了承ください


今年も、高校生の外部募集をします(もちろん、小・中学生も募集中です)

 

授業料は、公立中学生と同じ月額2万円です

受付は、メール manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp(☆を@に変えてください)またはコメント欄にて


基本的に先着順ですが、面談も行わせていただきます(お子さんの意志確認です)ので、その点はよろしくお願いいたします

 

 

北海道新聞しか読んでいない方は知らないニュースかもしれません

 

県立幕張総合高 入試実技ひそかに優遇 体育系事前リスト

 

一方でこんな声も

 

千葉県立幕張総合高校、秘密の受験優遇バレるも「みんな知ってる」「今更か」「知らずに受けるのはアホ」の声が続出

 

 

まず、簡単に何があったかを説明すると

 

千葉県の公立高校入試は前期と後期に分かれていて、この幕張総合高は定員720人(多っ!)のうち、昨年は前期で432名、後期で290名の募集でした

 

例年、前期は2.5倍前後、後期は1.7倍前後と、北海道に比べればかなりの高倍率ですね

 

その前期選抜において、5教科500点満点の学力検査のほかに、内申点(千葉県独自の計算式による)、実技検査または自己アピール検査(A・B・Cで評価)が関係していて、この実技検査または自己アピール検査の評価に問題があったのだそうです

 

 

実技検査は例年300〜400名選択し、A評価が130人

 

自己アピール検査は例年600〜700名選択し、A評価が0〜1人

 

 

 

は?( ゚д゚)

 

しかも、この実技検査のA評価はあらかじめリスト化されていて、A評価だと学力検査で250点以上であれば合格になるそうです

 

ちなみにB評価だと、350点前後でも不合格だとか

 

 

この記事、かなり詳しく裏を取っていて、教員や元校長の発言なども(-_-;)

 

自己アピールを評価した複数の教員は「検査担当者から『なるべくA評価は付けないように』と指示された」と証言した。

 

元校長の一人は「部活動を振興し学校の特色とするためで、前任者から引き継いだ。A評価者を事前にリスト化しているのも事実だ」と証言した。

 

なのに、現校長は「特色ある学校を作るという方針で現在の選抜方法になった。(実技と自己アピールのA評価者数の差は)たまたまだと思っている。(具体的には)内部の話なので言えない。(部ごとに調整しているかは)知らないし、知りたくもない。ただ、(受験生に)誤解がないようにする必要があるので状況に応じて見直していきたい。」

 

もう、これ「何で俺が校長の時に騒ぐんだよ!みんな今までやってきたことだろ。」と思っているのが丸わかりですね(^_^;)

 

このニュースを見た時、てっきり総合と名前がついているので「公立といってもそれほど進学に力入れてるわけでもないだろう」と思っていたら…

 

進学重視型単位制

 

ほぉ

 

この人数にして、国公立大学への合格者がこの数でしたら、札幌圏ならどのあたりの高校ですかね

 

清田?平岸?

 

でも、それぞれの地域で国公立大学にどれほど重きを置くかも違いますからね、MARCHに結構進学してますし

 

 

これ、この前の埼玉の「確約」みたいに、その地域の人にとっては「公然の秘密」だったものを、全国に晒してしまっただけなんでしょうね

 

ですから、地元の人たちの反応が「何をいまさら」となるんでしょう

 

では、いいことなのかと言われれば…

 

ダメですよね(´・ω・`)

 

だって、公立入試で出来レースやってるんですもん(さすがに250点取れなければ落とすんでしょうが)

 

なるほど、こういうことがあれば「部活やっていた方が入試に有利なんですよね」という話にもなりますわ

 

まあA評価をつけられるようなレベルでなければ、ただやっているだけでは優遇されませんが(-_-;)

 

 

さて、タイトルの「他人ごとではない」とはどういう意味でしょう

 

実は、私は「北海道の公立入試でも、推薦入試において同様のことは行われているのではないか」と思っています

 

まあ、札幌圏の場合は推薦の定員枠を越えるような学校が数校しかなく、ほぼ全員合格のような状態ですから、優遇も何もあったもんじゃないですがね

 

そして、早とちりしないでください

 

あくまで想像です、千葉県のように内部の人が証言してくれなければ表には出てきませんから

 

ただ、完全な想像というわけでもありません、それなりの根拠もあります

 

 

もう10年以上前のことです

 

