札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
なぜ、その答えが出なかったのか、とことん考えよう

珍しく日曜日ではなく、土曜日にブログをお休みしてしまいました

 

昨日、何書こうか悩んで10分くらいパソコンの前で固まったんですよ

 

そういう時に無理に書いてもろくなものにならないので(じゃあ、いつもはマシなのかという議論はおいといて)

 

なので、本来お休みである日曜日にブログを書いてます

 

 

昨日お休みだったことで、ほんの一部の方に残念がられたであろうことがG1予想が見れなかったこと

 

安心してください

 

外れました(´;ω;`)ウゥゥ

 

しかも、残り200mくらいまでは絶対勝ったと思っていました

 

本命は7番のシャドウディーヴァ

 

いつにないことに自信があったんですけどね

 

 

勝ったのはラヴズオンリーユーという馬なのですが、私の中で事件なのが2着に来た馬

 

 

12番人気だったのです

 

私は自他ともに認める穴党(人気のない馬を狙う)なので、なぜこの馬を狙えなかったのか

 

もう悔しくて悔しくて

 

多分、今日は夜遅くまで色々と考えて悶々とするでしょう

 

 

 

で、これで終わったら塾ブログっぽくないので(笑)

 

生徒にも、テスト問題(普段の演習でも)で同じような経験をしてほしいと思います

 

なかなか解けない問題というのは、一旦解くのをやめても頭の片隅に引っかかって残っているのです

 

それがふとした瞬間に「あ!もしかして!」みたいに解法が閃くことがあるのですよ

 

常日頃から、生徒の地頭の差というものは、こうした普段からの机に向かっている時間以外の積み重ね

 

いわゆる「生きているだけで差がつく」によるものだと思っているので

 

NHKの某キャラクターではありませんが「ボーッと生きてんじゃねーよ」ですね(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | trackbacks(0) |
うちのブログの他にないところって何だろう?

先月のブログフェス、その後の懇親会で、色々な塾の先生の話を聞いたりしたのですが

 

うちのブログの特徴って何だろう?とふと思ったんですよ

 

 

毎日更新してる(でも、今は週に1回休んでるもんなぁ)

 

10年続いている(いや、もっと前から書いている人いるし)

 

 

うーん…

 

 

その時は閃かなかったのですが、先日やっと「これだ!」ということに気づきました

 

コメントです

 

少なくとも、私が見ている範囲で、こんなに読者の方からコメントしてもらっている塾ブログは見たことがありませんね

 

そうか、これは誇るべきことなんだな

 

良かった…コメント閉じないで(笑)

 

 

気になって、コメントの数調べたんですよ

 

2480件でした

 

 

( ゚д゚)

 

凄くないですか?

 

 

そのうち、私の返信が半分近くだとしても、1200件以上コメントいただいているんですね

 

PV数とかでは勝てる気がしないので、これからは日本一コメントがついているブログでも目指しましょうか(笑)

 

 

というわけで、これからも遠慮なく?コメントしていただきますよう、お願いいたします

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | trackbacks(0) |
英語の民間試験の闇についにメスが入ったか?

私のTwitterのタイムラインでは随分前から話題に上がっていたのですが、やっと一般の方々の目にも触れるところまで来たようです

 

大学入学共通テスト 英語の民間試験 海外の業者による採点も

 

文法もつづりも間違いでも得点 数々の疑問 英語民間試験

 

いずれもNHKのニュースで取り上げられたものです

 

特に2番目の記事に注目してください

 

「地域をきれいにするためにできることは何だと思うか、1つ取り上げて理由を書きなさい」という英作文の問題で、生徒の解答用紙には「I think to inportant」としか書かれておらず、文法や単語のつづりも間違っていました。

この教員は、過去に民間試験の採点に関わった経験があり、自身ならば「0点」にすると言いますが、業者から返ってきたスコアは160点満点中41点だったということです。

 

これを、大学入試に活用しようというのですから、開いた口が塞がらないですよね

 

さて、このニュースでは、この酷い採点がどの民間試験で行われたか特定していませんが、その後を読み進めるとおおよそ推測できるようになっています

 

 