私の生徒が、札幌圏の某高校を推薦で受験しました

 

同じ中学から合計で5人が出願(1つの中学からそんなに推薦があるのもおかしな話だが)

 

私の生徒は不合格、他の4人は合格しました

 

もうお分かりですね

 

その4人は「同じ部活」でした

 

私の生徒は生徒会長&ランクもその4人より上だったんですが…

 

これが白石高校のように「学業推薦」と「部活推薦」ときっちり分けているのであれば、話は別ですよ

 

そうではなかったですからね(ちなみに、この生徒は再出願で同じ高校を受験して合格しました。私なら出願変更しますがね…)

 

 

こんなこともありました

 

これも札幌圏の某高校を受験した生徒の話

 

面接の後、どんな感じだったか話を聞くと

 

 

う〜ん

 

他の受験生はどうだったか聞いてみると

 

 

う〜ん

 

それ、明らかに「ランクで分けられてるね」

 

高いランクの生徒は無難な質問、低いランクの生徒は厳しめの質問

 

もう、出来レースやん

 

そんなことがあったので、上に挙げた高校の評価は、私の中でダダ下がりです

 

 

こんなことを書くと、「推薦入試に親を殺されたんですか?」と言われそうですが(笑)

 

もう、いいじゃん

 

基準もよくわからん推薦入試なんてやめようよ

 

そして、人物評価重視と言われている新大学入試制度とやらも、きっとこんな感じなんですよ

 

どうするんですかね

 

 

それでは、今日はこのへんで

自己アピールを評価した複数の教員は「検査担当者から『なるべくA評価は付けないように』と指示された」と証言した。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170323/k00/00m/040/175000c#csidx63cc0eb6e718f2e99eb3e0bbadcac48
Copyright 毎日新聞
自己アピールを評価した複数の教員は「検査担当者から『なるべくA評価は付けないように』と指示された」と証言した。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170323/k00/00m/040/175000c#csidx63cc0eb6e718f2e99eb3e0bbadcac48
Copyright 毎日新聞


| 教育関係 | comments(3) | trackbacks(0) |
2試合とも負けちゃいましたね

また、しばらくTOPに置きます、ご了承ください


今年も、高校生の外部募集をします(もちろん、小・中学生も募集中です)

 

授業料は、公立中学生と同じ月額2万円です

受付は、メール manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp(☆を@に変えてください)またはコメント欄にて


基本的に先着順ですが、面談も行わせていただきます(お子さんの意志確認です)ので、その点はよろしくお願いいたします

 

 

WBC…残念でしたね

 

1点差というのが、また何とも

 

でも、シーズン前にもかかわらず、みんなよく頑張りましたよね

 

後は、出場した選手たちが、この後のペナントレースでみんな良い成績を上げてくれれば言うことないです

 

やはり「WBCの影響で…」って言われるのは嫌ですからね(-_-;)

 

そして、札幌第一も初戦敗退でした

 

結果的に大差はついてしまいましたが、1回表に点数が入っていればまた違っていたんでしょうね

 

2年前の選抜の東海第四(現:東海大札幌)、昨年の夏の北海と道内勢が好成績を挙げていたので、プレッシャーも大きかったんでしょうね

 

また、夏を目指して頑張ってください

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | trackbacks(0) |
これも定番化しそうですね

また、しばらくTOPに置きます、ご了承ください


今年も、高校生の外部募集をします(もちろん、小・中学生も募集中です)

 

授業料は、公立中学生と同じ月額2万円です

受付は、メール manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp(☆を@に変えてください)またはコメント欄にて


基本的に先着順ですが、面談も行わせていただきます(お子さんの意志確認です)ので、その点はよろしくお願いいたします

 

 

 

3年前、2年前に同じ質問を受けて、去年は質問される前に記事にしました(笑)

高校生に塾は必要か?というテーマです


こちらが2014年
高校生に塾は必要か

こちらは2015年
高校生に塾は必要か2015
 

 

コピペか?というくらいに、同じことを書きますが、私の教室での高校生へのスタンスは「学習環境の提供」と「アドバイザー的役割」

もちろん質問されれば対応しますが、中学生の時とは違い、全ての質問に答えられるほどオールマイティーではありません(-_-;)