民間試験を実施する7つの事業者は、採点者の基準やその公表方針が、それぞれ大きく異なっています。

▽「ケンブリッジ英語検定」は、大卒以上で英語教育に関する資格を保持し、英語の指導歴が3年以上などとしています。

▽「TOEFL iBT」は、大卒以上で英語の指導経験があるなどとしています。

▽「IELTS」は、大卒以上で英語教育に関する資格を保持し、英語の指導歴が3年以上などとしています。

▽「TOEIC」は、大卒以上で英語教育に関する資格を保持し、一定期間の指導経験があることなどとしています。

▽ベネッセコーポレーションが実施する「GTEC」は、海外の英語を話す人で、採用試験に合格した者、などとしています。

▽「英検」、「TEAP」、「TEAP CBT」は、いずれも日本英語検定協会が実施していますが、採点者は国内・海外を問わないが、応募資格などは「機密事項」につき公表できないとしています。

 

 

何となくGTECか英検のどちらかとわかりますね

 

 

GTECです

 

 

Twitterでは、上の例よりまだマシですけど、160点満点中106点のGTECの答案も公開されています

 

「より多くの学生が海外留学すべきだという意見について、あなたはどう思いますか。あなたの意見とその理由を答えなさい。」

 

「I think that we should go abroad.we should speak English better well.」

 

 

闇が深いですねぇ…

 

 

昨日の北海道科学大学高校の報告会で、今年から就任した校長先生が言っていました

 

「大学入試改革とは、だれのための改革なのか。誰が利益を得るのか。」

 

それは、某企業ですよね(´-`).。oO

 

そして、そこに便宜を図った色々な方々ですよねぇ(´-`).。oO

 

 

個人情報が流出した事件は今から5年前に発覚しました

 

流出した顧客情報は約3500万件と言われています

 

 

NHKが報じたということで、民放各社も追随する可能性が高いです

 

新大学入試制度まで2年を切った状況で、このような情報が出てきたということは…

 

この情報が流れることで、また違う人間(組織)が利益を得るからですよねぇ

 

報道とはそういうものです

 

 

困るのは受験生です

 

やるならやるで、きっちりとしてもらわなければ

 

私としては、「今の制度(センター試験)を続けます」で構わないのですが、そうはならないんでしょうね

 

色々動きだしているものを止めるというのは

 

どうでもいいことなんですが、「だれが責任を取るのか」とか言い出しそうですし(-_-;)

 

しばらくは、注目しておかなければいけないニュースになりそうです

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(3) | trackbacks(0) |
2019北海道科学大学高校 高校入試・大学入試報告会

今日は北海道科学大学高校(以下北科大高)の説明会に行ってきました

 

案内をもらった時に「あれ?」っと思ったんですよね

 

確か、年に1回、7月のみの開催だったはずなのに、今年は5月の早い時期と7月と2回も説明会するんだ…

 

何かあったな(笑)

 

と、思っていたらこれですよ

 

iPhoneImage.png

 

あー、それは早くやりたいですよね

 

他の高校に先がけて「うち、今年進学実績爆上げですー」って言いたいですよね

 

だから、説明会ではなく「報告会」だったんだ(笑)

 

でも、去年浪人生が多かったと言っていたから、浪人生中心の実績かな?って思っていたら

 

現役17名、浪人5名ですって

 

それは素直に凄いと思いましたよ

 

北大の合格者がいなかったのは残念ですが、帯畜の獣医2名(いずれも浪人ですが)は、なかなかのものです

 

それと、昨年に続き、早稲田のスポーツ科学に一般入試で合格してますし、この辺りは何かノウハウがあるんでしょうね

 

薬科大(北海道科学大学薬学部に変わります)や医療学部があるので、医療系に進学する子の割合が多いのも特徴です
 

系列大学を目指しつつ、更に上の目標に向かってチャレンジするという姿勢が、浸透してきているのではないでしょうか

 

 

合格基準やら今年の入試に関する話はまた7月に出てくるそうですし、私が今日質問(というか要望)したことについても7月の説明会で詳しく話してくれるそうなので、今日のところは、大学合格実績の話だけにしておきますかね

 

高大接続探究活動や、地域スポーツ・文化教室について、突っ込んだ話が聞けるのを楽しみにしてますよ(^-^)

 

と、教頭先生にプレッシャーをかけておきます

 


カリキュラムなどについては、昨年の説明会の記事を参考にしていただければと思います

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 学校説明会 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019藤女子中学校学校説明会

私が最も古くから参加し記事にしているのが、この藤女子中学校の説明会

 

何と、今年で10回目の参加でした

(今までの記事はこちら)

2010

2011

2012

2013

2014

2015

 

2016

 

2017

 

2018

 

 

毎年説明しているような、中学受験に関する話などについては、今後開催される説明会などで直接聞くこともできるでしょうから、今年はちょっとスタイルを変えて、説明会や学校見学を通して受けた印象などを中心に書いてみようと思います

 

藤女子中の受験を検討されている方は、お手数ですが、過去の記事を遡って見ていただければと思います<(_ _)>

 

そして、進学実績などについても後日まとめる私立編を参考にしてもらえればと思います(少しは触れますが)

 

 

まず、藤女子と言えば、札幌圏では数少なくなってしまった女子校です

 

皆さんは、女子校というとどんなイメージを持っていますか?

 

今回、いただいた資料の中に、興味深いものがありましたので、いくつか紹介させていただきたいと思います

 

卒業時に生徒に記入してもらったアンケートだそうです(一部抜粋)

 

「女子だけだからこそ、ドロドロしていないのだと思います。女子を演じる必要がなく、ありのままの自分で過ごすことができました。友達も先生も、私の個性を否定せず受け止めて応援してくれました。友達もありのままを見せてくれました。だから私も友達を素直に受け入れられたのだと思います。」

 

「女子だけの世界は、本音を明かさず、水面下で物事が動くというイメージがありました。私も入学する前は現代版大奥みたいな所かと思っていました。しかし、違いました。~中略~だから、無理に自分のキャラを作って演じる必要もなく、その人の個性をそのまま受け入れ、時に修正して、より洗練された人に成長できるところだと思います。」

 

「人から与えられるのではなく、人に与えることが本当の幸せなんだと藤の6年間で学んだ。」

 

「今まではお金があれば幸せになれると思っていたけど、宗教の授業や行事を経験したことで、大切なのは自分の弱さと多様性を受け入れる心であったり、教養を身につけて誰かのために役に立つことが幸せだと思った。」

 

女子校には女子校なりの悩みもあるのだとは思いますが、上の2人の「女子を演じる必要がない」「自分のキャラを演じる必要がない」というのは、なるほどそういうものなのかと考えさせられましたね

 

 

あと、授業見学した際に3年生の教室の前に貼りだされている掲示物を見たのですが、それがとても印象に残りました

 

長田弘の「最初の質問」という詩について、生徒自身が答えるというものです

 

  今日あなたは空を見上げましたか。
  空は遠かったですか、近かったですか。
  雲はどんな形をしていましたか。
  風はどんなにおいがしましたか。
  あなたにとって、いい一日とはどんな一日ですか。
  「ありがとう」という言葉を今日口にしましたか。

  窓の向こう、道の向こうに、何が見えますか。
  雨の滴をいっぱいためたクモの巣を見たことがありますか。
  樫の木の下で、あるいは欅の木の下で、立ち止まったことがありますか。
  街路樹の木の名前を知っていますか。
  樹木を友人だと考えたことがありますか。

  この前、川を見つめたのはいつでしたか。
  砂の上に座ったのは、草の上に座ったのはいつでしたか。
  「美しい」と、あなたがためらわず言えるものは何ですか。
  好きな花を七つ、挙げられますか。
  あなたにとって「わたしたち」というのは、だれですか。

  夜明け前に鳴き交わす鳥の声を聴いたことがありますか。
  ゆっくりと暮れていく西の空に祈ったことがありますか。
  何歳の時の自分が好きですか。
  上手に年を取ることができると思いますか。
  世界という言葉で、まず思い描く風景はどんな風景ですか。

  今あなたがいる場所で、耳を澄ますと、何が聞こえますか。
  沈黙はどんな音がしますか。
  じっと目をつぶる。すると何が見えてきますか。
  問いと答えと、今あなたにとって必要なのはどっちですか。
  これだけはしないと心に決めていることがありますか。

  いちばんしたいことは何ですか。
  人生の材料は何だと思いますか。
  あなたにとって、あるいはあなたの知らない人々にとって、
  幸福って何だと思いますか。
  
  時代は言葉をないがしろにしている。
  あなたは言葉を信じていますか。

 

掲示されるのがわかっていて(なので名前は書かなくてもいいことになっていたのですが、結構書いてました笑)、それでも、こうして自分をさらけ出すことができるのは、なるほど上に書いてあった通りなんだなと思いました

 

 

そして、藤女子は2025年に創立100周年を迎えるそうでして、卒業生は約20,000人

 

このブログを読まれている方にも藤女子を卒業された方や、親戚が藤女子に通っていたという方も大勢いるでしょう

 

親子2代で、はたまた3代で藤に通ったという方もいるかもしれません

 

そういった方なら、次のアンケートの回答にも納得がいくのではないでしょうか

 