自分が履修していない教科、大学受験で使わなかった教科は言うに及ばず、それ以外の教科についても一緒に参考書を開きながら考えることが結構あります

ですから、どんな質問にでもスラスラと答えてほしいのであれば、予備校に行くか、高校の職員室に入りびたりになった方がいいでしょうね

 


ここからは去年のコピペですが…



高校はどうしても上の層を引っ張って、全体のレベルを底上げしようとします

なかなか自分のところまで降りては来てくれません

課題なども「こなせる人」を基準に出すことが多いので、じっくり取り組みたい生徒などにとっては、迷惑以外の何物でもありません

でも、真面目な生徒は頑張ってしまいパンクしてしまうんですよね

「これはやるべき」「これはやる必要がない」

取捨選択しようにも、初めてのことですからわからないことの方が多いのです

我々なら経験上知ってますから、アドバイスもできるのですよ

「高校の課題をやっていれば・高校の授業をしっかり聞いていれば、塾に行く必要はない」

本当にそうでしょうかねぇ…

 

 

更に、進路指導についても、ザルな点が目につくことが多いです

 

教科(科目)選択についても然り

 

どうして、その進路を考えている生徒に、この教科(科目)を取らせるの??ということも数知れず

 

公立高校であれば320人の生徒、全てに目を行き届かせるのは、やはり難しいのではないでしょうかねぇ

 

 

定番化しそうな記事は、カテゴリー作らなければいけませんね

 

そしたら、読みやすくもなりますし

 

問題は、いつその作業ができるかなのですが…(-_-;)


それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
いろんなうわさ

また、しばらくTOPに置きます、ご了承ください


今年も、高校生の外部募集をします(もちろん、小・中学生も募集中です)

 

授業料は、公立中学生と同じ月額2万円です

受付は、メール manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp(☆を@に変えてください)またはコメント欄にて


基本的に先着順ですが、面談も行わせていただきます(お子さんの意志確認です)ので、その点はよろしくお願いいたします

 

 

そうか…世間は三連休だったんですね(^_^;)

 

どうりで?1時から教室開放していたのに、生徒がなかなか来ないわけだ

 

今週中は早い時間に来るのは小学校や中学校を卒業した子のみなわけですから、どうせなら人の少ない時間に来たほうがいいと思うんですが…

 

まあ、平日に遊びに行く機会はなかなかありませんからね(-_-;)

 

でも、早い学校ではもう課題渡されたり買わされたりしてますよ?呑気に遊んでいていいんですかね〜

 

 

さて、先週の面談&昨日の食事会で奇妙?なことを聞きました

 

うちもそうですが、某塾が集団授業をやめるとか

 

チラシは出しているのに、生徒がまるでいないのでクラスが作れず、問い合わせても遠い教室を案内されるとか

 

3月で教室閉まるかもとか

 

大丈夫ですか?この地域(^_^;)

 

というか、そもそもみんなどこに通っているんでしょうか?

 

以前、コメントがあったように、遠いところまで通塾しているんですかね…

 

 

相変わらず聞こえてくるのは「入りたいけど満席なんでしょ?」という間違ったうわさ(-_-;)

 

それを消すためのポスティングチラシでもあったはずなんですが、みんな見てないんですかね

 

誰か見た人が「今年は空いてるんだって」とうわさを流してくれればいいのに

 

と、そんなに自分に都合のいいように話は進みませんよね

 

確かに一気に10人とか来られても困るのは事実ですから、そういうのも関係しているのかも

 

返す返す、2年前の「満席チラシ」は余計だったような気がする…

 

 

まあ、来ない人を待っていても仕方がないので、いる人たちの満足度を高めるようにします!

 

それが一番大事ですからね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(2) | trackbacks(0) |
ご褒美食事会&卒業を祝う会

1週間にわたる面談も終わり、昨日はブログもお休みをいただきました

 

そして、今日はタイトルの通り年に2回のご褒美食事会と、年に1回の卒業を祝う会

 

例年ですと、卒業を祝う会は「私を倒すボウリングの会」のはずなのですが、公立入試から合格発表まで週末を一度しか挟むことがなく、その週末に謝恩会などの用事が入っている生徒が多かったので、いっそのこと全員焼肉参加にしてしまえということで(^_^;)

 

去年までの卒業生、ごめんねー

 

というわけで、いつものように肉を食らうわけです

 

IMG_8854.JPG

 

ただ、前回から人数が多くなりすぎてコース料理になってしまったんですよね(上の写真は別注文です)

 

それまでの「何でも好きなもの頼んでいいぞ」が食事会の醍醐味だったのに…それが薄れているのは残念です

 

新年度は何か対策を考えなければいけませんね

 

そうは言っても、ハードルを上げたりはしませんから(笑)

 

今回はゴチバトルもなしにして、時間に余裕を持ったはずなのに、最後ギリギリになってしまいました(^_^;)

 

IMG_8855.JPG

 

卒業生は、卒業おめでとう!