「藤を選んでくれた親に心から感謝している。小学生の頃の私には、学校を比べて選ぶことができなかった。母が『勉強だけではない、人としての生き方を学べる学校を選ぼう』と言ってくれた。大学を卒業し、社会人になる今の私を支えてくれたのは、間違いなく藤の「人のために」という教えです。これから先の人生も、誰かのために自分の力を使い、支えていける人でいたいと思う。そしていつか、自分の娘ができたとき、藤に入学させたいと思う。」

 

何も、他の中高一貫校が「勉強だけを教えている」と言いたいわけではありません

 

ただ、今年このアンケートを読んだ時に、加熱する進学実績競争から、数年前に藤女子が一歩引いた理由が分かったような気がしたのです

 

もちろん、勉強に力を入れなくなったわけではありません

 

その辺りは、また後日に私立高校の進学実績比較でお話しできるのではないかと思います

 

 

最後に、どうしても伝えておきたいことが2つほど

 

 

1つ目は、100周年の記念事業として「クサベラ・レーメ記念奨学生特別選考」を来年の入試から始めるそうです

 

iPhoneImage.png

 

奨学生Aの3年間というところを見て不思議に思い質問したのですが、現時点で高校生については助成金などが充実してきているのですが、中学生についてはそういったものがほとんどなく、藤女子は高校からの入学がないため通いたくても中学3年間の経済的な負担が大きく、受験を断念される方もいるのではないかと

 

そういうことでした

 

なるほど、言われてみると私立中学で奨学金というのはあまり聞いたことがありませんでしたね

 

 

2つ目は指定校推薦についてです

 

北海道は国公立志向が強いため、首都圏私大への進学というものはなかなか選択肢に挙がってこないと思うのですが、先月のブログフェスの二次会の際に「○○高校は慶応の指定校推薦の枠余らせちゃったんですよー」と話したところ「もったいない!今、首都圏の私大は入りたくても入れない子が大勢いるのに…」と驚かれました

 

そうなんです

 

この記事にも書いてありますが(またリンク貼っちゃった)、定員の厳格化のため、ここ2,3年首都圏の私大はとんでもない難易度になっているのです

 

そんな私大の推薦枠

 

結構持ってますよ

 

しかも、指定校だったら入れる学部もそんなに大したことないのではと思っている、そこのあなた

 

私も、見て驚きましたからね

 

早稲田−商

上智−法−法律

立教−法−政治

中央−法−政治

法政−法−政治

青山−文−フランス文学

学習院−文−日本文学

 

いやいやいやいや

 

実際、指定校推薦で合格する子たちというのは一般受験でも合格する力があるのですが(学力不足な子を推薦すると枠を取り消されてしまう可能性もあるので)、そこは受験ですから何が起きるかわかりません

 

お得というと変な言いかたですが、極秘で公開された早稲田や法政に合格した子の中学入試時の順位や最初の学力推移調査のSS聞いたらひっくり返りますよ

 

もし、首都圏私大も視野に入れているというのであれば、検討に値すると思います

 

 

明日は北海道科学大学高校の説明会に行ってきます


それでは、今日はこのへんで



| 学校説明会 | comments(0) | trackbacks(0) |
一応こちらでも告知しておきます

整備したとは言っても、頻繁にHPを見る人ばかりではないでしょうから

 

3月に移転してから1カ月半がたちました

 

中高一貫・高校生については早い段階で定員が埋まってしまいましたが、面談・体験後のキャンセルなどの返信待ちが先週末でやっと一段落しました

 

2名のみですが空きがあります

 

高校入学後に様子を見て、それから検討しようと思っていたのだけれど、気がつけば満席になってしまっていたという方

 

HPの問い合わせフォームからご連絡下さい

 

面談を希望される場合は、今のところ午後9時45分以降か、定休日の月曜日しか空いておりません

 

その点、ご了承ください

 

なお、面談は体験授業前・体験授業後いずれでも可能です

 

よろしくお願いいたします

 

 

明日は私立中高の説明会第1弾、藤女子中学校・高等学校です

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 募集 | comments(0) | trackbacks(0) |
自転車通勤

GW明けから、本格的に自転車通勤を始めました

 

昨日・一昨日なんかは帰り道、非常に寒かったですが((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

まだ5日目だというのに、膝の上(太もも)の筋肉がパンパンで痛いです

 

何という運動不足っぷり…

 

やはり、右足の痛みというのは、運動不足から来ていたんでしょうねぇ(ちなみにほとんど治りました、2週間って言われてましたが本当にそのくらいでしたね)