 

在校生は、また食事会に行けるように新年度も頑張れ(*´▽`*)

 

 

明日から1週間は春休み特別時間割で午後1時からの開放

 

来週1週間は、恒例?の午前10時から午後9時半までの開放です

 

短い春休みですが、有効に使いましょうね

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | trackbacks(0) |
合格発表

倍率が1.0倍を超えているのであれば、必ず不合格者がいるということです

メッセージは昨日のブログで伝えてありますので、ここではこの後の動きについて簡単に書いておこうと思います(おそらく、中学校に行って同様の説明を受けたと思いますが)

本日中に合格者の入学意思の有無の報告がなされ、入学意思のない生徒の分の追加合格の通知が、21日(火)の9時半から16時半の間にあります

ですから、今日残念な結果だった方も、少し時間は空きますが火曜日のこの時間帯は連絡が取れるようにしておいてください

そんなに多くの生徒を見ているわけではありませんが、それでも毎年のようにブログに追加合格の報告があります

自己採点の結果にある程度の手応えのあった人は、非常に辛いかもしれませんが、21日まで待ってみてください

そして、22日(水)に二次募集の人員が発表され、23日(木)から24(金)の間に二次募集の願書を提出することになります

二次募集の合格通知は29日(水)までに届くことになっています

上位校の中では、札幌開成中等教育学校の後期課程が、定員割れ+欠席者がいたので、それなりの数の募集になると思われます

 

また、札幌啓成高校の普通科も、理数科からのスライド合格だけでは枠を満たすことができなかったので、かなりの数の二次募集を行うことになりそうです

 

基本的に、点数(内申点+当日点)が上位の子から合格が決まっていくのですが、TOP校の不合格者は私立の特進コースに進むケースが多いので、意外と合格ラインは高くなさそうです(あくまでも推測ですが)

 

どうしても、公立高校へという方は、ダメ元で出してみてもいいかもしれません

 

 

さて、一昨年、昨年に続き、今年も全員合格とはいきませんでした

1人でも不合格者がいれば、私にとって、その年の受験は満足いくものではなかったということになります

 

 

いや、合格した皆さんは、気にせず喜んでくれていいですからね(^_^;)


私がこんな状況なのでコメントしづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく報告してください


ちなみに、以前記事に書きましたが、うちは合格実績についてブログなどで発表することはありません

そうしている他の塾を否定しているのではなく、あくまで合格実績は過去のものであって、これから先の未来を示しているものではないという私の考えからです

塾の内部の方には、面談の席や通信などでお伝えすることになります

合格実績や生徒のテスト結果などを、まるで公表したくないかと言われれば…

 

言いたくなる時もありますよ、「うちだって!」という気持ちもありますからね

 

でもなぁ…


昨日の記事のとおり、あなたが最良だと思っている場所、あなたが希望したところではない場所を、良くするのも悪くするのも、これからのあなた次第です

夢やぶれて私立高校に行った私の教え子の中には


弁論部で全国優勝して、第一希望の公立高校からはとても行けそうにない某私大に行った者

バスケで活躍し、それがある大学の関係者の目にとまり、某強豪大学へ進学した者

実家の商売を継ぐために、ある漫画の舞台にもなった某大学の学部へ進学を果たした者


そういった生徒たちもいます

4月から進むその場所で、あなたができることを力いっぱいやってみてください


希望通りに合格を果たした方、おめでとうございます

今までの頑張りが合格という結果で報われて、喜びもひとしおだと思います

この喜びを忘れないでくださいね

その高校は、あなたが望んで選んだ場所のはずです

数ヵ月後、「うちの高校クソだわ」なんて口が裂けても言わないように


それでは、今日はこのへんで



| 公立入試関係 | comments(3) | trackbacks(0) |
1/308PAGES >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Recommend
Mail
manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp
(☆を@に変えてください)
Mobile
qrcode