 

 

で、自転車をどこに止めているのかというと、創世スクエアの地下にある駐輪場です

 

うちのビルには駐輪場ありませんし、路上に置くといい迷惑ですからね

 

近くのビルに駐輪場あるんですが、そこはモラルを守らないと(*´▽`*)

 

 

さて、この創世スクエアの駐輪場

 

使ったことがある人ならご存知でしょうが、たくさんの自転車が置けるように2段式の駐輪台が設置されているんですよね

 

私は午後の遅い時間に行くので、ほぼほぼ満車状態で今日まで気づかなかったのですが…

 

 

何で、みんな上の段を使わずに下に止めるんですかね(-_-;)

 

 

確かに、上の段に置いてしまうと、下の段がいっぱいになった時に降ろすのが大変(駐輪台を下げるためのスペースを確保しなければいけないから)なので、気持ちはわからなくもないのですが…

 

下の段が先にいっぱいになってしまうと、上の段に止めにくいじゃないですか!

 

次に来る人のことを、もう少し考えてもいいのでは?

 

どうも、自分だけ良ければいいという人が多いような気がして、ちょっと悲しくなりました( ノД`)シクシク…

 

こんなブログで書いたところでどうにもならないでしょうが、もし創世スクエアの駐輪場を使っている人がいれば、できれば上の段を使っていただけますよう、お願いいたします

 

 

さて、明日はヴィクトリアマイルというG1レースがあります

 

大混戦と言われていますが、私は

 

レッドオルガ

プリモシーン

アエロリット

 

この3頭のうち2頭が2着以内に来ると思っています

 

3着でいいなら、アマルフィコーストとワントゥワンが面白いですね

 

 

それでは、今日はこのへんで

 



| 雑談 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW明け最初の1週間が終わりますよ

今日、やっと道新受験情報を買ってきましたよ(^_^;)

 

「全道高校別大学合格者数」の記事をチェックするためなのですが、それ以外にも道内大学の入試状況が載っているので、毎年買い続けて8年目になります(つまり独立してからずっと買っている)

 

また後日気になる点を記事にしますが、千歳科学技術大学、すさまじいことになってましたね…

倍率と合格者の道外比率です

 

一般1期 5.4倍(9.3%)

一般2期 3.4倍(20.5%)

一般3期 5.7倍(18.8%)

センター1期 5.5倍(33.5%)

センター2期 4.8倍(27.5%)

センター3期 7.6倍(53.3%)
 

 

ちなみに3年前が

 

一般1期 1.3倍(3.6%)

一般2期 1.2倍(5.9%)

一般3期 1.0倍(0.0%)

センター1期 1.1倍(5.6%)

センター2期 1.1倍(5.6%)

センター3期 1.0倍(37.5%)

 

道外からも狙われていたんですね(^_^;)

 

 

さて、GW明け最初の1週間の授業が終了しましたよ

 

新中1生や新高1生の皆さん、どうですか?

 

ぼちぼち進度が速くなってきたのを実感していませんか?

 

それと、新高1生はスタディーサポートの結果が返ってきているのではないでしょうか

 

あれ、気にしなくていいですよ(笑)

 

 

学年通信では「昨年の高1生と比較してー」なんてことが書いてあったりもしますが、ああいった話ができるのって実は…

 

やめとこう(笑)

 

さすがに、これはブログに書いたらまずそうだ…(うちの塾生には話してます)

 

 

南高では、恒例の実力テストが行われたみたいですね

 

中学校までは勉強で苦労することがなかった子たちが、初めて「挫折」を知る場です

 

受けた当人たちは、「あんなに難しくする必要があるのか」と思うかもしれませんが、難しくしないとテストとして機能しないじゃないですか(笑)

 

中学校時代に定期テストはほぼ満点、道コンでもSS70近かった人たちの集まりですよ

 

普通に作ったら、平均点が8〜9割になってしまいますよ

 

 

さあ、ここからどう立ち直っていくのか

 

楽しみですね

 

 

それでは、今日はこのへんで

 

 



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
湯船の中で考えていたこと

私はいつも、出勤前にお風呂に入ります(そうしないとひげが剃れないのです…肌が弱くて)

 

あまり長風呂ではないのですが、それでも考え事をしながら入ることが多いので、温度は低めにしてます

 

 

まあ、そんな私の風呂事情はおいといて

 

いつも考え事をしても、湯船から出てしばらくすると「あれ?何だっけ?」と忘れてしまうことも多く、せっかくブログのネタができたのに…と涙を流すことも多かったので、今日はお風呂から出るやいなや(as soon as)スマホのメモ帳に考え事を箇条書きにしておきました

 

今日は、それについて書きたいと思います

 

私が普段、湯船の中でどんなことを考えているかです

 

 

〜ザブーン♪〜

 

今日は木曜かー、中2の授業だなー

 

そう言えば、以前〇〇さんのお母さんや△△さんのお母さんが塾生同士の交流がほしいって言ってたけど、難しいなー

 

基本的に、休み時間は本(マンガ)読んでるか、スマホ弄ってるか、寝るかのどれかで、話をしている子は同じ学校だったり同じ学年の子だけで、ほとんどいないもんなー

 

あ、でも村上先生の塾の生徒は休み時間も会話してたなー

 

ということは、話題を振らない俺のせいなのかー

 

でも、話題と言っても共通のものって少なくなったよなー

 

ドラマなんて見ないし、みんなが見ているバラエティー番組もないし、そもそもテレビ見なくなったもんなー

 

趣味・嗜好が多様化してるからってのもあるかー

 

でも、他のことに興味がないから、人と話をするのが楽しくないってのもあるかもね

 

クラスの盛り上げ役とか、仕切り屋みたいな子っているのかな?

 

最近の子はすぐ「コミュ障」とか言うけど、どうも違うような気がするんだよねー

 

あ、最近の高校が高1の4月に宿泊研修するのは、無理やりそこで交流させて接点持たせるためかー

 

そうでもしないと、いつまで経ってもコミュニケーション取らないんだろうなー

 

まあ、ここまでお膳立てしてもしない子は「コミュ障」って言ってもいいかもしれないけど

 

無理やり接点を作るねぇ…うちの塾も合宿でもやるかな(笑)

 

 

でも、無理に仲良くなってもらう必要もないんだよなー

 

仲良くなった後ケンカしたり、付き合った後別れたりして、それが原因で塾に来ないのに、違う理由にされるのも困る

 

あ、でも昔の職場でもそういう子いたけど、塾やめたり休んだりした子はいなかったな(^_^;)

 

そういう所は、ちゃんと線引きできてるんだよね、今の子って

 

まあ、必要以上に仲良くなる必要も敬遠する必要もないか

 

とりあえず、仕掛けだけは考えておこうかな

 

 

〜ザブーン♪〜

 

 

こんな感じです(笑)

 

今日はいつもと違った感じでお届けしてみました

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
闇雲に暗記するのはやめましょうね

毎年GW中の課題として、中3生には不規則動詞の過去形・過去分詞形を覚えてもらっています

 

でも、ただ覚えてというと丸暗記しようとする生徒が少なからずいるので、最近では規則性について意識をするように声掛けをしています

 

feel-felt-felt

keep-kept-kept

sleep-slept-slept

 

begin-began-begun

drink-drank-drunk

ring-rang-rung

sing-sang-sung

sink-sank-sunk

swim-swam-swum

 

blow-blew-blown

draw-drew-drawn

grow-grew-grown

know-knew-known

throw-threw-thrown

 

break-broke-broken

speak-spoke-spoken

 

ride-rode-ridden

write-wrote-written

 

などなど

 

全ての法則について説明していたら時間もかかりますし、あくまでも生徒自身に気づいてほしいという思いもあるので、一例だけを示して、後は自分で見つけてねというスタイルです

 

「暗記が苦手」という子は、得てしてこういったことに無頓着です

 

覚えるための工夫とか考えずに、力技で覚えようとするんですね

 

それはいくら何でも無理ですって(^_^;)

 

 

そして、今日

 

小学生が学校で出されたローマ字の宿題をしている時にも、同様のことが起きました

 

ローマ字の規則性に全く目を向けず、とにかく「あの表」を丸暗記しなければいけないと思っているようなのです

 

全てに当てはまるわけではないですが、アルファベットの音との関係性なんかも知らないようでした(Sはエスなのでサ行など)

 

 

漢字なんかもそうですよね

 

形声文字だと、一方が音で他方が意味を表していますから、知らない漢字でも読めたり意味が分かったりします

(清・精・晴・請、販・版・飯・板など)

 

 

きっかけを与えてあげるだけで、覚えることが楽しくなったり、知識の幅を広げることができたりするのに、もったいないなぁと思います

 

もし、お子さんが暗記で困っているようなことがあれば、上に書いたようなことをアドバイスしてあげるといいかもしれませんね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(4) | trackbacks(0) |
1/385PAGES >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode